SAVE POLAROID JAPAN
世界中の皆様のお陰さまをもちまして、新しいフィルムが発売!ご賛同に深く御礼申し上げます。
 



コメントをいただいておりますが、公開に至れる物と至れない物があり、こちらにて改めてさせていただきます。
コメントをいただいた方の後の動向に影響が出ると思われるご質問もありましたので、ご了承下さい。

常々申し上げて来ましたように私どもは、情報を入手した時点で、その情報発信源様より、公表して良い、悪いの確認を取っております。
その時点で、「未だ公表すべきでない」と釘を刺された事案については、公表せず秘密を守ってまいりました。
お互いの信頼関係を築いてきた結果によって、何処よりも確かな情報を何処よりも早く提供出来てきたと自負致しております。

ここが1番重要ですが「秘密が漏れた」とここまで来ているお話が立ち消えになった時、誰が責任をとれるのでしょうか。
「急いては事を仕損ずる」と言う言葉もございます。

皆様の署名が掛かっているので、私どもは春より待ち続けているわけです。

この活動の相手先も当初から変わりはございませんし、正しいかどうかも現時点では判断出来かねますが、我々は決して的はずれな行動を取っていないということを信じて疑っておりません。

我々は『今が詰め時ではない』と考えております。
このままの姿勢できちんと周りの状況を聞き、世界と歩調を合わせながら進む所存です。
だいじな皆様の心の叫びとも言える署名ですから、私どもの手で無駄にしたくはないのです。

ここに来て、喜ばしいニュースも聞けるようになりました。
このニュースは署名していただいている皆様の功績であると常々、思っております。
署名なくしてこの結果はないのです。
先日ひでゆきさんが投稿してくださいました記事にあわせ
「望まれないフィルムの存続はない」のです。

SPJスタッフ一同、みなさまに改めて心から御礼申し上げさせていただきます。
どうもありがとうございます。

アーティステックTZフィルムについては、私どもの話はオランダ工場従業員の方からお聞きした生の声です。
机の上の声ではございません。

ピールアパートの供給再開に関しては、「来春以降の続行は無い」とは申し上げておりません。
メキシコ工場の確認は、米国ポラロイド社に直に聞き、返答をいただいたものです。

A-Power様の記事ですが記載には許可を得ております。
ポラロイドに関するお話ですし、また力強いお言葉もいただいております。

私どもSPJは非力な団体です。署名のご協力や、イベントの告知等をお願いする事はできましても、よそ様の記事に圧力などを掛ける力はございませんし、差し止める事ももちろん出来かねます。
まことに申し訳ございません。

存続の可能性がある限り、自分達の位置を見失うことなく進みますのでこれからもよろしくお願い致します。

写真展の方は準備が着々と整ってきています。
バルボア様のレポート、フレーム完成品発表等と合わせて順次発表させていただきます。 

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




サイト上でご質問があったので、こちらで回答させていただきます。

まずログに関してですが、サイトのログは1週間単位で残ってますが、個別のページのログは取ってないです。

「IPを抜かれてる」との在らぬ誤解を受けないためです。
 また、上記に記ましたサイトログの件ですが、レンタルサーバーに標準で装備されている機能であり、積極的に設置していないことを併せて報告させていただきます。

海外の電子署名のセキュリティーに関してですが、確かに悪意があれば名前とIPの特定は出来てしまいます。
それを危機とみなすかどうかは個人によって違うと思います。
署名はあくまでも個人の任意です。
フィルムを残したいからとご参加されている方々の強い意思です。
短い期間でみなさん、必死なのです。私共もその必死さは同じです。
それが伝わるので賛同し、ブックマークに載せさせていただいてます。
決して悪意を元に作られた電子署名ではありません。
電子署名を始められた方々は、ポラロイドユーザーの方々です。

状況によっては、家を出られない方もいらっしゃるでしょう。
ネット上でしかサインできない方々、自国に活動の無い方々等、参加される形は多い方がいいと思います。
いづれの活動も順調であろうとなかろうと、スタート時から状況は「生産終了」という一方的アナウンスの苦境の元にあることなのです。

厳しい現実ですが、事実上、オランダ工場はあと数週間で閉鎖されます。すでに同工場は出荷用フィルムストック棚だけではなく、薬品室までガラガラです。

                  

              倉庫                           

  薬品室

長年、フィルム製作に携わってこられた従業員の方々の退職も間近です。

また当サイトは署名を強制している訳ではございません。
電子署名が怖いとお感じになられるなら、ご自身で納得のいかれる形で活動されるのがよろしいかと存じます。

ご質問ありがとうございました。 SPJスタッフ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )