しいたけの伊豆高原情報と放浪旅

(伊豆をバイクで回って10年、伊豆高原に住んで19年目に突入、いろんな事がおこりますねえ!)

今日は一番乗り換えがきつい一日になりました(その1)

2017年07月07日 | 雑感&放浪
・                           【早朝の岩手山が迎えてくれました】

宿のある盛岡の繋温泉はダム湖畔の落ち着いた宿でした、大浴場に入った時は誰もいない露天風呂を独り占めしていたのに朝の食事時間に食堂に入ると一杯の人だかりでした

(どこからこんなに人が湧き出てきたのでしょうか、早朝の朝風呂は捨てがたいが、今日はこの旅の最も強行軍になる日なのです)

短いお風呂でカラスの行水になりました、着替えをして朝食を駆け込みましょう、何しろ7時半には出発集合なのです


・                            【東北、上越、北陸新幹線を乗り継ぎます】

乗り継ぎには10分程度の短い時間がありますからと何回も添乗員さんの指示がありました、盛岡を出て大宮に行き、今度は上越新幹線に乗ってなぜか新潟まで行きます
乗り換えるなら長岡で北陸新幹線だと思うのですが、新潟から在来線で戻るように妙高高原駅まで行くのでした、富山、金沢と経由して加賀温泉駅まで本日の工程です


・                            【盛岡始発の東北新幹線が待っていました】

仙台までは各駅に泊まって行くようですが、仙台からワープしてノンストップで大宮まで行くのです、車窓を楽しむ旅なのですが
トンネルが多くてスピードが速い車窓の景色についていけません、車内から窓越しの景色は皆同じに見えて新幹線に乗ったという事実だけが残っていきます


・                            【東京に近くなるに従って家並みが増えていきます】

大宮まで15分です、そろそろ下車準備に取り掛かります


・                             【大宮では乗り換えのため東北新幹線を見送ります】

スマートなロングノーズの見納めです


・                             【2階建て新幹線のMaxとき号がやってきました】

新潟行のとき号です、現役時代に何度ものった新幹線ですが、近くとき号も引退と聞きました、東北新幹線や北海道新幹線の最新の車両と比べるならば
大きい車体ですが、古さが感じられ一抹の寂しさも感じてきました、僕と同じで老兵は去り行くのです、いつまでも現役にしがみついてはいけません


・                             【とき号の2階から見える景色です】

背が高いので防音壁の上から景色が眺められます、これから高速化が進む新幹線です、重心が高い2階建てでは安心、安全の点から不利な存在です
開業以来50年、新幹線は無事故運行を行ってきましたから引退を決意したようです


・                              【ここでお弁当が配られました】

添乗員さんはお弁当ゴミの回収に大きなビニール袋持ってまわります、ご苦労様です


・                              【新潟駅に着いたMAXとき号の雄姿です】

大きな車体がホームに横付けされると迫力を感じます


・                               【とき号も連結して走るのです】

これまで大きな車両だったのでとき号の連結運転は想像したことがありませんでした



『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新函館北斗駅を出て新青森で... | トップ | 新潟から在来線・新幹線・在... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL