何も持たずに存在するということ。

おごらない日々 あいのある人生を。

こんなことってあるんだ。

2017-05-03 21:12:57 | 日記
こんなことも あるのかぁ。

丁寧かつ、親切なお仕事で、あれからすっかりお世話になり愛飲させてもらっているのあの珈琲豆屋さんが

たまたま、高千穂の近くまで来られたとの事で

長崎から焙煎したての豆をお土産にと、わざわざお時間を割いて家に届けて下さった。

丁度今、最後の豆を飲んでいるところで今朝、連休が明けたらまたお電話しようと思っていたところだった。

とても残念な事に、ほんの少し出掛けていた間の出来事でお会いすることが出来なかった、、、本当に本当に残念。

私が、何に驚いたかというと、この豆屋さんの店主とは、年初から3回ほど、注文の為にお電話でお話をしただけ。

特に面識もなく、以前からの知り合いだった訳でもなく、

ただ単に、年明けの1月のある日、思い付いたように私が、突然豆を送って欲しいと初めて電話をしただけから3回。

私が、店主の立場だったらどうかなぁ、、、。

こんな、温かくて優しい気持ちを相手に届ける勇気と心の余裕があるかなぁ、、、。

ないなぁ、、、、、。

もっともっと 人にやさしくしよう。

なんだか、上手く説明が出来ないけれど、最近にないショックを今うけている。




ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« しゃくなげ が咲く頃に。 | トップ | 好きな花が咲いたら »