しいたけの伊豆高原情報と放浪旅

(伊豆をバイクで回って10年、伊豆高原に住んで19年目に突入、いろんな事がおこりますねえ!)

庭のミカンがまたもや枯れてしまいました

2017年05月02日 | 庭・花壇・建物
・                            【2年連続でカミキリにやられています】

悔しいね、またもカミキリにやられました、今年は小鳥を餌付けしまして、鳥もミカンの根元にいる虫などをついばんでいる姿を目撃でしたから
虫は退治できたと思っていました、やはり農薬の散布が必要だったのです、1年目で実を付けた温州ミカンはあきらめてサクランボを植えました

(順調に実を付けていたのに残念で仕方ありません、夏に長期放浪しますから畑はやれません、それで果樹にしたのですが、果樹も植え放しではいけません)

サクランボは2本植えないと実の付き方が悪いそうです


・                            【農薬散布が必要でした】

ここには2本目のサクランボが植わってましたが成長が遅くて心配していましたが、とうとう枯れてしまいました、代わりにブルーべりーを植えましたがどうなるやらです

ミカンの代わりにサクランボ、2本目のサクランボの代わりにブルーベリーとなっています、1本目のサクランボは順調に成長して僕の背丈をはるかに超えております


・                            【桃も花が咲いてはいますが】

白桃は絶対に育てられないと思います、甘い桃なんか育てられる分けないです、花だけを楽しめれば良いのだと思います


・                            【この鉢植えのブルーベリーも風前の灯です】

これも枯れるのは必定だと思います、前に植えていた時、根が以外と浅いので鉢植えでも育つと思っていましたが判断が甘いのです

(実がなって甘くなるのは良いですが判断が甘いのは良くありません)


・                            【柿の木は元気です】

柿の木は元気に若葉を広げています、1年目にして収穫がありました、果樹の木は枯れる直前に子孫を増やすために無理して実を付けると聞きましたが心配です



夏の北海道行きのために予行練習としてマリンタウンで車中泊に挑戦しております、マリンタウンには車中泊の先輩が沢山いて僕の車中泊についてアドバイスしてくれます
サンダルを用意する必要がありました、安物は靴底が減ってくると滑りやすくなるから「1000円以下はダメよ」と細かいアドバイスです
温泉セットの中身で5時からの朝湯に入っていたら歯ブラシが丸くなっていました、これも「歯ブラシなんか1か月ごとに変えなきゃだめ」と念押しです、お酒も紙パックのが
残っていますが製造年月日から1年以上経過しています、リンゴ屋さんからも電話があって南紀を出て現在奥飛騨温泉郷にいて道の駅でイワナのコツ酒が美味しいなどと
羨ましいことを言ってきました、彼は山男ですからコツ酒の旨いのは知っているはずですが、今日のは特に旨いと念押しでわざわざ電話をくれました
今日は車中飲酒を決め込んでますから悔しい思いです

(マリンタウンで旭川ナンバーのキャンパーを見つけました、地域は旭川でなく名寄だそうです、これから下田に向かいますと言ってました、道中気を付けて行ってらっしゃい!)

人口が少ないので稚内まで旭川ナンバーの管轄のようです、そういえばデパートも旭川以北にはなかったような気がします



『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春爛漫さくらが咲いておりました | トップ | 暇ですから近所立ち寄り湯に... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
枯れてしまいましたね (城ケ崎-見習い2号)
2017-04-22 21:21:10
我が家のミカンは、堆肥などをたっぷり入れましたので、ミミズがわいてモグラが穴を開けて土が乾いて枯れました。
穴を潰して水をやっていると復活しました。
お宅のは肥料過多で肥料焼けの感じがします。鶏糞は肥料の濃度が濃いので要注意です。(果樹一本につきドンブリ一杯ぐらいかな)
見習い様:その通りでございます (しいたけ)
2017-04-23 01:19:02
僕のは復活ならずに枯れた木は捨てました、代わりにさくらんぼを植えました
鶏糞はタップリあげました、それで肥料やけを起こしたのですね
カミキリの穴というより根元の表皮がめくれていました、果樹1本に着きどんぶり1杯覚えておきます

(学習能力ゼロなので、繰り返えしています)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL