しいたけの伊豆高原情報と放浪旅

(伊豆をバイクで回って10年、伊豆高原に住んで19年目に突入、いろんな事がおこりますねえ!)

夏ミカンの木をさらに小さくしました

2017年03月28日 | 庭・花壇・建物
・                            【切られた夏ミカンの木を見てママは泣いていました】

酸っぱいけれど比較的甘かった夏みかんは木が大きくなって隣のクヌギと枝が交錯して、山ブドウの弦が木の上に蔓延って枝を枯らすようになりました
そこで幹を伐採して小さくすることにしました、幹の周りから小さな枝が出て実もつけていますから枝から上の幹を伐採しましょう
木が大きくなって栄養分が上に上がらず味もさらに酸っぱく感じますし、20年前に大きく育った実の大きさも比べれば随分小さくなっています

(小さくなった木を見てママは泣いていますが、世代交代は世の常です)

大丈夫だよまた枝から木が再生していくよ!と言いますが本当は自信がありません


・                             【太い幹を伐採してさらに小さくしました】

4本に大きく枝分れしていた幹の根元を切って背の高さより小さくしました、幹は切ったのですが根元から枝が伸びていまして再生を果たす予感がしております

(長野や青森へ行った時、リンゴなど産地の木は随分小さかったです)

夜になると木が小さくなったので隣家の明かりが見えています


・                            【ちょっと切りすぎでしょうか】

いつも夜遅くまで明かりがついています、隣家まで遠かったのですが急に近くに感じますし細い枝ですがもう実をつけています

(多分高い所にあった実より水や栄養が回っていると思います)


・                             【雑草置き場の上に幹は投げました】

幹を伐採すると大量の枝や幹が出ます、雑草置き場に捨てましたが夏ミカンの木は固いので無事土に帰ってくれるか心配です


・                             【葉は茂ってましたが枯れてきました】

切った幹に付いていた枝は膨大な葉っぱも茂っていましたが、一週間で枯れてきました、


『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 城ケ崎海岸駅には足湯があります | トップ | 花壇が盛り上がってきました »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そりゃ泣くでしょうね! (城ケ崎-見習い2号)
2017-03-13 11:01:33
ミカンの樹の形状は、(肉厚のキノコみたいな感じに)地上から1mほど幹が立って、1~2m程度の高さの樹冠を形成するが良いと思います。
 作業がしやすく、風通しが良く・・それと恰好が良い。
 年月をかけて整えてくだされ。
見習い様:女の涙は強力な武器です (しいたけ)
2017-03-13 17:45:59
しばらく収穫は我慢しましょう、木が再生してくればそれなりに収穫があるはずです
収穫までのスパンを考えていない浅知恵だと思います、やがて収穫の喜びがあれば
僕を追求した事なんか忘れているはずです

コメントを投稿

庭・花壇・建物」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL