美ら海にもやんばるにも基地はいらない市民の会

沖縄県は日本全体の0.6%の面積。そこに在日米軍基地の74%がある。負担軽減の名の下に更に今新基地建設が進められている。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

12月12日・13日 院内集会お知らせ~「山城裁判を知ろう」と「辺野古の工事、いまどうなっている?」

2017-12-11 22:38:14 | 辺野古

--------------------------------------------------
【1】《集会》 山城裁判を知ろう!
~山城博治さんが語る沖縄の現状とこれから~(12/12)

【2】《集会・政府交渉》 辺野古の工事、いまどうなっている?
~北上田毅さん、山城博治さんを迎えて~(12/13)

--------------------------------------------------

【1】山城裁判を知ろう!
12月4日に検察の論告求刑、12月20日に弁護側の最終弁論、3月14日に判決という
日程の中、山城博治さんご本人を東京に迎え、事件に対する思いや決意、日米両
政府が行っている歴史的な差別についてのお話しをおききします。法律的、歴史
的な観点からの発言や、支援する文化人や市民団体からの応援メッセージもいた
だく予定です。無罪判決を東京からも連帯して勝ち取っていく集会にしたいと思
いますので、お誘いあわせの上、多くのみなさまのご参加をお待ちしております。

日時:2017年12月12日(火)17:00~19:00(16:30開場)
※16:30からロビーにて通行証を配布します。
場所:参議院議員会館講堂
報告・リレートーク
・山城博治さん(沖縄平和運動センター議長)
・金高望さん(弁護士)※スカイプなどで発言
・森川恭剛さん(刑法・琉球大学教授)
・落合恵子さん(作家)
・佐高信(作家)
・鎌田慧さん(ルポライター)
・藤本康成さん(平和フォーラム
※ほかにも国会議員のみなさんが発言予定
申込不要
資料代:500円
定員:250名
主催:市民と議員の実行委員会
問い合わせ:福島みずほ事務所
e-mail: mizuho-office@jca.apc.org
TEL: 03-6550-1111 FAX: 03-6551-1111

【2】《集会・政府交渉》辺野古の工事、いまどうなっている?~北上田毅さん、山城博治さんを迎えて(12/13)

沖縄県民の強い反対にもかかわらず強行されている辺野古新基地建設事業。
11月13日、沖縄本島最北端の国頭村奥港から、辺野古への石材海上搬送がはじまりました。
また、防衛局が工事を強行しているすぐ近くでは、環境省の「レッドリスト」に掲載されている絶滅危惧種のオキナワハマサンゴなどが見つかっています。
このたび、北上田毅さん(沖縄平和市民連絡会)、山城博治さん(沖縄平和運動センター)をお迎えし、市民集会と防衛省との交渉を行います。どなたでも参加できます。
ぜひお誘いあわせの上、ご参加ください。
日時  2017年12月13日(水)13:00~14:50 集会
             15:00~16:30 防衛省交渉
※12:30~13:00 ロビーにて通行証配布
会場  参議院議員会館 101 (東京メトロ永田町駅 1番出口すぐ)
内容
1.現在の工事の状況について
2.石材の海上搬送と奥港・本部港の使用について
3.大浦湾の活断層について
4.市民らが告発した違法ダンプトラック問題について
5.海上警備業務の過大積算に関する会計検査院の指摘について
発言  山城博治さん(沖縄平和運動センター)
北上田 毅さん(沖縄平和市民連絡会/抗議船船長)
資料代 500円
主催 美ら海にもやんばるにも基地はいらない市民の会、FoE Japan
申し込み  不要
問い合わせ FoE Japan   Tel:03-6909-5983 E-mail:henokotakaengo@gmail.com

この記事をはてなブックマークに追加

『それってホントに共謀罪?~ホントは怖い「共謀罪」』リーフレット作りました

2017-03-19 22:36:28 | 悪法撃退アクション
『テロ等組織犯罪準備罪』(組織犯罪処罰法改定案)という名で出されている、本当は「共謀罪」の名前を変えたものを安倍政権は通したがっています。
その中身をわかりやすくまとめたリーフを、「戦争しないさせない市民の会」「ピース・ニュース」と一緒に作りました。
以下がその内容です。A3判裏表で片面に下の2ページずつ印刷し、折ってA5サイズにしています。








このリーフは1部30円程度のカンパでおわけできますので、ご希望の方はFAXで、03-5225-7214までご連絡ください



この記事をはてなブックマークに追加

辺野古および高江の現状-住民のお話を聞く会-(3/16)

2017-03-15 00:47:37 | 集会・イベント案内

辺野古および高江の現状-住民のお話を聞く会-(3/16)


さんしんの日、辺野古ゲート前にて


 辺野古・大浦湾では、新基地建設工事が再開され、フロートの設置や巨大コンクリートブロックの投下、海底ボーリング調査などが進められています。連日、キャンプ・シュワブのゲート前では市民による座り込みが、海上ではカヌーと支援船による抗議行動が続けられています。
  高江・安波では、北部訓練場の部分返還後もオスプレイ用ヘリパッドや歩行訓練ルートは完了しておらずせず、現在も工事が継続されています。住民たちは、昼夜とも工事用ゲート前で抗議行動、監視活動を続けています。
  今回、私たち環境団体は、辺野古と高江で抗議行動を続ける県民や住民の方々をお迎えし、現地の状況についてお話しをうかがい、共同声明を発表して、さらに力強く運動を進めていくために、緊急の市民集会を開催します。 皆さまのご参加を心からお願いいたします。



◆日時:2017年3月16日(木)18:30~20:30 (開場18:00)
◆会場:文京区民センター3A(東京都文京区本郷4丁目15−14:都営三田線春日駅上)
◆内容:
・辺野古からの訴え…宮城ちえ さん(辺野古カヌーチーム)
・高江からの訴え… 伊佐育子さん、安次嶺雪音さん(ヘリパッドいらない住民の会)
・環境団体声明
◆参加費:500円
◆主催:辺野古・高江を守ろう!NGOネットワーク
◇構成団体(五十音順):アーユス仏教国際協力ネットワーク/APLA/沖縄環境ネットワーク/沖縄・生物多様性市民ネットワーク/沖縄のための日米市民ネットワーク(JUCON)/環境市民/公共事業改革市民会議/国際環境NGO FoE Japan(エフ・オー・イー・ジャパン)/国際環境NGO グリーンピース・ジャパン/ジュゴン保護キャンペーンセンタ/美ら海にもやんばるにも基地はいらない市民の会/ピース・ニュース/ピースボート/辺野古リレー 辺野古のたたかいを全国へ/ラムサール・ネットワーク日本 
◆申し込み不要 直接会場にお越しください。
◆問い合わせFoE Japan   Tel:03-6909-5983 E-mail:henokotakaengo@gmail.com

この記事をはてなブックマークに追加

2016.12.19.オスプレイ墜落/高江ヘリパッド建設をめぐる政府交渉の防衛省の回答

2016-12-22 18:56:12 | 集会報告
12月19日にオスプレイ墜落/高江ヘリパッド建設をめぐる政府交渉を行いました。
当初この防衛省との交渉を設定したときは、高江のヘリパッド工事に関してと辺野古の新基地建設に関しての話で調整したいたところ、13日にオスプレイが名護市安部の海岸近くに墜落。もう一機も普天間飛行場で胴体着陸するという事故がありました。そこで、この件についても急きょ盛り込むことになったため、質問の数も多くなりました。
しかし、事前に防衛省には質問通告をしていたにもかかわらず、どの質問についても、およそまともな回答が返ってこず、何度聞きなおしても、担当者は全く回答を変えず『繰り返しになりますが』を連発。わざと質問を曲解もしくは、完全に無視しているようにしか聞こえない回答でした。(当日の回答に関して、筆者はどの回答も酷いものと思いましたが、とくにびっくりしたというかあきれたのが、「4.別のオスプレイ1機が13日夜、普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)で胴体着陸をしている。今回の名護市での墜落事故、そして普天間での胴体着陸について、それぞれ何時何分に生じた事故であり、防衛省は何日何時何分に、米軍から連絡を受けたのか」という質問に対する回答でした。事前に通告しているにもかかわらず、「今手元に資料がないのでわからない」とこの墜落事故を一元的に扱っている担当官僚が答えたのです。いくらなんでもここまで人をなめた話はないと思いました、国会議員も沖縄からわざわざ上京してきている市民も同席しているのにもかかわらず、です)
結局いくつかの質問(当日追加で出された関連質問についても)に関しては文書での回答を求め、翌日には出してもらうように要請しました。
本日その回答が、19日の交渉の設定をして下さった福島みずほ参議院議員の事務所を通じて、届きました。
以下をご覧ください。








この記事をはてなブックマークに追加

12・19 オスプレイ墜落/高江をめぐる政府交渉にて抗議文を提出

2016-12-20 08:35:02 | 高江
12月19日に高江のオスプレイの離着陸帯建設工事と12月13日に起きたオスプレイ墜落事故に関する防衛省との交渉を行いました。もともと工事に関する交渉を行うことにしていたところ、墜落事故が起きたことから急きょこの件も盛り込んだ交渉となりました。交渉に先立ち、下の抗議文を提出しました。


交渉に関しては、事前に質問を通告しているにもかかわらず、ほとんど回答を用意してきていないに等しいものでした。

この記事をはてなブックマークに追加