週末青年のBlog

~日々の出来事・旅行・工作・T4キャンプ・料理~

ー団塊の世代の戯言ー

『ベトナムの風に吹かれて』

2017年08月09日 | 日記・エッセイ・コラム

こう暑いと外作業は危険。熱中症で倒れる。

そんな時はツタヤへGo!レンタルDVDで引きこもりが一番。

今回は昨年封切された『ベトナムの風に吹かれて』です。

地元映画館では上映期間が短く見過ごしてしまいました。

 

(ストーリー内容はネット検索して下さい)

なぜこの映画に魅かれたか。

まずベトナム・・・と言う響きに関心が有り、また行きたい国の一つです。

そして認知症を煩う母と一緒に異国で過ごすストーリーです。

内容的も役者さんの顔ぶれを見ても、まさしく団塊世代向けの映画。

(週末青年も該当者です)

ベトナムの景色や下町の生活感が映しだされ、

その中での母のハプニングを現地の人と交流しながらの心を通わせて行く。

これから来る認知症、介護などこんな異国で過ごすのもありかな?

この映画のポスターには、主人公の松坂慶子と母役の草村礼子の2人が、

スクーターに乗って街の中を走っている様な場面が有るが、

実際は無かった事がチョット残念。

このポスター写真は何の為だったでしょう。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『さわやか』・・・ | トップ | ふうせんかずら »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL