広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画@カサノバ/CASANOVA

2006年06月20日 12時24分56秒 | 映画 か行
あらゆる女性を、その魅力で虜にするカサノバは
不貞や異端行為の罪で死罪を言い渡される
しかし、ヴェネチア総督の計らいで
何とか無罪放免となったものの、カーニバルが終わるまでに
良家の子女と結婚するよう命令される

そんな彼の前に、女性の解放を唱える美女フランチェスカが現れる、
そして自らのプレイボーイぶりを批判されたカサノバは、
逆に彼女に対する恋の炎をメラメラと燃え上がらせてしまうのだ!!


恋愛コメディなのでしょうかねぇ?
すご~く面白かった!!
随所に「プっ」とふき出してしまうシーンはあるし
全てツジツマが合っていて、おぉーと思わせるし
ラスト近くでは、ホロりと来て。。
最後まで全く飽きる事なく楽しめたなー♪

カサノバの女ったらしっぷりは、あまり描かれていないんだよね
あの手この手で、フランチェスカの心を掴もうとする
なんとも可愛らしいカサノバの姿
それ、彼女にバレたら怒るだろう!とか、上手いっ!なんて
思わせられて、とにかく面白い
街中の美しい女性を、落としてきたプレイボーイなのに
フランチェスカは一筋縄では行かないんだわ

しかしこのカサノバ、あれだけ名を馳せているのに
以外と影が薄いのだ。。
でも、モテる男って案外そんなもんなのかもしれないね
黙ってても、女性が近寄ってくるもの
優しいし、子供みたいで、ちょっと頼りなかったり。。
そんなところがいいんだなー、きっと
それに恐らく、すごくマメな男なんでしょうね~



ヒース・レジャーは、そんなカサノバにぴったりだったのかも
いつもカサノバの近くにいるルポの存在も良かったね~


出演の女性陣は美しかった♪



シエナ・ミラーが演じるフランチェスカは、
男勝りで知的で本当に美しい♪
家族のために会った事もない財産家の男性と婚約していた。。
でも、本当は心から愛せる男性との出会いを待っていたんだよね
そして、母のような強さも持っていて

カサノバが最初に婚約者として選んだ女性、ヴィクトリア
ナタリー・ドーマー、可愛いね~、小悪魔って感じ
フランチェスカとは対照的な女性でしたねっ

フランチェスカの母親アンドレアもなかなかのツワモノ
娘の婚約者パプリッツィオと恋に落ちたシーンは印象的、
太った方がお好きなのですねっ
フランチェスカとそっくりで、親子というより姉妹のよう
演じるレナ・オリンも美しい♪
ハレストレム監督の奥様だそうですね



そして、最後はこんな風になるけど
もうひとストーリーあるんだなー♪


美しいモノを観るのは本当にいいものです♪
ヴェネチアの風景も、とにかく美しい!のひとこと
心が穏やかになって、幸せな気持ちになる映画でしたわ~


にほんブログ村 映画ブログへ 
 いつも応援して頂き、本当にありがとうございます!!
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画@ラスベガスをやっつけろ... | トップ | 映画@フーリガン/GREEN STREE... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
( ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪ (とんちゃん)
2006-06-22 00:05:22
コメント有難うございました♪

ホント、美しい背景に 美しい恋の喜劇を観たって感じで 嬉しい一作ですねy(^ー^)yピース!



観た後 家へ帰ってからも 暫くニヤニヤしていました♪

Happyな気分に浸れますよね
こんにちは! (satty)
2006-06-22 18:28:40
とんちゃんさん

こちらこそありがとうございます!

そう、喜劇でしたよね、これ!

最後の最後まで、楽しめました。

ほんと、安心して観られて、ハッピーな気分になりましたね♪
ヒース・レジャーさんが似合っていたと思います (たろ)
2006-06-23 09:49:50
お早うございます。

コメント&トラックバックを失礼致します。



この作品は、全編のユーモラスな仕上りや中盤以降の後半の流れが良く、また、もう一つの主役とも言えるヴェネチアの風景に大きな見応えのある映画であったと思います。

そして、さり気なくも女性が惹き付けられるという主人公 ジャコモ・カサノバさんを演じたヒース・レジャーさんも中々似合っていましたね。



また遊びに来させて頂きます。

ではまた。



そうですね♪ (satty)
2006-06-23 12:51:21
たろさん

ヒース・レジャー、プレイボーイって感じはしないけど

この役にはぴったりだった気がします

ヴェネチアの風景が美しくて、最後の最後まで楽しめる

素敵な映画でした♪
こんばんは! (伽羅)
2006-06-23 23:29:41
TB返し、コメントありがとうございました!



カサノバというと、

どうしても官能モノを想像してしまいがちなんですが、

ヒース演じるチャーミングな新カサノバ像も、

また良いなーと思いました。

ほのぼのコメディタッチ&ハッピーエンドなのも良かったです。



>美しいモノを観るのは本当にいいものです♪

>ヴェネチアの風景も、とにかく美しい!のひとこと

>心が穏やかになって、幸せな気持ちになる映画でしたわ~



美しいモノは見飽きないですよね。

見てると心も美しくなる気がします。

ヴェネチアも年々水位が上がってきているらしいので、

水没してしまう前に、一度でいいから訪れたいものです。

というか、イタリア周遊旅行へ行きた~い!
こんにちは (satty)
2006-06-26 11:38:00
伽羅さん

水没しそうなのですか?大変!!

私もその前に行っておかなくては!!

ヒース演じるカサノバ、少年っぽくて、色っぽくもありで

ホント良かったですね♪

益々好きになってしまいました

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

15 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「カサノバ」 (しんのすけの イッツマイライフ)
「カサノバ」、とても楽しい映画です。 大人の映画かと思いきや、 子供を連れて見に行ってもとっても喜んで見れると思いますよ♪
★「カサノバ」 (ひらりん的映画ブログ)
2006年6月17日の劇場公開日のナイトショウで観てきました。 ひらりん的には「カサノバ」って聞くと・・・ ちょっとエロチックなイメージだったけど・・・ 予告編では「恋愛至上主義」・・・なーんてキャッチコピー。
カサノバ (とんとん亭)
「カサノバ」 2006年 米 ★★★★★ 18世紀ヨーロッパに実在した恋愛の達人、ジャコモ・カサノバを 『ブロークバック・マウンテン』で寡黙なゲイのカウボーイを熱演したヒース・レジャーが好演。  恋愛至上主義の名うてのプレーイ・ボーイ、 ...
感想/カサノバ(試写) (APRIL FOOLS)
カサノバっつー実在した人類史上最高のモテ男がヴェネツィアで繰り広げるロマンチックコメディ、『カサノバ』。ヒース・レジャー&シエナ・ミラー主演で6月17日公開ナリ。 カサノバ モテ男カサノバ君、今宵も修道女とニャンニャンニャンが見つかって逃亡した先 ...
カサノバ/Casanova (我想一個人映画美的女人blog)
ジョニーデップとディカプリオ共演の感動作「ギルバートグレイプ」以降は、 '95 ジュリアロバーツ「愛に迷った時」 '99 シャーリーズセロン「サイダーハウスルール」 '00 ジョニーデップ「ショコラ」 '02 ケビンスペイシー「シッピングニュース」。。。。 ...
カサノバ (2005) (萌映画)
カサノバといったらもっと濃いぃ色男なんじゃないかな~、と思いつつ臨んだヒース・レジャーの「カサノバ」、うーん、やっぱりそんなにセクシーじゃないな。というより、監督がヒースをわざとセクシーに撮っていないといったほうがフェアかも。 ヒースは肩幅が広 ...
『カサノバ』 (*Sweet Days*  ~movie,music etc...~)
監督:ラッセ・ハルストレム CAST:ヒース・レジャー、シエナ・ミラー 他 18世紀のイタリア、ヴェネチア。町中の女性と浮き名を流すジャコモ・カサノバ(ヒース)は、修道女との情事によって、教会に追われていた。後ろ盾を建てるため両家の子女との結婚を ...
カサノバ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
誰よりも女性に愛された男――ジャコモ・カサノバの甘美な恋の冒険を描く、究極のラブ・ストーリー 惹かれあう男と女の永遠の秘密が今明かされる  数々のスキャンダルを巻き起こした伝説のプレイボーイ、カサノバが真実の愛に目覚めるまでを描いた史劇ロ ...
カサノバ (~映画とはずがたり~)
官能を極めること、それが何よりも重要だった。 私は女性のために生まれ、つねに女性を愛し、 愛されるよう努めた。             ― ジャコモ・カサノバ 「回想録」より 『サイダーハウス・ルール』、『ショコラ』の 名匠ラッセ・ハルストレム ...
試写会鑑賞 銀座テアトルシネマにて ~ ラッセ・ハルストレム 「 カサノバ 」 (** Paradise Garage **)
こんにちは。 雨の金曜日です。 今日は、一足先に銀座テアトルシネマにて行なわれた試写会で観させて頂いた、ラッセ・ハルストレム氏の新作映画について。 上映に先立ち、映画パーソナリティーの襟川クロさんが司会を務めて、恭子さんと美香さんの叶姉妹、エッセ ...
カサノバ (悠雅的生活)
魅惑の伊達男、Viva Casanova!!
【劇場映画】 カサノバ (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 18世紀、ヴェネチア。ある男が修道女との情事の末、教会の役人たちに追われている。彼の名はジャコモ・カサノバ。娼婦から淑女まで、落とせない女性はいないと評判のプレイボーイだ。逃げ込んだ大学の講堂で、彼は女性解放を説く演説を目にする。 ...
カサノバ (Alice in Wonderland)
カサノバと聞くとカナダ留学の時に出会ったカサノバというあだ名のメキシコ人の超色男を思い出します。その時に初めて知ったカサノバですが、ヒースが演じるということですごく楽しみにしていた映画で今年65本目です。 18世紀、ヴェネチア。ある男が修道女と ...
カサノバ バはバカ映画のバだった (引っ越してきたよ)
見てない人はまだ読まないように! この男にどんな修羅場が待ってるやらと、ひやひやしながら見てたら、最後はなんと関係者一同団結しまくり いやあ、めでたしめでたしあちこちの女に手をつけるなら、恨まれてはいけな
カサノバ (knockin' on heaven's door)
Casanova Director:ラッセ・ハルストレム Cast:ヒース・レジャー、シエナ・ミラー、ジェレミー・アイアンズ カサノバなる人物は名前以外良く知らないのですが・・・観ようかどうか迷ったけれど、ラッセ・ハルストレム監督作ということで観て来ました。見た ...