しいたけの伊豆高原情報と放浪旅

(伊豆をバイクで回って10年、伊豆高原に住んで19年目に突入、いろんな事がおこりますねえ!)

枝幸近郊の歌登にも立派なパーク場がありました

2017年07月19日 | バイク&キャンカー
・                            【カニ祭りの場所を確保できたら】

次はパークなのです、枝幸の近くに三笠山パーク場がありますが遠くにあります歌登のパーク場へ行きましょう

(三笠山は山岳コースが広がっていますが、芝生のコンデションが昨年やった限りでは良くないのです)

これまで道東の素晴らしいコースを回ってきた目ではあまり気乗りがしませんでした


・                            【歌登には綺麗な36ホールコースがありました】

枝幸から20km離れていますが、桧垣公園パーク場も素晴らしい芝生でした


・                            【立派なクラブハウスを挟んで南北に分かれてコースはありました】

地元の人は歌登は人口が減っているけれど地震や津波がない、良い町である事を強調します


・                            【朝の千畳敷キャンプ場の雰囲気です】

無料で開放されております、バイク時代に宗谷岬を巡って訪れた記憶が蘇りました、ここを出て桧垣公園までやって来るキャンカーが何台も来ました


・                            【芝生の管理がされている林間コースです】

フェアウエイとラフでは違った芝か植えてありました、フェアウエイは目の詰まった芝生が敷かれております


・                            【芝刈り機もラフとフェアウエイでは違っていました】

ラフを刈るのは大型機械でやってますし、フェアウエイ専用のはきめ細かく枯れるようになっていまして、ラフとの境目もきちっと刈り取っていました


・                            【必ずパー5のロングコースがあります】

100mのコースがありました、公認のパーク場には100mを超えるコースはありません、コースの中に必ず1か所含まれています


・                            【広い敷地に順番良くホールが配置されています】

敷地が広いのでホール間の移動距離も必然的に長くなります


・                            【ゴルフ場のようにグリーン周りが違う芝ではありません】

でもグリーンの芝生は最も丁寧に刈り取られていました


・                            【ホール間の移動が長いです】

深いラフを踏んで歩くのが体に良いのだと思ってしっかり歩きます、杖ついて歩く人がパークをすると杖なしでシャッキとしてプレイするのが
不思議です


・                            【唯一OBを出して危ないのが歩道側のコースになります】

ここはフェアウエイキープが原則です、慎重にショットを心がけましょう


・                            【スコアは連続して120台をキープしています】

全てが初めてのコースですが、OBが出にくいコースなので北海道のコースは僕向きと言えます
スコアは31-30-29-33の合計123で回れました



50周年記念のカニ祭りポスターです


・                            【今年は八代亜紀さんがやってきます】

猿払のホタテ祭りもそうですが、一流の歌手が来て野外ステージで歌います


・                            【抽選券つきチケットはお買い得です】

カニなど当たり券の確立が高いのです


・                            【空地のように見えますが】

場所取りさんによりひもで区画されてしまいました


・                            【キャンカーは続々集結してきました】

道路が優先で、あらかじめ区画が優先されています、その中でも会場に近く、トイレや洗い場が便利となると駐車スペースは限られます、

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 紋別には72ホールの大きな... | トップ | カニ祭り直前です、会場が設... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
書いてみたら如何でしょう (大室の爺)
2017-07-01 21:28:55
いつも思うのですがキャンピングカーで北海道巡りをされていてブログに載せるだけではもったいない感じがします。「キャンピングカーで北めぐり」などのタイトルで本を出されては如何でしょうか。今まで撮りためた写真を中心にして。
大室の爺様:僕には能力不足です (しいたけ)
2017-07-02 03:32:29
写真もコンパクトカメラしか使えません、文才もありませんのですが
将来動けなくなった時老人ホームでじっくり見ようと思っております

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL