けんせい通信

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

大川のヤギ達。島の未来へある物を磨く。健康診断で児童の抜歯「不適切」。カラスの賢さ4歳以上。

2017年07月17日 14時22分43秒 | けんせいの町歩き
  大川のヤギ達

 ヤギ達は毎日の暑さ対策に、河原の涼しい場所を選んで生活をしています。早朝は水が流れて、海からの涼しい風の通り道の冷たいコンクリートで休んでいます


  

  

  トタン屋根のヤギ小屋で休むより、涼しい河原が気持ちが良いのでしょう

 
 島の未来へある物を磨く

  

  

  島根県海士町。隠岐諸島にある人口約2300人の小さな町だ。同町の人口は1950年の約7000人から右肩下がりに減少。税収は細り、地方債の残高は01年度末に町予算の約2,5倍の約102億円に達した。財政再建団体への転落が目前だった。

 「ないものはない。ならばある物を磨く。このままでは島の持続性はない」。02年に町長に就任した山内氏は、大胆な行財政改革を始めた



  検診で児童の抜歯「不適切」。

  

 私らの時代は検診が有りませんでしたが、記憶にあるのは歯がぐらついて気持ちが悪かったが、自然に抜け落ちて親に歯が抜けた事を告げると「抜けた歯を屋根に放り投げると新しい歯が生えてくるよ。」と言われたことを覚えています。

 自然に抜け落ちる歯を無理やり抜歯する必要が無いと思いますが、医学的根拠があるんでしょうかね・
・・?。




  カラスの賢さ4歳児以上

  

  カラスは賢いと分かっていましたが、発表された論文のようにカラスの賢さを再認識しました
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 通院治療。大川のヤギ達。「... | トップ | 大川のヤギ達。エスカレータ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。