分科会に思うこと

2017年04月25日 | 日記・エッセイ・コラム
 先週、県外で開催された1泊2日のある会議に参加しました。参加者約270名。
 初日の日程は、参加者が大いに関心を持っている国の障害福祉政策や制度や各関係団体などの情勢報告と分科会と情報交換会です。分科会は6分科会で、私もある分科会に参加しました。
 分科会の予定時間は午後2時35分から午後5時までの2時間25分。しかし、次第に時間が押してしまっており、正味はおよそ2時間15分あるかないかでした。
 そんな中で始まった分科会。事例発表が3つ予定されており、それぞれが30分から40分の持ち時間の約束だったらしい。
 司会者のあいさつで始まりましたが、あいさつやいくつかの確認事項の説明などをしていると、5分の時間なんかはすぐに経ってしまっています。3つの事例発表が終わったところで、残り時間は20分弱になっていました。
 司会者の「では、ただいまの3つの事例発表についてご質問、あるいはご意見のある方はご発言をお願いします」の声に、やおら1人が反応し、質問をしました。質問された発表者がそれに答えます。続けて、「ほかにご質問はありませんか」の司会者の問いかけに、今度は私が反応し、質問をしました。質問された発表者が答えます。
「ほかには」の問いかけに、3人目の人が反応し、質問します。質問された発表者が何とか答えました。
 すると、司会者が「では、予定された時間になりましたので、以上でこの分科会を終了させていただきます。本日はご参加いただき、誠にありがとうございました」というような主旨の発言をし、分科会はあっけなく終了したのです。
 私は唖然としてしまいました。
 一つは、その分科会での質疑の時間の短さに。そして、もう一つは質問の数の少なさに。
 何か月も前から事例発表を依頼された施設・事業所の職員は、きっと一生懸命に準備をしたはず。30分から40分の与えられた時間内にどんなことを、どのように伝えればよいか。資料はどうするか。パワーポイントはどうするか。上司や先輩に相談し、同僚に相談し……。事実や数字を確認し、表現や時間配分に気を遣い……。そんな中で当日を迎えたはずです。
 なのに、約80人の参加者からの質問は私を含めてたったの3人。資料が当日配布だから内容を確認することが短時間では難しかったのでしょうか。しかし、分科会のテーマは事前の開催案内で知らせてあるのです。
 そして、司会者の締めの言葉―。
「みなさま、本日はご苦労様でした」
 ご苦労様でした? 誰が? と、心でつぶやく私。
 事例発表者はご苦労様だったかも知れないけれど、参加していた人たちのいったい誰がご苦労様だったの?
 もったいない。本当にもったいない。
 3つの事例発表を依頼されたそれぞれの職員は、どれだけの時間と労力と問題意識を持って発表内容の取りまとめをしたのだろうか。もったいない。本当にもったいない、と思います。
 分科会に参加した人たちは説明を耳で聞き、目で資料の文字や写真を追っていく。そこで何を思い、何を感じ、何を得たのか。何が分かったのか。何が分からなかったのか。何が疑問として残ったのか。それを披露してほしい。それを参加者のお互いが言葉にし合うことが大事ではないでしょうか。
 参加者と事例発表者の間での質疑のやり取りや意見の交換が活発になされるように、その会場にいるみんなで、そう、みんなで努力しなければ、お互いが結構な時間をかけて各地から参加しに来た甲斐がない。また、およそ2時間30分を約80人で共有した甲斐がない、とういうものです
 様々な研修会や分科会、研究会、講座や講演会などが、日々、各地で開かれているだろうと思いますが、その中で、参加者が自分が参加した分科会や研修会を自らが努力して盛り上げようとしたのがどれほどあるだろうか。参加した会場で発表者の報告や説明を聞いて、メモをする。だけど、他の参加者の思いも考えも知ることもなく、時間が来たら「お疲れ様」と言いながら帰っていくだけで、いったい何が得られるのでしょう。
 私たちは今一度、分科会や研修会の持ち方や参加の仕方をちゃんと考え直した方がいい。
 参加した後に、お互いがお互いに感謝の気持ちを込めて「ご苦労様でした」と、心から言い合えるように。


 このたび社会福祉法人さつき会のホームページを開設しました。皆様に親しまれるホームページ作りに努力いたしますので、是非、ご意見ご感想をお寄せください。ホームページへのアクセスは下記へお願いいたします。
  アクセス ⇒ http://satsukikai-oshima.com/
  なお、ホームページ内のさつき園のページからこのブログ『園長室』を覗くこともできます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前回のなぞなぞの答えです | トップ | 「園長、申し訳ないことを……... »

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。