けんせい通信

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

通院治療。大川のヤギ達。「誤解招いた」ホントに誤解?。受動喫煙ゼロ・がん計画に目標明記を。

2017年07月15日 14時40分08秒 | けんせいの町歩き
  通院治療

 3日間の通院治療が今日最後となりました。土曜日でも外来通院の治療をしてくれるので助かります。今日は主治医の診察が有りませんでしたが、直接抗がん剤投与の部屋へ行き、約30分程薬局からの抗がん剤の処方待ちで、届くのをベットで待機です。

 薬が届いてから氏名・生年月日の確認、投与される抗がん剤の確認(4種類)を終えてから、医師が点滴用注射針を腕の血管にセットをしますが、血管も長年打っていますと打つところが少なくなり、今日は打ち直しで2回目で注射針がセットされました。

 3時間の抗がん剤投与は長く感じ、トイレに行きたくなりそうで苦行です。暫くは副作用が出てきて次回の通院日まで体がギシギシと痛みますが、なれと言うのか・あきらめと言うのか、元気であった自分の体を忘れてしまった錯覚をします



 大川のヤギ達

  暑くなりますと、ヤギ達は昭南橋下で海からの涼しい風の通り道をよく知っていますので、同じ場所に座り込んで休憩をしています

  

  ヤギ達の群れの中へ怪我をしているカラスも仲良く涼んでいました。飛ぶことはできませんが、生きるために河原で捕食をして何とか生長得ているようです。ヤギ達も馴れてカラスが近づいても動揺することなく優しく対応していました

  

 昭南橋上から学童指導の貴志さんが、野菜をやってくれています。ヤギ達も貴志さんが来る時間帯を学習していますので、毎日、橋の下で待っています。貴志さん何時も有難うございます、ヤギに代わり御礼を申し上げます


  「誤解招いた」ホントに誤解

   

   

   政治家の言葉は一般人とは比べものにならないほど重い」自分の思いや考えを言葉で訴え、有権者を説得したりするのが重要な仕事であり、それがうまくできないのは政治家として実力不足。

 それなのに、謝るどころか、「誤解」だと言って聞き手のせいにしてしまう。要するに有権者は盛大にバカにされているのです



  受動喫煙ゼロ・がん計画に目標明記を

  

  ">「第3期がん対策推進基本計画」をつくる作業が、大詰めで難航している。厚生省が取り組んでいた、受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案の国会提出が、自民党側の反対で先送りに。その影響で第3期基本計画での目標も宙に浮いた状態になっている。

 私もヘビースモーカーでしたが、娘が生まれて即禁煙をして、今回の持病で完全禁煙をしています。公的医療保険を使った禁煙治療も現に行われている。

 禁煙に挑戦する人を支える仕組みの整備も忘れない様にして頂きたい。本来、国はタバコの販売を禁止するぐらいの決断をするべきで、たばこ税の欲を出し、国民の健康を甘く考えているんかいな・・・?、自民党側の反対で先送りとはどういうこっちゃ、内輪でもめてんやろうな~~~。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 持病の通院治療。大川のヤギ達。 | トップ | 大川のヤギ達。島の未来へあ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

けんせいの町歩き」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。