さうぽんの拳闘見物日記

ボクシング生観戦、テレビ観戦、ビデオ鑑賞
その他つれづれなる(そんなたいそうなもんかえ)
拳闘見聞の日々。

衝撃の米国デビューなるか 井上尚弥に報道陣殺到

2017-09-07 18:03:46 | 井上尚弥



ということで先週水曜は、マスク姿でホールにいた井上尚弥様ですが、
その後ご出立、無事現地に到着して、ジムで最終調整に入っているようです。

どうやら、思う以上にあちらでも注目度が高いようで、報道陣が殺到。
練習初日は、報道向けの撮影にいろいろと応じていた模様。


こちらはリング上で、シャドーしている様子などを撮影。
たぶん試合中継の際、使われる映像なのでしょうね。

現地の乾燥した気候を考えて、早めに体重を落としている、とのことでしたが、
見たところ、かなり絞っているようです。
早めに落とすということは、その分体力を消耗している期間が長くなる、という
デメリットもありましょうし、ちょっと心配ではあります。






こちらはインタビュー。
当然、通訳を介してですが、インタビュアーがけっこう詳しそう。
ちゃんと井上の試合ぶりを見た上で、色々訊いてくる。
この辺は井上の過去の試合ぶりが凄かった、というのは当然ながら、
インターネットの時代ならではだなぁ、と改めて思ったり。







ところで尚弥様、なんでも自宅にWBOベルトをお忘れになったまま渡米なされたのだとか(^^;)

まあ、大物の証である、ということにしておきましょう、ええ。
日曜日、生中継楽しみですねー。







ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国内試合動画、あれこれご紹介 | トップ | 叩いて怯ませ、攻め立てる ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (宇弓)
2017-09-08 22:34:41
本当にこんなに近づかなくてもいいだろってくらい、
向こうのマスコミさんは井上を押しつぶさんばかりに寄ってますが。
ジムよっぽど狭かったんでしょうか(笑

しかし感無量ですなあ。
今迄さんざっぱら大橋さんは海外海外!!☆
って言い続け、
いい加減私らも、そんないつまでも狼来ると怖がれねーぞと半笑いになりかけてましたが、
まさにこんだけあっちこっちで引っ張りだこで、
全世界中継と。

正直二エベスやっぱデカくて強そうだし、
・・・てかこいつちゃんとウエイト守る気あるんだろーな??
どーせ勝ち目内なら最初っからタイトルなんて捨てて、ウエイト無視でやったる!!
なんて思ってねーだろうなという不安もありますが(笑

それに初めての海外調整に野外会場試合と、
いくらアマでの豊富な海外経験あるとはいえ、
やはりプロとは、まして世界王者としてとなるとまた別でしょうし。

果たしてどこまでこの本場で日本でのあの怪物度を再現できるのか・・・
正直やってみないと、本人にもわからない面も多いでしょうね。

・・・な~んて、
そんな凡人のふっつ~~な心配事なんて、
日本ボク界を変えることのできるモノ本のスターならば、
何もかも根こそぎ吹っ飛ばして、
向こうの客がドン引きするくらいの試合を見せてほしいもんですが。

映像のインタビュアーも、ロマゴンは?ロマゴンは??
とか連呼してるし、
ここは向こうの期待に応えてロマゴン戦にたどり着くべく、
ビシッと勝ってほしいですね。

まあその前にはロマゴンにもビシッと勝ってもらわにやならんのですが⦅爆
コメントありがとうございます。 (さうぽん)
2017-09-09 15:44:13
>宇弓さん

「座間でオレどん」説なんて、考えただけでも目の前真っ暗になったものですが(笑)大橋ジムが一試合、井上を海外で試合させるための折り合いをどうつけたか不明な部分もありますが、傍目に見る分には、これ以上の喜びはないですね。ついに明日ですね、いや楽しみです。
相手のウェイトの件は、今朝方、ちょっと軽めに上がったみたいで、杞憂でしたね。私も心の隅でちょっとだけ心配してましたが、こと西海岸では要注目の大イベントのようですし、さすがにそんな狼藉はなかったですね。本人、銀行員で非常に真面目なお方のようですし。その真面目さ故に出世はしてない?ような印象ですが、実力自体は確かに見えますね。
ロマゴンは切りさえしなきゃ、前の試合も勝ってたと思いますが、体格面と傷は不安材料ですね。揃って勝って、ケガなども無ければ、年末国内で対戦は既定路線なのかな?とも思っていますが、さてどうなりますかね。

コメントを投稿

井上尚弥」カテゴリの最新記事