けんせい通信

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

大川のヤギ達。ゆめの森公園視察。熊取町の公共交通バス。

2016年10月15日 17時02分03秒 | けんせいの町歩き
  大川のヤギ達

 早朝からの草刈り作業のヤギ達。


  

  

  午前6時前に、大川の河原で草刈り作業が終わり、昭南橋下のコンクリートブロックの上で休憩中です。  
 

  ゆめの森公園視察

  

  

  

  

  昨日、熊取・田尻町・岬町、3町の泉南郡監査委員連絡会・意見交換会に参加しました。意見交換会の後、熊取町内施設を見学。(永楽ゆめの森・熊取図書館、)

  

 町としての図書館は立派な施設で、維持管理費についてかなりの予算組をされていると思います

  ゆめの森は近隣市町村から家族連れで訪れて人気のある公園です。

  平成27年11月21日にオープンしました。事業費は4億7千7百万円、国からの交付金が2億百万円、公園の管理は3名のアルバイトの方が従事しており、正規職員はおりません


 
 熊取町の公共交通バス

  

  

  南海ウイングバス会社が、熊取町内を「ひまわりバス」2台で運行して、住民の移動手段にサービスをしています。職員さんにお聞きしましたら1台5千万円、2台で年間1億円でバス会社に運行委託をしているようです。

 バスは中型車で、車内にはつり革があり、かなりの乗客が乗れて積み残しが無いようです。岬町は年間5千2百万円で有田交通に運行委託して走って頂いていますが、バスが小さく車内にはつり革がなく、時々積み残しがあり住民からの苦情があります。

 以前は岡山県に本社があるバス会社が岬町から運行委託を受けて走っていましたが、料金の問題で契約途中撤退されました。このバス会社の車両は中型バスで車内にはつり革があり、積み残し問題がありませんでした。

 現在、小さなバスで暫定運行をして検証しているようですが、小さなバスでは積み残し問題の解消は難しいと思います。できれば基本路線だけでも、以前と同じ車内につり革を備えた中型バスを運行すべきと思う


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大川のヤギ達。農作業。ラグ... | トップ | 大川のヤギ達。ヨーグルト・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。