横浜港北おもちゃ病院の活動記録

ドクターの一人であるYoshi61が代表して記録しています

タッピングビスを使った折れたプラ部品の修理(ピタゴラスイッチ)

2017-03-21 11:20:54 | ノウハウ集
小机でのおもちゃ病院記録です。

この日は、午前中にポツポツと修理依頼人が来ました。一人が複数を持ち込んだため、ドクター全員で取りかかりましたが、午後は引き取りだけでした。

その中の一つがピタゴラスイッチです。


最後にボールが転がり込むと、旗が揚がり、音楽が鳴ります。この旗が揚がるのがかなりの勢いがあるため、旗の根元が折れてしまいました。この旗の根元は形も複雑で、強度的にもかなり必要なため接着剤では歯が立ちません。


どうやって直すか悩んでいると、あるおもちゃドクターが素晴らしい修理方法を伝授してくれました。タッピングビスを使った折れたプラ部品の修理方法です。タッピングビスとは、ネジ穴を切りながら締め込むネジで、おもちゃにはプラ用のタッピングビスがよく使われます。木工用とは形が違います。鉄鋼用には、ネジの先端にドリルの歯がついており、テックスネジと呼ばれます。


このタッピングビスの頭を切断してねじの部分だけにして、折れたところの両方にねじ込むことにより強度を持たせる補修ができます。


ねじ込んだところで旗の向きがちゃんとなるように、調整するのに何度がねじ込んだり外してねじ込みの調整をしたりして完成です。


このように折れた場所を接続するには、いろいろな方法が有りドクターの独特の感性により思いもよらない方法で直しちゃう人がいます。おもちゃドクターは、皆さん色々なノウハウを持っていてとっても面白いです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タクトスイッチの故障 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。