さうぽんの拳闘見物日記

ボクシング生観戦、テレビ観戦、ビデオ鑑賞
その他つれづれなる(そんなたいそうなもんかえ)
拳闘見聞の日々。

浅いキャリアで驚きの精度と強度 京口紘人、荒法師アルグメドに競り勝つ

2017-07-23 22:57:26 | 関東ボクシング



ということで先ほどまで、有り難く生中継を見ておりました。
田口の試合が先で、ディレイだったことには少々驚きましたが...。
とりあえず今日はメイン、というか、最後の試合だけ、簡単に感想。


京口紘人は、宮崎拳一戦を府立で、昨年大晦日大田区で、直に見たのは二度。
あとはTVで一回、BoxingRaiseで数試合見ています。

短期間に速いペースで試合を重ね、OPBFは決定戦でベテランに圧勝、という流れでしたが、
初防衛でけっこう強いのとやって、判定も経験済み。
もちろんすぐ世界挑戦となると...と思う反面、若手としては相当強いからなぁ、とも思う選手でした。

ホセ・アルグメドは、高山勝成戦の印象しかないですが、大柄、荒い、タフで、己を知る巧さ、
悪く言えばズルさがあり、加えて「ボクシングはアタマや」というやり口も...という感じでした。
今日の試合も、概ねそのまんまの姿だったと思います。


序盤から、締まったガード、良いフォームでしっかり構えて迎え撃つ京口。
アルグメドは左右とも、強めに振って、徐々にフェイントも見せつつ、入ってくる。

京口の良いボディが決まって、2回早々からアルグメドは少し離れて突き放したい風。
ロングのパンチを振って、クリンチしたらまた離れ、という「方針」になった模様。

京口はアルグメドの打ち終わりやミスの後を、左ボディや右カウンターで打つ。
アルグメドは手数でまさるが、ポイントは微妙、京口の正確さを見る採点もありか。

5回くらいから京口のヒットの方が目立ち始めた印象。
7回、右フックを脇腹に決められたアルグメドが後退、京口攻勢。
アルグメドはスリップダウンやホールドが目に付くようになる。

こうなってくるとそろそろ「アタマボクシング」が始まるで...と思っていたら案の定。
9回、けっこう露骨に右と頭突きを狙ってくるアルグメド、しかし京口はそれに押されたかと
見えた直後に、左フック一発、顔面へ。ぐらついたところに追撃、右決めて倒す。

アルグメド、ダメージあり、右食ってピンチ。しかしレフェリー、何故か割って入り、再開。
京口がまた右決めて、これは次で行けるかと思ったが、終盤はアルグメドが脅威の粘り。
最終回は京口がヒットを重ねるも、自身もさすがに疲れたか、足がよれて前のめりでした。

採点はちょっとだけ、見た印象より開いたのもあるかな、と思うものの、勝ち負けは問題なし。
私はというと、115-112で京口と見ました。
辛く見ても、ダウンの分だけ京口の勝ちだと思います。

実況がしきりに「最短」と言っていたとおり、デビュー1年3ヶ月、8戦目での世界奪取ですが、
そのこと以前に、この浅いキャリアで、このやりにくい相手に、自分の型をしっかり維持して
最後まで闘い抜いたこと自体が、まずは相当凄い、と思います。

最終回はさすがに乱れましたが、あの乱れがもっと早くに出ていたら、勝敗にも響いていたことでしょう。
アルグメドは、それを見逃してくれるほど、甘い相手ではないでしょうし。


最短記録云々の是非は、また別の話として、語るべき点もあるでしょう。
若いのに大したもんやなぁ、と思う反面、こんな好素材を、早々に「世界」とつく試合に出して、
大わらわでタイトルに挑ませることが、必ずしも良いことなのかどうか。
色々思ってしまう部分も、正直にいってあります。

しかし、また1人、この先が楽しみなボクサーが現れた、という意味では、喜びの気持ちがあります。
難敵アルグメドに対し、パンチの精度でまさり、強い構えを終盤まで維持して、
この試練の一戦を乗り越えた京口紘人には、大いに拍手したいと思います。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 追い上げ届かず、間に合わず... | トップ | 「鬼気」の猛攻止まず 田口... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (四度目)
2017-07-24 00:08:32
自分の判定では一点差で京口でした。
キャリアが少なさが出るところもありましたが頭から頭がきてもフルスイングで来てもビビらないメンタルは中々だなぁと思いました
Unknown (ててて)
2017-07-24 07:04:01
114-113でアルグメド、もう少しアルグメドに振れるかな?と思ってたので判定は意外でした
自分としては単発の京口よりは、しつこいアルグメドの連打をとったんですが
最初の三ラウンドをすべて京口につけてるジャッジもいたみたいで、そりゃアルグメド勝てんわと思いました

京口選手は想定してたよりずっといいボクサーで、いい試合でした
Unknown (R35ファン)
2017-07-24 08:56:35
長谷川さんが感心していた様に終盤でもガードきちんとしてましたね。最初相手のスタイル見たら「何もこのキャリアでこんな荒いのとせんでも。頭ぶつけられて潰れたらどうすんだ」と思いましたが京口君は自分の型を崩さず戦いましたね。相手の荒さにお返ししたのも見られ、度胸もあるなと。
相手の頭や体当たりをまともに食う辺りまだ若い面もありましたが全体的にベースがしっかりしてましたね。今後は慌てずキャリアを重ねて欲しいです。

ただテレ東酷かったですね。京口君の祝福している所で内山さんに進退の話聞いたりして。誰が見ても「今聞かんでも良いやろ」と思う場面でしたね。
コメントありがとうございます。 (さうぽん)
2017-07-25 21:23:36
>四度目さん

本当に勝負度胸があるというか。体力も、ガードの維持ひとつとってもなかなかのものですよね。世界王者としてどう、とのを外して見れば、8戦目の若手としては大したものです。順調に伸びていってほしいですね。

>てててさん

私は逆はないかなー、という感じでした。アルグメドの手数、攻勢は確かにまさっていましたが、インサイドから正確に当てていたのは京口かな、という。確かに競った試合だったとは思いますが。
ただ、最初のみっつが全部京口、というのは、ちょっと疑問ですね。うーん。

>R35ファンさん

確かにそういう心配はありました。業種が違うんやないの、というか。ただ、思った以上に乱れず、落ち着いた対処でしたね。何回か苛ついて、アタマ振ったりもしてましたが、すぐ止めました。あれはセコンドに言われたんじゃないでしょうかね。9回にアタマ持って来られた直後、パンチでお返しして効かせ、ダウンを奪った流れは、ファンとして痛快に感じましたね。ああいうところ、ちょっと甘く言えば、ヒーローになれる素養があるな、とも思ったり。
テレビ東京の放送については別記事で触れましたが、あれでいいと思って番組作っているんでしょうかねぇ。内山の進退については、まあ、少しでも触れたいのはわかりますが、他にやりようがあろうに、とも。


コメントを投稿

関東ボクシング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL