風は南から

スペインと花と音楽とそれから写真と俳句

書きとめる

2017-01-30 11:50:18 | 日記

新聞とか雑誌とか 切り抜けるものは切り抜いて 保存。

最初は きちんと整理してノートに貼っていたけど

最近は もう雑に残してる。最初だけ読んで 後は いつか読むために 保存。

切り抜けないのは 書きとめていたけど これも最近は 出来なくなった。

パソコンで いろんなブログを読んで 気になる言葉があると メモしてたけど

少しでも長くなると 困る!!後で ではなく 「きちんと最初から読んでおく」 をやってるけど

言葉が覚えられなくなった。まあ すこしでも残ってるなら 良しとしなければ!!

「空は何色であったか」 最近この言葉を思い出す。誰の詩だったか ネットで見ても分らない。

書きとめているノートを  ひっくり返して探して やっとわかった。

不条理だなあと思うとき この言葉を思う。 

  きみはたぶん  これしきのことで 帰りみちに  死ぬことはなかった (富岡多恵子)

すじ雲  1月18日 17:09

  

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冬鳥 | トップ | 故郷は »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。