さうぽんの拳闘見物日記

ボクシング生観戦、テレビ観戦、ビデオ鑑賞
その他つれづれなる(そんなたいそうなもんかえ)
拳闘見聞の日々。

確かにアンフェア、されど自身も不調 大森将平、前王者に返り討ち喫す

2017-04-23 23:03:09 | 関西ボクシング


今日は名古屋遠征、刈谷にて観戦しまして、府立には行きませんでした。
心の片隅には、ハシゴかけたろか、という気持ちもなくはなかったのですが、
前日にマーロン・タパレス計量失格、王座剥奪の報を知り、その気持ちは萎えてしまいました。

ということで帰宅後、録画を見終えましたが、当然、色んな意味で苦い感想です。


計量失格した王者の試合は、世界でも、日本でも、色々と過去にありました。
アランブレット、ワンディー、ノーウッド、パーラなどなど、思いつくだけでもこれだけ。
古くは名王者チャチャイ・チオノイも。

この中で、計量失格後、試合当日に何ポンドまで、という縛りをかけて
行われたのは、知る限りではパーラと坂田健史の三戦目だけではないでしょうか。
海外ではリカルド・ロペスとロセンド・アルバレスの再戦で、アルバレスが失格し、
当日115ポンドまで、という縛りの元、試合が挙行されたと覚えています。

計量で体重が合わない選手同士を、グローブハンデもなく闘わせる。
しかも、失格した方が、試合当日まで好きなように食事をし、体力を削らずにいる状態で。
どう見ても、釣り合いが取れない話です。正しく暴挙だと思います。

いい加減、世界的なルール整備が必要だ、と、もう10年以上前に書いた記憶が
おぼろげにあったりしますが、ホントに何も変わっていないことには、溜息しか出ません。


そして、大森将平は雪辱を期す一戦を、その条件で闘わざるを得ませんでした。

試合全般を通じて、大森のパンチがまともに入っても、タパレスの耐久力がまさり、
ダメージあったと見えても、回復が早いのに対し、大森は打たれるごとに弱り、
確実に削られていきました。

単純に「アンフェア」と言いたくもなろうというものです。
ただでさえパンチの威力に秀でた相手、しかも一度敗れた相手です。

しかし、同時に、試合開始早々から、あまりにも良いときの大森将平とは違う、
動きが硬く、縮こまっていて、パンチも伸びない。これはどうしたことか、と見えもしました。

序盤は丁寧に外すこと優先、だったのだと思います。
それは良いのですが、リーチを生かして突き放すストレートが伸びず、
タパレスのリターンパンチが届く位置取りで、ガード自体は心がけていたものの、
やはり打たれる頻度が高く、5回の好機も反撃されて逃し、7回は効果自体が乏しく。

10回のダウンで、陣営がタオルを入れない、異常な判断に驚かされたのち、次で試合は終わりました。

もちろん、条件が違う試合だったことは前提です。
しかし、大森将平の闘いぶり自体にも、早々から不調の影が色濃く見えたのも確かでした。

大森将平の今後はどういうものになるのでしょう。
不運、悲運であったことだけではなく、彼自身の現状にも、厳しいものが見えた、
二重の意味で苦く、重い試合となってしまいました。残念です。


========================================


井岡一翔vsノックノイについては、実力的には確実に差がありましたが、
いつも選んでいるような相手とは、ちょっと「寸法」が違ったかな、という印象でした。

いつもは、井岡が相手の距離の僅か外に立ち、そこから相手を前で捌く、という流れが作れる、
そういう距離の選手を厳選しているな、という印象で、その寸法に収まるならば、
ファン・カルロス・レベコ級の相手まではOK、という基準なのでしょう。

しかし、今回の相手、腕の長さ自体はともかく、肩幅が想定より広かったかな、と。
丁寧に城攻めをする井岡に対し、勝ちには届かない程度の反撃が出来たのは、
その辺に、若干読み違いのようなものがあったからかな、と見えました。
もちろん攻撃力には不足あれど、細かい巧さや粘りがあった、ノックノイの健闘でもありましたが。


しかし、両者の攻防自体もそうですが、単に「絵」として、世界どうこうという
試合には見えませんでした。困ったことではありますが。

ノックノイは、普段よく見る「噛ませさん」的な、風呂上がりのおじさん風ルックスが
なかなか味わい深かったですね。
あれで61連勝、12年間無敗、無冠の帝王...以前も少し書きましたが、
往年のマービン・ハグラーも下駄履いて逃げ出すような触れ込みと相まって、
なんとなく愛着がわいてくる選手でありました(笑)



ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロングの左伸び、インファイ... | トップ | 歴戦の王者を圧倒 坂晃典、... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Neo)
2017-04-23 23:50:03
大森−タパレスは、ウェイト面のアンフェアをオフィシャル(WBO)が咎めない以上、陣営がしっかりして欲しかったですね。タパレスは田舎のおじさん風の風貌ながらも、再計量で届かないと見切った後、コンディションを優先してきたあたりはなかなか食えない部分が顔を見せましたね。
大森は、彼の癖か分かりませんが、間合いで居着いてそこを叩かれる構図自体は前回と一緒でしたね。出頭を打ちたいんでしょうけど、前回も打てず、今回も打てる見込みは低いでしょうに、タパレスの間合いに付き合い居着いてしまった。なるほど、フェイントに引っかかるわけですね。今回は連打の一つにカウンターを合わせる策が序盤時々当たっていて、その後の腹打ちなどは良い点でしたが、相手の技が尽きたところの後打ちもなかなか出来ず、相手の下がるところに追い打ちも機能せず、時に左アッパーをもろに食わされ…序盤は勝つチャンスがありましたが掴めませんでしたね。間合いに入ってすぐリードをしっかり打つ、コレが出来ないとこのレベルでは誰が相手でもツラいかも知れませんね。
甥御さんは間合いですぐジャブ、コレはかなりのレベルではありますね。それ以外は対戦相手のインパクトが。頭部が薄くて緩めの体つきながら、案外動きが良く、そこそこ強かったですね、親しみを込めて試合中ノック師匠と呼んでしまいました笑
Unknown (hiro)
2017-04-24 10:17:35
色々な意味でう~んと、満足度が低いTV観戦でした(汗)。長谷川穂積さんの解説だけに切れを感じるとゆーのもどうかと(苦笑)。

大森選手、前回のタパレス戦からの再起戦の時もでしたが、心理的な動揺がボクシングに浮かび上がるタイプでしょうか。13kg(!)という減量の影響もありそうでした。

ノックノイは「フライ級伝説の王者 ポンサクレックに勝ったソニーボーイ・ハロに勝ったポンサワン・ポー・プラムックに勝ったレイ・ロレト」に勝利している、ポンサクレックより数段上の実力者です!なんて煽ってくれれば宜しいのにとかちょっと思ってしまったワタシ(ああ、物が飛んでくる)。
Unknown (失吹丈)
2017-04-24 19:26:41
4R終了後のインターバルの時に既に大森が口を開けて呼吸してたので、ああ、これは長くなるとまずいな、と思ってましたが、ひょっとしたら、あの時既に顎に異常をきたしてたかも知れないですね。目に見えてガクんと落ちたのは7R頃からでしたが、両者共コンディションは悪かったなと。そんな状況で誤魔化しの利くタパレスが一枚上手だったと思います。
以前から気になっていた、大森がチャンスの時に動きを止めてしまう悪い部分をことごとく叩かれていましたね。想像するに、彼はいわゆる「ビビり」なんじゃないかと思うのですが。それが事実かどうかは分かりませんが、肝心のところで硬くなるのは、場数をこなすしかないと思うのですが、今後そういう機会があるかはいかにも険しくなったなという印象です。
同じ京都人として、京都のジムから京都出身の世界チャンピオンが出ることをファンとしても夢見てましたが、そこは寺地親子にまかせて、大森が今後世界を目指してボクシングを続けるのなら、ジム移籍はした方が良いですね。
Unknown (海藻類)
2017-04-24 19:44:11
大森選手 非常に残念な結果になってしまいましたね。
今思うと5Rのボディで攻めきれなかったのが痛かったなぁと思ってしまいます。
顎の異常も勿論あったのでしょうが全体的に手数も少な目で攻めるべき時に十分に攻めきれなかったのはやはり前回のKOが頭にあったのでしょうか。
そういう意味では目の前のタパレスより前回のタパレスの幻影と戦っていたのかもしれませんね。
減量苦もあったそうですから階級変更も考えているのかもしれませんがどちらを選ぶにしても茨の道になってしまうかもしれませんね。
井岡選手のほうはノックノイの「KOされなかったから実質勝ち」といった強がりもある意味では正しいのかなと思ってしまいます。
井岡選手以上に過保護なチャンピオンであるゾウシミンとの統一戦が実現するかは正直疑問ですし実現したところでアムナットに敗れた選手同士の統一戦は何だかなぁ思ってしまいます。
至るところであれこれ言われていますが実力そのものは皆が認めるところなので自分の力を限界まで試せる相手とやってほしいですね。
個人的には田中選手はやりたいと公言していますし面白い試合になりそうなので見てみたいのですが…笑
コメントありがとうございます。 (さうぽん)
2017-04-24 20:09:25
>Neoさん

あの条件で試合せざるを得ない時点で、どうかと思いますが、陣営の交渉にも限界があるのでしょうね。契約の時点で、すべからくこのような場合について制限する条項があれば別でしょうが。その辺のルールが何も無いのは、理解に苦しみます。ボールを人のおらんとこに投げたり蹴ったり打ったりして競う「スポーツ」とは根本的に違うんですからね。
今回の大森の闘い方は、好不調以前に、色々考えてはいたものではあったのでしょうが、以前の良いときに比べて下肢が硬く、動きに乏しい以上、タパレスの狙い撃ちをガードするにも限界があり、苦しかったですね。好打もありましたがタパレスが耐え、回復も早く、大森のパンチ自体も切れなかったかなと。階級を上げて身体を作り直した方がいいのかもしれません。
ノック師匠は、なかなかに愛らしい感じではありました。井岡がどうにも愛せない存在になってしまっているので、しまいには応援したくなったりも。けっこう好打もありましたね。判定の数字がそれを物語ってもいました。

>hiroさん

長谷川もそのうち、放送業界の壁にぶち当たるときが来るのかもしれませんが、今は切れ味出せてますね。
大森にとってタパレスは、小柄なのにリーチとパンチ力があり、思うように突き放せない、難しい相手ではありますね。心理的なことはわかりませんが、思うに任せぬ相手、試合展開というものは、ボクサーを心身ともに苦しめるものでしょう。それを持って、あのボクサーは精神的にどう、と軽々に言うべきではないと思っています。
ノックさんは見た目よりはずっと強かったですね。三段論法どころじゃないですね、それは(笑)

>矢吹丈さん

共に好打するシーンがあった後の反応や回復が、明らかに違ったように見えました。タパレスは回復し、大森は額面どおりに弱っていくという風に。アゴの骨折があったと聞いて、さらに暗い気持ちになっていますが、何しろダメージは確かに見えて、中盤以降はもう、気合いがどうのとか、頑張れとか言う段階を明らかに通り越していて、見ていて辛かったですね。両者ともに良い状態ではなかったですが、計量の問題が明らかに両者の明暗を分けていました。
良いときの大森は、下肢からリズムを刻んで、身体を振りながら打っていき、突き放してさらに攻める型で闘えますが、それが出来ない相手がタパレスだったということでしょう。上記のとおり、それを精神面の何事かに結びつけるのは、傍目のファンとしては範囲外かな、というのが私の意見です。もっとも、どんな相手との試合でも共通して「弱気」に見える、というような例なら、そういうことを語る場合もありましょうね。
大森の今後については、階級を変えたり、指導体制の見直しなどは必要か、と漠然と思いはします。ジムの話については、何も知らないので、何とも言いようがないですが。

Unknown (R35ファン)
2017-04-24 20:16:42
こんばんは。大森君の試合については厳しい評価がなされてますね。大森君は本来もっとパンチは長く伸びるし、左ボディも鋭く刺さるイメージでしたが昨日はぎこちなかったですね。増量した相手にびびったのか、腰引けてたし、身体に力ない感じでした。バンタム級は厳しいのかもしれないのでしばらく休んで今後の階級も含めてじっくり考えてもらいたいです。
タバレスは計量失敗した時に申し訳ないと言って涙流したと聞きましたがあれは嘘泣きだった訳ですね。試合後に2階級制覇狙うとよく平気で言えたもんです。こんな不届きものが平気で許される現状をいい加減変えないとこのスポーツの根幹に関わります。
さてもうひと試合、あの煽り映像収録時、井岡本人は言ってて恥ずかしくなかったんですかね。彼もタバレス同様、悪い意味でふてぶてしくなったなと。もっとも相手の紹介の時香川さんが「12年間無敗と言う事はその間世界戦は一度もない訳ですからね〜。」とか、長谷川さんが「この挑戦者には何も怖い所はないですね。」とか、TBSのスタッフが思わず「うわあー」と言いそうな言葉がちらほらと。こんな試合ばかりで自分の時代築くと言う井岡はある意味唯一無二ですね。(笑)
コメントありがとうございます。 (さうぽん)
2017-04-24 20:20:14
>海藻類さん

好機は確かにあったんですが、もうひとつ威力が足らず、相手の回復力もありましたね。序盤は抑え気味闘うプランだったかもしれませんが、中盤以降はあれで一杯だったんでしょう。負けた相手と闘う精神的な負担も確かに感じましたが。今後はいったん、根本からあらゆる面を見直し、仕切り直すことになるでしょうね。
井岡については、試合の度に、その前後の時期、あれやこれやと話題を撒き散らしますが、これこそ精神的な面について、理解に苦しむところです(笑)たぶん記事を書く記者さんたちも、腹ん中で呆れたり嗤ったりしているんじゃないですかね。まあ、ゾウシミンとはやらないでしょうし、ドニー・ニエテスも目に見えて衰えたりしたら、その頃にはやるかもしれませんが。田中恒成はTV局の垣根は無いですから、将来的にはやれば良いと、同感ですけど...ねえ(笑)

コメントありがとうございます。 (さうぽん)
2017-04-24 20:31:04
>R35ファンさん

大森の試合は、良いときを見ているので、タパレスとの二試合だけでは語りきれない部分があるんですけど、そうでない見方は、当然厳しくなるでしょうね。相手のそもそもの実力と、計量失格後に温存され、回復された体力、二重の脅威に苦しめられた試合ではありましたが。
タパレスにせよ誰にせよ、口で何を言おうと、闘いそのものは非情なものです。公平性を確保するルールの不備こそが問題ですね。
メインについては実況解説をあまり真剣に聞かず、名古屋から帰宅した直後、色々片付けながら眺めていた感じでした。すみません。まあいつもの感じだったんですかね、煽りについては。香川さんは井上ーナルバエス戦での「戦犯」ぶりが未だに腹立たしいですが(笑)、まあきちんと「評」することが出来るなら、貴重な存在ではあるのでしょう。
井岡のワンアンドオンリーとかいう言葉については、笑わすつもりなら大したセンスだと思います。そうでないなら、もはやフロイト的心理分析の対象、という域です。実際、本当に理解出来ませんね。彼の心の内で、その言葉と実際とが、どういう形で折り合っているのだろうか、と。

Unknown (のぶ)
2017-04-24 22:51:59
大森会長が「王者の自覚がない人間に2度も負けて情けない。」とコメントしていたのがとても悲しいです。
言うべきことではないでしょう。
Unknown (月庵)
2017-04-25 00:06:36
大森の試合、率直に言って「ああ、やっぱりな……」というのが本当の所でした。期待度で言えば久保よりは上、という程度であれ、健闘を祈ってはいたのですが、結局の所は潜って来た修羅場、キャリアの濃淡の差が露骨に現れてしまいましたね。両者の対戦相手を見れば一目瞭然です。負けてから言うな、と叱責を受ける事承知であえて言わせて貰えば、大森はせめてマーク・ジョン・ヤップと拳を交えて明確に勝利してから世界路線に復帰すべきだったと思います。

それに、日本人相手なら強力な武器になり得た『魔の左』なる代物も、本物の世界トップコンテンダー相手には倒し切れるほどの鋭い牙ではなかったように思います。確かに増量による耐久力増強効果もありはしたでしょうが、今まで彼が戦った相手との根本的な耐久力の違いも確実にあったかと。それが日本・東洋と世界の厳然たる差であり、しかもタパレスは恐らくバンタム級王者の中では格下。昨日の試合見る限り、彼や大森が指名挑戦者になる筈だった現王者ゾラニ・テテに勝てるビジョンは浮かんで来ません。さりとて階級上げてもバンタム以上に強豪揃いのSバンタム、フェザーでは……。

いずれにせよ、彼は一度日本を離れ、アメリカなりフィリピンなりに月単位で長期の出稽古に出向いて揉まれ、心身を鍛え直した方がいいと思います。正直、井上だってこの二ヶ国で強豪相手に揉まれて欲しい、現フェザー級最強のゲイリー・ラッセルあたりとスパーして欲しいと思っているくらいです。まして彼より遥かに格下の若手なら尚更そのぐらいやって欲しい。これが30歳とかだと上積みは厳しいですが、まだ若いのだから、真の意味で生まれ変わるいい転機だと開き直るしかない。

井岡については、長谷川のコメントが全てですね。生ぬるい相手とばかり戦ったのでは、それに慣らされて本当の意味での勝負勘、切れが鈍ってしまう。ノックノイを倒せなかったのも、彼が粘った事以上に井岡のそうした目に見えない劣化があったからではないでしょうか? 彼の現在のボクシングは、特筆すべき身体能力や才能を持たない人間が現実的に望み得る中では相当レベルに完成度の高いボクシングである事は疑いないですが、それを用いるのが安牌相手の約束された防衛戦なのでは、折角作り上げたボクシングも過小評価され続け、正しく評価されぬまま錆びついて終わってしまうのは目に見えています。空虚なスローガンを掲げるより先にこびりついて久しいレッテルを剥がす努力をすべきです。どうして彼は、無駄に敵を作るような大言壮語ばかり吐くんでしょうかね。それがなければもっと真っ当な評価になっているように思うのですが。
コメントありがとうございます。 (さうぽん)
2017-04-25 05:53:05
>のぶさん

うーん、まあ、前後の文脈や、ニュアンスがどうだったのかわからないですから...悪く取れば取れる発言ではありますね。大森について言った、というのではなく、我が事として悔しがっていた、のかもしれません。まあ確かに、ねぎらいの言葉があっても良いようには思いますが。

>月庵さん

私の場合、試合前の期待でいえば、久保と大森ではだいぶ違いました。どっちがどうか、については...まあ、大森が階級上げて「あの」セルメーニョに挑戦していれば、序盤で吹っ飛ばしていただろうと思います。
キャリアの差、については事実その通りでしょうね。大森も京都のジムにあって、エスキベルやヒメネスを招聘して倒し、時の日本王者益田に挑んでいるので、かなう限りの段階は踏んでいる部類ですが、MJヤップ戦を経てから、というは確かに筋道だったでしょうね。TV局の後援を得られた以上、そのルートから外れることは、現実的に無理だったのでしょうが。
私も終わってから言うのもどうかと思いつつ、タパレスは実力的にも相性的にも、大森にとって難しい相手だったな、と改めて思っています。小柄ながらリーチがけっこうあり、パンチ力がある。小柄な相手を突き放したい大森にとり、一番やりにくい相手でした。そこへ計量の問題でハンデがつき、大森自身も減量苦からか、好調とは言い難い状態だった。大森の力が大きく劣るとは見ていませんでしたが、様々な要因があって、今回の内容...採点はともかく、実質的に「大敗」という試合になりましたね。

階級を上げたり、指導体制を変えたり、という話は、誰に勝てるか勝てないか、という話とはまた別にしたいというのが、私の意見です。大森にせよ誰にせよ、勝てる相手には勝てるし、勝てない相手には勝てない。それ以前の問題として、自分のベスト、一番良い型のボクシングを試合で実現出来て、その上で出る内容と結果を見たい、それがファンとしての最低限の希望です。今回の大森は相手との実力差、計量問題による不公平な条件を除いて見ても、それが出来ていなかった。その部分について、非常に残念でした。それを晴らしてもらいたい、ということが言いたいわけです。私の文章力の限界で、誤解を与えてしまったかもしれませんが。

井岡については、あまり感じなかった部分ですが、月庵さんの言われるとおりの要因で、ひょっとしたら衰えとまで言わずとも、停滞が始まっているのかもしれませんね。彼のボクサーとしての存在意義はいったい何なのか、その辺について、本人と陣営の間に齟齬があり...という話も聞いたことはありますが、さりとてそれからでもけっこう時は経ち、状況は何一つ変わっていない。陣営の意志に反する行動があるのかどうかというと、それは唯一プライベートの話だけ、というのが現状です。従ってファンに伝わってくるものなど何も無い。ありようがないですね。
今回も試合後、ニュース番組に出て、さも具志堅用高と同列のような取り上げられ方をしていたそうですが、傍目には馬鹿馬鹿しい限りです。さりとて別に、彼のことを今更声高に批判する気もありませんし、まあどうなと好きにしたらよろしい、というところですけどね。今回については、ノックさんは愛らしかったなぁ、というくらいです(笑)


Unknown (さんちょう)
2017-04-25 17:15:37
まさか世界戦14度目の勝利で具志堅と並んだーなんて言われるとは夢にも思いませんでした笑 
僕も先日の井岡はどこかボクシングが錆びてきていると思いました。ミニマムやライトフライ時の表現が難しいですが、オーラみたいなのが感じられないです。ノクノイさんは今後日本のリングにたくさん呼ばれそうですね。
長谷川さんの解説はアメリカなんかに比べればまだまだソフトでしょう笑 
Unknown (Neo)
2017-04-26 00:47:33
彼の調子の良し悪しによる、相違点と共通点に興味が湧きましたもので、大森の過去の試合を見直していました。こんなに出来不出来が激しいのは何か原因があるのでは?と。

相違点として、調子のいい時は左右のパンチがよく伸びますね。
また、いい回りになると実力以上に力が出るスタイルと見ました。
裏返せば、悪い回りになると半分くらいしか力が出せませんね。

共通点としては、双方足を止めて構えあった間合いで、足でリズムを取る時間が少し必要みたいですね。コレが取れると、とても出来が良いです。
逆に相手を追いかけたり動いたりする必要がある時は、こういった時間が取れず、
しかも体が崩れたまま間合いに入るので、パンチも出にくいし、体重も乗らず、
言葉は悪いですが、素人みたいな動きになりますね。

やっぱり、間合いの入り際や攻防の途切れた際を意識した練習が不足している印象です。
その上で勝てるあたりは大器というか恵まれた才能がありますが。
転級に関しては確かに潮時だと思いますが、その場合フレームのアドバンテージは減衰しますから、少なくとも、間合いの入り方については学ぶ必要がありますね。
アマ出身の選手はこういったところはソツがないと思ってましたが、少なくとも南京都高出身の選手は個性豊かというか、いわゆるアマチュアのソツがないスタイルとはだいぶ違う様ですね笑
コメントありがとうございます。 (さうぽん)
2017-04-26 13:48:54
>さんちょうさん

まさか本心から具志堅と並んだなんて思ってはいないでしょうが。数字以前に志が違います。具志堅は13度防衛のうちKOは9回でしたか、判定になった試合でも、捌いて勝てば良い、という試合はほとんどなかったです。一度、大阪でやった試合で韓国人に頭突きされて切って、やむなくちょっと足使った試合がありますが、あれだけですね。時が経って、人の記憶が薄れるのは仕方が無いとしても、物事なんでも中身が大事で、私たちみたいな少数民族は及ばずながら、そこを忘れずにいたいものですね。
ノックさん、また日本で見られることがありますかね。あれで意外にそこそこ力あるし、相手次第で面白いかもです。堀川謙一に勝っているんですから、そういう見方は失礼ですか。

>Neoさん

第一に体調がよく、身体が動けば、というのがありますね。私が見た中では、向井戦あたりから少し動きがぎくしゃくし始め、その後は出来不出来がけっこう激しくなっています。新人王のころは、下肢が柔らかく、というか柔らかすぎるくらいでした。仰る通り、離れて足でリズム取る余裕があるときは、良い試合してましたね。それが出来ない試合が最近増えてきていて、それが相手の実力か、彼自身の不調か、その他の要因かが問題ですかね。元々長身選手というものは、悪い回りになれば実際以上に悪く見えるのが相場で、見た目が冴えないのは仕方ない、と思いますが。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL