一本の葦

あんなこと・こんなこと・・・

映画「ブリッジ・オブ・スパイ」 鑑賞

2016-01-12 23:13:35 | Weblog


朝一番で映画館へ。

観たかった「ブリッジ・オブ・スパイ」スティーブン・スピルバーグ監督 

トム・ハンクス主演 ジョエル&イーサン・コーエン脚本の映画。

最高でした!素晴らしかった!!


     



あらすじ

1950~60年代の米ソ冷戦下で起こった実話を描いたサスペンスドラマ。

保険の分野で着実にキャリアを積み重ねてきた弁護士ジェームズ・ドノバンは、

ソ連のスパイとしてFBIに逮捕されたルドルフ・アベルの弁護を依頼される。

敵国の人間を弁護することに周囲から非難を浴びせられても、弁護士としての職務を

果たそうとするドノバンと、祖国への忠義を貫くアベル。

2人の間には、次第に互いに対する理解や尊敬の念が芽生えていく。

死刑が確実と思われたアベルは、ドノバンの弁護で懲役30年となり、裁判は終わるが、

それから5年後、ソ連を偵察飛行中だったアメリカ人パイロットの

フランシス・ゲイリー・パワーズが、ソ連に捕らえられる事態が発生。

両国はアベルとパワーズの交換を画策し、ドノバンはその交渉役という大役を任じられる。



歴史の中の実話ということが、真実味を増し、ピリピリとした緊張感を感じました。

東ドイツから壁をよじ登り西ドイツへ行こうとする家族たちが射殺されてしまうところを

列車の窓からドノバンが目撃するところでは、思わず声が漏れてしまう程、

のめり込んで見ていました。

トム・ハンクスは大好きな俳優ですが、今回ソ連のスパイ、ルドルフ・アベルを演じている

マーク・ライランスはトニー賞に3度も輝いている舞台俳優だというのも頷ける演技でした。


最後は字幕が流れる中、余韻に浸って最後まで客席に座ったまま。。。



 


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  自然の中にWalking  | トップ |  抜 糸  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL