一本の葦

あんなこと・こんなこと・・・

今日の美術館 その2・三菱1号館美術館

2017-05-16 22:25:16 | Weblog

 

自分の時間がある今日は、もう一館、美術館へ。

足の疲れもなんのその、神谷町から東京駅へ、三菱1号館美術館です。

『オルセー美術館 ナビ派展』

    

19世紀末のパリで、ゴーガンの影響を受けた若い前衛画家たちの一派、

ナビ派(ヘブライ語で預言者の意味)。

平面性、装飾性を重視したグループ。

ボナール、ヴュイヤール、ドニセリュジエ、ヴァロットンなど

ナビ派の絵を、日本で初めて紹介する展覧会です。


なるほど、輪郭がハッキリ書いてあったり、平面的な書き方

写実ではなく、内面に感じる色彩や、構図を使うなど、わかりやすい。

現実と内面の融合を追求していた前衛派たちです。

    



日本の浮世絵に感化された画家も多いですが、ナビ派の画家たちも、

かなり浮世絵に影響を受けていました。

     

美術館を出ると、庭にはバラが美しく咲いていました。

     


その庭を眺めながら、コーヒーをのんびり飲みたかったのですが

今日もカフェを横目に、早足で帰宅。

自分の時間を楽しんだのですから、よしとしましょう!

本日は、日本の芸術家とフランスの若き芸術家たちに鼓舞され

私も、凛とした人生を生きねばと、思うのでした。。。


「オルセーのナビ派展」は21日までです。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  今日の美術館 その1・智美... | トップ |  叔母の引越準備 2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL