猫親父のちょっとそこまで

野山で見てきた花の写真や、日々の行動記録です。

夏椿(ナツツバキ)

2017年07月06日 | ノンカテゴリ

雨上がりの林縁で夏椿が咲いていました。

別名を沙羅樹(サラノキ)と言って、仏教の聖樹である沙羅双樹に擬せられてついたと言われてます。

実際の夏椿の花は、朝開いて夕方に花が落ちてしまう一日花です。

ツバキ科ナツツバキ属 (茶花としても利用されてる)

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安曇野 | トップ | 田圃アート »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
沙羅双樹さらそうじゅの花の色 (毎日日曜大工)
2017-07-06 22:46:32
盛者必衰の理をあらわすんですね。
朝開いて夕方に花が落ちてしまう一日花なんですか~。
 (biho)
2017-07-06 22:47:32
このお花、見かけたことがありますけど、夏椿っていうんですね。沙羅樹っていう名前もかっこいいですね。
赤い椿と違い、涼しそう。
夏椿 (猫親父)
2017-07-06 22:57:26
毎日日曜大工さん
日本では沙羅双樹のように言われてますが、実際の沙羅双樹とは全然違うそうです。
(日本で沙羅双樹が見れるのは一か所だけ)
一日花の儚さが、好まれたんでしょうね。

bihoさん
茶花としても使われてますが、此の辺りでは一般的ではないかも知れませんね。
こんばんは (やいま)
2017-07-06 23:28:23
ほお~冬に普通に見る椿と
ちょっと雰囲気が違いますね。
一日で散るなんて残念ですね。
赤もあるんですか?
白のほうが涼しげですけどね(*^^*)
夏つばき (むぎ)
2017-07-06 23:31:11
一日で落ちちゃうんですか。
もったいない気もしますが、沢山のつぼみが控えてるんですね。
猫親父さんへ  (温泉ドラえもん)
2017-07-07 13:58:19
 夏椿が咲いている露天風呂に浸かったことがありますが、風情があって良かったですよ。
勿体無い (ルパン)
2017-07-07 17:51:00
1日、限定ですか、
数日、咲いていればいいのに
白い葉っぱが絹のようにも見えますね。
沙羅さ樹 (快談爺)
2017-07-07 19:09:19
純白な花に雫が、風情が有りますね、一日花、とは儚い
命ですね、夏椿。
きれい (Mota)
2017-07-07 21:09:18
夏椿の花がきれいですねえ。
実は、家を建て替えた時、庭に夏椿を1本植えたのですが花が咲く前に枯れてしまいました。
こういう花が咲くんですね。
夏椿 (猫親父)
2017-07-07 21:55:36
やいまさん
冬に見る椿とはチョット違って、一日で花が落ちてしまいます。
赤色の花は見たことが有りません。

むぎさん
一日花なので、次から次へと咲いてきて、花弁ごと落ちちゃいます。

温泉ドラえもんさん
夏椿の咲いてる露天風呂ですか、風情があったでしょうね。

ルパンさん
昔の人には、一日限定の儚さが好まれたんでしょうね。

快談爺さん
源氏物語でも、一日だけの儚さが好まれた理由でしょうね。

モタさん
それは残念でしたね。
多少なりとも寒冷地の方が適してるんでしょうね。

コメントを投稿

ノンカテゴリ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。