節分の豆まき 鬼は園長じゃ

2017年01月30日 | 日記・エッセイ・コラム
 先週の土曜日(1月28日)のことです。余暇活動担当職員が園長室に顔を出します。
「園長、今日は忙しいですか?」
「まあ、忙しいっちゃあ忙しいが。どうした?」
「午後に、豆まきをするんですが、園長、鬼をやってもらえませんか?」
「鬼? あー、そういえばもうすぐ節分じゃのー。豆まきかー。鬼かー。むー、うん分かった。じゃー、その時になったら知らせてくれよ」
 さつき園は月に1~2回、土曜通所日を設けています。
 その日は土曜通所日でした。来週はもう節分なので、余暇活動として利用者みんなで鬼のお面を作って、そのあと豆まきをしようという計画でした。鬼は、例年、赤と青の2匹の鬼が登場します。2匹とも男性職員が扮していますが、今年は1人の男性職員の都合が悪く、私が青鬼のようです。
 ところが、簡単に「あー、ええよ。時間があればやるよ」と請け負ったのはよかったのですが、青鬼の着ぐるみを着て、鬼のお面をつけてみてびっくりです。2つの目の穴が小さくて、お面から見える視界の狭いこと。しかも両目の穴の間隔が少し狭くて、物を両目で見ることが難しいのです。
出番を待っている間に、鬼が室内履きを履いていてはおかしいだろうと思い、脱いだのですが、まあー廊下の冷たいこと。私は足踏みしながら、余暇活動の会場になっている作業室の手前で赤鬼の職員と2人で豆まきの時間が来るのを待っていました。何とも情けない青鬼です。
 すると、どうしたことか廊下に出てきた○○さん。鬼を見つけて、こちらに近づいて来ます。
「誰? ねぇー、誰かね?」とお面に顔を近づけながら聞いてきます。
 返事をどうしようかと思いましたが、小さい声で、
「園長じゃ」と応えました。すると、○○さん、
「うひゃー! 園長さんかー」と、大きな声。
「おい、声が大きいよ。みんなに聞こえるじゃないか」と、私。
 ややあって、ドアが開きます。一斉に歓声が上がります。
 だけどこちらは視界が狭すぎて、早くもドアまでの距離や方向がうまく測れません。入り口近くでモタモタしていると、豆に見立てた硬球ぐらいの大きさに丸めた新聞紙が容赦なく、いくつもあちらこちらから飛んできます。利用者はわー、わー、きゃーきゃーと盛り上がっているようです。
 何とか鬼らしく強そうに荒々しく歩こうとしても、怖くてどうしてもすり足になってしまいます。鬼の必需品の金棒に見立てた棒状の綿入れは持っていますが、やみくもに振り回して当たり所が悪くてもいけないので、ただちょこちょこと前に突き出すだけです。
 しばらくすると、何人かの利用者の顔が見えてきます。小さな穴から見ていますので、顔しか分かりません。慎重に金棒をその利用者の顔の前辺りに突き出します。すると、一斉にいろんな方向から、新聞紙の豆が飛んできます。中には、鬼の背中に豆を強引にねじ込んでくる利用者もいます。
「わあー、やめてくれー」自分がどの辺にいるのかもよく分からないし、利用者がどう散らばっているのかも分からないのです。そんなところに、いきなり背中に豆をねじ込まれたりして、もうたいへんです。
 そんな中、新聞紙の豆を掴んだ□□さんがいつもにも増して真剣な表情で、豆を鬼にぶつける機会をうかがっているのがみえました。日ごろ見せない□□さんの表情です。あとで聞いたら、赤鬼の職員も□□さんの真剣な顔つきには驚きました、と言っていました。
 大興奮の豆まきは、みんなで記念写真を撮って終わりです。その時、お面を取ったら、そこに園長の顔があったのを見て、びっくりした表情を見せる利用者もいました。
 古くから伝わる日本の季節の伝統行事の1つです。さつき園でもいつまでも続けていきたいものです。
 あとで気がついたことですが、利用者はみんな鬼に豆をぶつけるのに必死だったようで、誰も「鬼は外、福は内」とは言わなかったのです。それは、「鬼は園長じゃ」と分かって、ここぞとばかりに日ごろの恨みを晴らそうとしたからでしょうか!?
 

 このたび社会福祉法人さつき会のホームページを開設しました。皆様に親しまれるホームページ作りに努力いたしますので、是非、ご意見ご感想をお寄せください。ホームページへのアクセスは下記へお願いいたします。
  アクセス ⇒ http://satsukikai-oshima.com/
  なお、ホームページ内のさつき園のページからこのブログ『園長室』を覗くこともできます。
>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アメリカ ファースト!? | トップ | 気になる大事なこと »

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。