しいたけの伊豆高原情報と放浪旅

(伊豆をバイクで回って10年、伊豆高原に住んで19年目に突入、いろんな事がおこりますねえ!)

利尻島訪問から天気は良くなりました(7月12日ー1)

2017年08月03日 | バイク&キャンカー
・                            【雨にけぶっている稚内フェリーターミナルでした】

利尻島が近づくにつれて晴れてきました、車は道の駅横広場に停めて私たちだけが島に渡るのです

(本日早朝の便で利尻島につき、利尻周遊観光後礼文島に渡るのです)


・                            【夏休み前ですので高齢者が多い船内でした】

前日宗谷は洪水注意報が出るくらいの大雨でした、雨が上がっても小雨が漂う不安な中フェリーに乗船でした


・                            【利尻島が近づくに従って青い空が広がって来ました】

鴛泊の港に着くころには利尻富士も姿を見せ始めました、今日は島内を一周するはずで、16個の顔を持つという利尻富士の山容が表れてくるはずです


・                            【船が港に近づくに従って青空が広がって来ました】

青い空が青い海を作るのです、周遊観光に期待しましょう


・                            【周遊定期観光バスが待ち構えておりました】

船便との接続がありますから乗客は急がされます、乗ると人数の確認をして急いで出発です、急な坂道を上ると間もなく姫沼園地に到着です


・                            【一周約800mの木道が整備されていました】

さざ波が立たなければ逆さ利尻富士が見えるはずです、本日雨は上がりましたけれど風が強くて逆さ利尻富士は拝めませんでした


・                            【同じような兄弟島なのに二つ島は全く違ってました】

木がほとんど無い風の礼文島と、風を防いでくれる利尻富士の麓には原生林や沼が広がっていました


・                            【礼文は海底が隆起、利尻は火山の島です】

利尻には過去に噴火した荒らしい溶岩の跡があります、ガイドさんは死火山と言ってましたが、地球の歴史から見ると本当に死火山なんてあるのでしょうか


・                            【大きなオタトマリ沼に出てきました】

ここは1.3kmで周回できますが、前夜の猛烈な雨を警戒して僕は行きませんでしたが、勇気あるママは行ってしまいました

(皆について行ったけれど気が付くと一人になってしまい、ちょっと怖かったそうです)


・                            【中央には白い大きな白鳥かなと思ってました】

白鳥ではありません、ウミネコが休んでいまして海に向かって飛び立っています、小さな集団に見えますが次から次に離陸して上空をかすめています

(彼らの目は鋭く僕が片手を立てようとすれば上空から一瞬にらんで、餌を持っていない事に気が付きます)


・                            【昔から人は水場を好み】

平地に住むようになったのです


・                            【ウミネコは大きいのです】

ウミネコとカモメの違いは足色が黄色とピンクで違うそうですが、どちらがどっちだったか忘れてしまいました





『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ママは車中泊が嫌いです! | トップ | 利尻島2時間では観光できな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL