横浜港北おもちゃ病院の活動記録

ドクターの一人であるYoshi61が代表して記録しています

ポリプロピレンの溶着(歩く犬のぬいぐるみ骨折)

2017-07-11 23:38:38 | ノウハウ集
7月8日の菊名おもちゃ病院の修理ノウハウをもう一つ。

子供たちは、動物が大好き。スイッチを入れると、歩き出し、時々吠える犬のぬいぐるみは、子供に人気のおもちゃです。


大好きだから、動いている犬を抱きしめてしめてしまうのでしょうか。おもちゃ病院にやってくる犬のぬいぐるみは、足の骨折が大半です。私たちおもちゃドクターにも、犬専門の名医(?)がいます。今回は、その名医のノウハウをご紹介します。

まず、骨折した犬の状況を確認したら、ぬいぐるみの毛皮(?)を剥がします。ここは、子供がびっくりするので、見せないほうがいいこともあります。電池ボックスのところから剥がし始めるのですが、ドライヤーで十分に加熱すると、剥がすことがきます。


ゆっくりど毛皮を剥くと、ポリプロピレン製の骨格が表れてきます。そうです、このおもちゃの修理の難しいところは、通常の接着剤が利用できないポリプロピレン製だからです。今回の犬もやはり、ポリプロピレン製の足が骨折していました。


接着剤は使えないので、まずは骨折したとこを瞬間接着剤で仮止めしたあと、30W程度の低温のハンダコテで接着面を焦がさず、溶かして接着します。温度が高すぎると、足の部品が溶けてしまうので、注意が必要です。この時、金属溶接の溶接棒のように、◯◯ド◯◯ドのコーヒーマドラーを使います。マドラーを少し溶かし、ポリプロピレンと練りこみながら、接着面を盛り上げるように強化していきます。◯◯ド◯◯ドさん、目的外使用でごめんなさい。


溶着した足はこんな感じ。


どうです。うまくいったでしょう。

さあ、元気に歩いて、吠えて、子供たちを喜ばせてね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ゆるいピニオンギヤの修理(... | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。