saczx

xzvzx

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

派の瑠璃の体力はす

2013-10-16 15:44:32 | 日記
Δ祟]を掻く。
「ねえってば! みんなも一緒だよ!」
「え?」
 その言葉に振り返ると、そこには数名の子供がいた。海軍に入る前まではよく一緒に遊んだこの近くの子供達だ。
「翔輝お兄ちゃん! 一緒に遊ぼ!」
「お兄ちゃん! 遊ぼ!」
「遊ぼうよ! 翔輝お兄ちゃん!」
 あっという間に翔輝も子供達に囲まれてしまった。体中にくっ付いて来る子供に翔輝は慌てる。
「ちょ、ちょっとみんなッ! 抱き付かないでよ!」
 ふらふらと転びそうになるが、すぐに立て直す。
「ねぇ翔輝お兄ちゃん! 早く一緒に遊ぼッ!」
 加奈子はぐいぐいと翔輝を引っ張る。
「ちょッ! ちょっと待って!」
「お待ちください!」
 そこへようやく人々の波から解放された瑠璃が戻って来た。瑠璃の服はちょっと乱れているが、彼女は気にしていないらしい。
「翔輝様は私と一緒にいたんですのよ! 勝手に連れて行かないでほしいですわ!」
 結構本気で怒っているようだ。自分の年より半分くらいしかなさそうな子供に本気で怒るのはどうかと思うが。
「さぁッ! 翔輝様を返してください!」
「なら瑠璃お姉ちゃんも遊ぼッ!」
「え?」
 加奈子の言葉に他の子供達も「そうだよ!」「一緒に遊ぼうよ!」と賛同。驚くのは瑠璃の方だ。
「え? 私は、その???」
http://www.394bc.com/
サマンサ 長財布
サマンサ バッグ
サマンサタバサ アウトレット
「ほらッ! 早く行こうよ!」
 子供達に手を引かれて、瑠璃は「お、お待ちくださいませ! まだ心の準備が――」と言いながら連れて行かれた。そんな瑠璃を見て、翔輝は苦笑いしていた。
「ほら、翔輝お兄ちゃんも!」
「はいはい」
 加奈子に手を引かれ、翔輝は瑠璃の後を追った。

「つ、疲れましたわぁ???」
「ははは、お疲れ」
 お昼には皆も昼食を取る為に家に帰っていまい、ようやく二人は解放されて霞家に戻る事ができた。
 軍人なので体力には自信のある翔輝とは違い、インドア派の瑠璃の体力はすぐになくなってしまい、後半はほとんど傍観者になっていた。
 そして今もくたくたになった身体を畳の上に投げ出して横になっている。本当は貴族として床にそのまま横になるというのはあまりいい事ではないのだが、どうやら今回はそれすらもできないほど疲れているらしい。
「も、もう一歩も動けませんわ???」
「少しは運動したらどうだ?」
 翔輝が笑いながら言うと、瑠璃は首を横に振った。
「貴族である私は運動なんてしなくても良いのです。私が何もしなくてもまわりが全てやってくれますし。それに――」
 瑠璃は少しふてくされた顔で翔輝を見詰める。
「動いたら負けかなって思ってますし」
「うわぁ、ニートの発言だ」
「ち、違いますわッ! あんな社会のゴミクズ達と一緒にしないでほしいですわッ!」
「おいッ! 日本中から集中砲火をされそうな発言はやめろッ!」
「事実ですわ。あんな方々がいるから日本は先進国なのに欧米に負けるんですわ。天下りとか消えた年金とかドラックラグとか」
「それは完全に役人の問題だよねッ!? ニートとか関係ないし!」
「そんなの主観の相違ですわ。ニートのせいで日本はおかしくなるのですわ」
「だぁからッ! ツッコミづらい発言はやめろってッ!」
「『僕らが不幸なのは社会のせいだ』なんて妄言を言う人間なんて、生きている価値なんてありませんわ」
「だぁからッ! やめろってばッ! あの人達だって、仕事がしたくても仕事がないって人達だっているんだ!」
「確かに、そういった方々もいますわ。ですが、自ら働く事を諦めた人間のクズみたいな方々もいるのも事実。ほんと、日本も落ちる所まで落ちてしまったんですわね」
 わざとらしく大きなため息をする瑠璃。翔輝もため息して頭を抱える。
「つーか、完全にこの時代から脱
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 嵐と新たな絆 | トップ |   

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事