さうぽんの拳闘見物日記

ボクシング生観戦、テレビ観戦、ビデオ鑑賞
その他つれづれなる(そんなたいそうなもんかえ)
拳闘見聞の日々。

降臨式決定/決定が遅い/またも見られず/敵地で勝利/決定戦にも意義はあるが

2016-03-22 21:44:59 | 井上尚弥


さて、あれこれ気になる話題もあって、観戦も増えてくる今日この頃です。
話題あれこれ、雑感です。しかし柴田明雄が負けたのにはびっくりしました...。


===============================================


ということで井上尚弥さまの「降臨式」が決定。相手は既報の通りダビ・カルモナ。
5月8日、有明コロシアム。連休最後を締め括るイベントですね。これは会場に行きます。
どういう試合になるかについてはちょこちょこ思うところを書いた記憶がありますので、省きます。

挑戦者の方の意気込みはこのように、記事になっていますね。健闘を祈ります。
ただ、「私がランキング1位の指名挑戦者であることを知らしめる。」ってのはどうなんですかねえ。
それをパレナス戦で知らしめられなかったのは君でしょう、という感じですが...。

八重樫東はエリク・モラレス傘下の、前王者ハビエル・メンドサの同門、マルティン・テクアペトラと対戦。
初防衛から大きな試合ということには、やっぱりなりませんでしたね。仕方ないことでしょうが。
とはいえ、何もかも上手く回ったメンドサ戦のように行くとは限らず、前回八重樫の闘いぶりを
それこそつぶさに見た陣営が相手コーナーにいる試合です。油断は禁物ですね。


===============================================


結局は国内に決まった内山高志の次戦。暫定王者ヘスレエル・コラレスと。
まあこの話も、以前からあれこれとありましたので、改めて何かを言うこともないかと。
けっして弱い相手じゃないでしょうから、内山高志には、腐ること無く万全に仕上げてきてほしい、
それに尽きます。

それに続いて、改めて気になるのは、河野公平、田口良一、両王者の相手が
まだ決まらないのかということですね。
事情はさまざまにありましょうが、正直、あまり良い感じはしませんね。
言うてる間にもう、試合ひと月前になろうかというのに...
この流れだと、強豪挑戦者が選ばれることはまず無いでしょうし。
そもそも、「世界」戦って、そんな軽いものですかね?

このジムの興行面についての話は、考えれば考えるほど、こちらの気が滅入ります。
なんだかもう、我々の内輪の論理に異議ある者は、ボクシング見んでええで、と言われているような気さえしますね。


==============================================


日曜日は関西で、姫路と同日に、大阪の五月山というところで、丸田陽七太のデビュー二戦目がありました。
初回KO勝ちで、ラウンドガールさんの出番なし、とのこと。

まあ、勝負が速いのは良いことです。変に手控えてどうの、なんていうのは、
相手どう以前に、ためにはなりません。
丸田陽七太の試合は、次回こそなんとか観戦してみたいものです。


しかし関西における興行日程の重複だけは、本当にどうにかならんのですかね。
協会でちゃんと話し合ってもらいたいです。
来月半ばには、また狂気としか言いようのない日程が組まれているようですし。


==============================================


川島翔平、韓国で判定勝ち、無敗を守る
この選手は非常に筋が良く、綺麗なスタイルのボクサーファイターです。
KOは少ないですが、パンチ力もないわけではない、日本ランカーとしては申し分の無いレベルの選手でしょう。

これから上を目指すにあたり、敵地での試合経験は大きなプラスだと思います。
これが30年前なら、そういう話に収まらず「快挙」と言え、「箔が付く」レベルの話だったわけですが。
まあ、それはあくまで、相手方の事情ですけど...。


==============================================


和氣慎吾の世界戦は、この流れだと「やはり」空位決定戦になりそうですね。

まあ、世界のトップ同士が覇を競う「リーグ」に参戦している選手たちが、
「部外者」の存在を優先的に考慮するわけもない。それが現実なのでしょう。
残念ですが、仕方ないことです。

もし「挑戦」が決まればよしですが、決定戦になったらなったで、和氣慎吾には、
真に世界のトップ戦線に参戦するための足がかりとしてのタイトルを、まずは手にしてもらいたいです。
そういう意味づけから遠ざかろうとするための戴冠劇は、ファンとして、素直に支持は出来ません。


しかしIBFでは、2位決定戦なるものが開催されるそうですね。
私はランキング表を眺めて、極めて無邪気に「決定戦ならアルバート・パガラなのかなー」
「これはこれで楽しみやなー」なんて思ってたんですが。

ホント、我ながら馬鹿丸出しですね。いい加減、少しは賢くなれという話です。
でも、こちらの賢しらな予測を超える何事かを見せてくれる選手が、まったくいないわけではなく、
そんな選手達への敬意が、自分の気持ちをボクシングに繋ぎ止めてくれているのも、事実です。

和氣慎吾の今後を、自分がいかなる気持ちで見ることになるのか。
すぐに結論を出すには早い、と今のところは思っておくとしますが。はてさて、どうなりますやら。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 復帰三戦目も充実の勝利 大... | トップ | 奥本貴之、健闘も届かず I... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (武衛)
2016-03-23 18:42:31
井上は今度こそ中盤まで試合したいようですが、カルモナの肉体がそれまで保ってくれる保証はないですからね。唯一負けるとしたら、パレナスの剛腕に対して取り立てて危険なセールスポイントのない相手に変わる事での気持ちの緩みだけでしょう。八重樫の相手は、戦績は冴えないもののブランケット、メリンド、アルグメドといった面々と拳を交えているようですね。言われているほど軽い相手ではないかも知れませんが。いずれにせよ毎回毎回あんな戦いやっていたら消耗が激しいですから、突き放せるならしっかり突き放して勝ちきる事を望みます。

内山については、次どうなるかについて脳みそを使いたくもありません。時間と労力と脳の寿命の無駄ですから。世界への雄飛の夢は井上に託す事にします。田口・河野は今までの例を考えればまず中南米で、相手自体はほぼ決まっているが条件が折り合わないんでしょうね。どうであれ、いずれも強い相手が指名挑戦者として控えているのだから、勇躍『統一戦』と言えるような戦いは期待します。この興行について一つだけ言いたい事のは、きょうびTBSだって井岡に強い相手と戦えと圧力掛けていると言われているのに、随分のんびりと余裕があるんですね、という事です。

IBFのランカー、上位は無敗ばかり並ぶ綺羅星のごとき面子揃いで、まさに『世界ランカー』の名に相応しい不気味で強そうな相手ばかりなんですよね。で、多分勝ち上がるであろうグスマンも、派手さはないが堅実な実力者。論外レベルのリゴンドーや明らかに格上なフランプトンには及ばないにしても、決して楽観視出来る相手ではないでしょうね。今のSバンタム・フェザーは強豪揃いですから、このくらいの相手に勝てないならばノーチャンスでしょう。
Unknown (武衛)
2016-03-23 20:09:14
追記。

田口と河野、予想の斜め上のような対戦相手になりましたね。まさか本当にランダエタがもう一度タイトルに絡むとは……一応、最近日本で活動を再開したという話は知っていましたが、もう過去の人という感じなんですがね……今回の興行はもう徹底して易きに流れるという具合で、なんともはや。これ『固定客』以外の客入るんですかね。冗談抜きで、渡辺会長に対して罵声を浴びせる為にチケット買って現地に赴く人が居るのではと。正直、資力と時間の都合がつく身分なら私自身がそうしたいくらいです。
Unknown (R35ファン)
2016-03-24 01:21:41
井上様や八重樫さんの試合以外は世界戦とは思えない試合ですね。正直ワタナベ会長の世界戦安売りセールには呆れます。ランダエタとか弱いタイ人って安く世界ランクゲットするための試合でも許せないのに、防衛戦でこれはないです。この人が東日本の会長、しかものっけから亀田の話題に触れたので怖いです。

わけ君の世界戦については、イギリス勢はともかく、何でこうなったのか分かりません。安い王者で誰が喜ぶのか知りませんがこんなことするくらいなら岩佐君と日本人対決の方がよほどましです。


コメントありがとうございます。 (さうぽん)
2016-03-24 18:11:44
>武衛さん

井上尚弥は確かに、気の緩みがあるとしたらそれ「だけ」が心配でしょうか。でもそれが露呈する前にバンバン、とやってしまうのだろう、とは思います。カルモナが足使うタイプなので、多少ラウンドの数を重ねるかもしれませんが。八重樫の相手は未知数ですが、相手が弱い時、意外に手こずった試合が過去にありましたから、悪い回りにならないよう注意ですね。

ランダエタと、先月までノーランクのタイ人とは、また凄い人選になったものです。予想というか悪い想像のさらに下を行く感じです。ペタルコリンとコンセプションが「根負け」して、他へ行くのをひたすら待つ作戦なんでしょうか。世界各地でも似たような「世界戦」が普通に行われていますが、易きに流れるこれらの「ローカル・リーグ」興行と同様のものに過ぎないのでしょうね。

仰るとおり「2位決定戦」の人も含め、戦績見たら凄いですね。この辺まではTBSでもコントロールできないのか(笑)、或いは亀田の時とは予算規模が違うのかと。勝負としては良いことですけどね。ただ、4団体認可してまで決定戦狙いというのは、やはり日本の業界には限界がありますね。オールKOの人が来るなら、山中vsエスキベルくらいの気持ちで、充分楽しみに見られるとは思いますが。


>R35ファンさん

「世界戦」という言葉の意味をどう捉えているかについて、我々の感覚とはかけ離れたところにおられるようですね、この会長さんは。複数の王者を抱えるジム会長さんとしては、歴代屈指のすっぽ抜けでしょう、この人。任に無い、という感じです。

亀田の話題に関しては、見えてこない部分が多いので何ともですが、もしあの巨額賠償が認められれば、それこそJBCが無くなってしまう可能性だってあるわけです。万一そうなったら大変ですね。私はJBCみたいな出鱈目集団、一度解体してしまえと思っていたりもしますが、もしそうなったらキックみたいに国内タイトルが複数存在するような、不細工な事態が起こりかねません(まあ今だって、人事異動、申し送り、みたいな事例が多々ありますが)。それはそれで困ります。渡辺会長が協会長になった背景には、対亀田対策として、強硬な対応だけでは難しいという業界全体の判断があった故なのかも、という想像をしています。実際どうかは決着がついてみないとわかりませんが、すっきりしない話ではありますね。

和氣の世界戦が決定戦になった場合、それでもけっこう強いのが来る可能性はあります。もちろん本来、挑戦であってほしいですが。ただ、以前TBSでいくつかあった、桁外れのスカ狙いとは少し違うでしょうね。TBSも和氣に関してそこまで「手を回す」構えではないのかな、と思ったりもしますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL