淡彩スケッチ ひとりあそび

  へたはへたなりに 楽しんでいます    ( by satoyama )
  

伽耶院 多宝塔 (兵庫県三木市)   [763]

2017-07-26 00:48:40 | 淡彩スケッチ
         
   
                 水彩  F4

             毎年秋、山伏姿の修験者が近畿一円より集まり、採燈大護摩を焚き、
          ホラの音が響きわたる。
           
           寺伝では645年の開基。平安時代には隆盛を極めていたが、羽柴
          秀吉の三木城攻めの際に全山消失したという。
           その後の復興により、この多宝塔も1647年に再興された。
           国重文である。

           子供が小学生の頃に来た時には、門前を流れる小川に降りて、川床の
          石を起こすと、サワガニが何匹も現れて、子達は夢中になって、手づ
          かみしていた。
           今は整備されていて、その気配は無くなっている。

           暑をさけて、境内の大樹の元でスケッチした。
           横に立つ立札には、「入山料、草引き10本」とあった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

店頭の賑わい   [762]

2017-07-22 10:46:17 | 油絵
           

                     油絵  F 10

             久しぶりに油絵を。
           ターミナルの商業コーナーの一角。
           コーヒー豆の販売をメインにしていて、時には無料サービスで味見を
          させてくれている。
           ほとんど写真に頼ったけれど、それでも何度か通った。
           その都度、店頭の積み上げは変わり、活気があった。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

街の主役   [760]

2017-07-13 20:11:12 | 淡彩スケッチ
          
                  街の主役   水彩 F6

             商店街の入り口にデンと構えているが、今はその役を降りたかに見える。
           隣には屋台倉もあり、周辺での役割は大きかったことだろう。
           街の顔としていつまでも頑張っていてほしいと思う。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

あじさい   [759]

2017-07-12 00:14:34 | 水彩画
              
                     あじさい  F6

              古い仲間たちが出展を誘ってくれた作品展に、この半年、例会には一度も
             参加していなかったのに、好意に甘えてノコノコと出しに行ってきた。
              飾り付けに2時間近くかかったが、久しぶりに見る仲間の作品が、広い
             会場によく映えていた。
              会費が余ってきたのでと、幹事が用意してくれていた弁当をみんなで食べた後、
             折角だからと続いて2時間ほどアジサイを囲んで描いた。

              話も盛り上がって、楽しい集いになった。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

峠の茶屋   [758]

2017-07-04 14:37:26 | 淡彩スケッチ
            
                峠の茶屋 「一軒家」    
                           水彩  F6
                10年くらい前から、通りがかりに何度か立ち寄っている。
              わらびもちを添えた蕎麦がメインのようだ。
              今回は一年振りだったが、屋根がきれいに葺き替えられていた。

              人家も途絶えた、カーブの多い坂道。
              それも、建物は道路から少し奥まったところに建ち、看板も目立たない。
              知っていても、気を付けなければ通り過ごすこともある。
              元はどなたかの別宅としてでも使われていたのではと思われる。

              建物周辺の傾斜を利用した外部空間は、憩いの場として開放してくれて
             いるから、今までにも何度かスケッチをさせてもらっている。


       
                
             
                 アジサイのこと 
 
               5、6年前に、裏六甲を通っていて、濃いブルーのアジサイ花に気が付いた。
               車を止めて、その家のひとから、挿し木をするためにと貰って帰ったことが
              あった。
               しかし、その後、咲く花の色は期待に沿うものではなかった。


               やはり土が違えば仕方のないことかとあきらめていたが、今年、やっと見事な
              「六甲ブルー」を披露してくれた。

         
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

梅ヶ枝湯(兵庫県高砂市)

2017-06-24 00:07:18 | 水彩画
         
               「梅ヶ枝湯」  水彩 F6

            昭和8年開業の町なかの銭湯。
          玄関側はなんの変てつもない、前を通っても見落しそうな、そうでなくとも
         時間外なら退役かと思いそうな造りであるが、スケッチをした裏側にまわると、
         嬉しくなるような魅力的な姿を見せてくれている。
          増築、改造を繰り返してきた姿の中に、煉瓦を使った煙突がひときわ目を
         引きつける。
          今もこの煙突を使って、薪を焚いて湯を沸かしているそうである。

          持ち合わせの6号用紙ではあまりにも小さすぎた。
          もっと大きな用紙に、のびのびと描き直したい。

          この地、堀川には、藍屋町、農人町、鍛冶屋町、細工町、船頭町、材木町、
         魚町、猟師町などの町名が隣り合って残っており、謡曲「高砂」ゆかりの高砂神社 
         もあって、江戸時代の都市計画のなごりらしいものがあちこちに残っていた。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

高千穂峡へ

2017-06-13 00:07:11 | 淡彩スケッチ
          
              (宮崎)高千穂峡  F3

          
              (宮崎日向)馬ヶ背 F3

          2泊3日の宮崎県 日向岬の馬ヶ背、天岩戸神社、高千穂峡をめぐる
         ツア―に参加してきた。
          大層な構えであるけれど、往、復とも夜行のフエリーの船上泊で、その間に
         挟まれた昼間一日を利用するだけのものである。

          神戸からのものでありながら、正味一日を使うだけ、費用も1万円前後。
          私向きのものであった。

          馬ヶ背は、日向岬の突端、幅細くなった部分が柱状節理による70mもの
         断崖絶壁になっていて、その姿から名づけられたという。

          天岩戸神社への道筋、深い深い山と山の重なりとそのなかに点在する民家を
         遠くに眺めたり、神社から天岩戸と言われている洞窟を眺めているうち、
         記紀の神話か、史実なのかと、混沌としてきた。
          まさにパワースポットである。
          不思議な体験であった。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

法起寺へ   [755]

2017-04-29 22:11:08 | 淡彩スケッチ
         
              法起寺三重塔  田圃の畔から   F4

         
              法起寺三重塔を伝説の古池[菩提池」より見下ろして描く  F4


           法輪寺周辺でのスケッチの後、法起寺へも廻った。
         5、600mほどの道は、以前は無舗装の農道のようなものであって、
        道中には視界を遮るものはなかったから、塔を眺めながら近づいて行った
        ことが懐かしい。

         法起寺の日本最古の三重塔(国宝)を田圃の中の畔に腰を下ろして描いた。
         背後の緩やかな斜面に広がる30軒足らずの集落の中に、1300年もの昔、
        この塔が生まれた頃の人たちの子孫がまだ居るのだろうかと、ぼんやりとした
        想いがながれた。

         夕暮も近く、疲れ切っていたが、地域のコミュニテイバスを待つ50分ほど
        の間に、近くの伝説の古池「菩薩池」の前から、塔を見下ろしてもう一枚ラフ
        スケッチをした。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

斑鳩 法輪寺   [754]

2017-04-27 18:45:47 | 淡彩スケッチ
          
                 
                 法輪寺 三重塔  水彩  F4

          

                 屋根越しにみる三重塔   F4

          

                 法輪寺土塀    F4

             今年も奈良・斑鳩へ行ってきた。

          JRの法隆寺駅から法隆寺への道を初めて歩いたのは小学6年生の時であった。
          新卒20歳の女先生が、初めて担当したクラスの生徒だった自分を連れて
         行ってくれたのである。
          法隆寺五重塔や中宮寺の弥勒菩薩像に初めて接しての驚きは、田舎育ちの
         子供にとっては大きかった。

          3時間もかかる法隆寺まで、自分一人だけを連れて行ってくれた先生の意図は
         分からないけれど、仏像彫刻や建築史への興味を深めることにつながった。

          この度は、その中宮寺の門前を素通りして、その先の法輪寺と法起寺へと歩を
         進めた。

          法輪寺の三重塔は、この後に訪れた法起寺の国宝三重塔と同じ飛鳥様式のもの
         であったけれど、昭和19年に落雷のため、惜しいことに消失し、幸田文さん
         たちの助力などを受けて昭和50年に再建されたもので、いわゆる飛鳥様式に
         そってきっちりと復元されている。

          また、この寺に残る木造虚空蔵菩薩立像は、自分の最も好きな仏像で、いつ訪れ
         ても優しく迎えてくれる。

          辛い思いを持っていても、そんなことは、わたしはずうっと見てきていますよと
         諭してくれる。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

さくら並木    [753]

2017-04-14 15:36:55 | 淡彩スケッチ
         
              さくら並木   F3

             家を出て5,6分ほど歩くと桜並木の続く堤防に出る。
          散歩というか、ウオーキングといえるか、時間が有って気が向いた時に
         歩くコースである。
          堤防沿いの畑では花卉栽培が盛んで、夏は夜の明ける前から農家の
         人たちは作業をしている。
          このそばを、貧乏人の私ごときが、のんびり歩くのは気が少々気が引ける
         のである。

          桜花を近くから描くのは手に負えないから、この並木を遠くから描いたが、
         何がポイントか分からぬ、しまりのないものになってしまった。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

平福 (宿場)    [752]

2017-04-04 20:43:45 | 淡彩スケッチ
       
             川端土蔵群    F4

       
             日本稲田100選   2013年 撮影

       
             陰陽道のライバル 阿倍晴明、芦屋道満の塚   2013年撮影

           平福(宿場)
         姫路と鳥取をつなぐ旧因幡街道沿いにある。(この地域では国道373号)
         鳥取藩の参勤交代の宿場町として、智頭宿、大原宿などと共に栄えていた。
         宮本武蔵初決闘の地をはじめ、小さな町の内に往時をしのぶ遺跡が残っている。
         直ぐそばを流れる作用川を船便にも生かしていたという。
         近在には、日本稲田100選のひとつ大木谷や、平安時代に活躍した陰陽道の
        ライバル 阿倍晴明、芦屋道満の塚もある。

         豪雨による水害で被害を受けていた川端も、きれいに修復されていた。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

電車乗り放題券   [751]

2017-04-01 00:49:57 | 淡彩スケッチ
          
               西鈴蘭台駅(神戸電鉄)  F4
 
          
               西鈴蘭台駅周辺    F4 

 
              最近は市街地へ出るのにバスを利用するようになっているが、神戸電鉄の
          沿線に住んでいるので、一日乗り放題券10枚綴りチケット(3500円)を
          持っていて、何の目的も無しに利用することがある。

           この日も、以前2年ほどアパート暮らしをしていたことのある西鈴蘭台駅
          周辺をふらついてきた。

           掲載のものはその時のスケッチである。
           日中の駅は閑散としていて、電車待ちに描きはじめたが、結局乗り遅れる
          ことになってしまった。

           この後、三田へも行った。
         
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

藍那八王子宮 農村歌舞伎舞台   [750]

2017-03-25 21:16:47 | 淡彩スケッチ
         
            藍那八王子宮 農村歌舞伎舞台   F6

         
            現況写真
         
            現況写真


           神戸市北区に現存する農村歌舞伎舞台のうち、著名なもの5件を見学して回ろうと
          計画して、今回のものが4番目になる。

           八王子宮の境内に建ち、藍那里づくり協議会の手による説明板には
          「明治初年に建立された間口7.9m、奥行き5mの入母屋造茅葺の
          舞台である。藍那には本舞台の他に厳島神社と釈迦堂に農村歌舞伎舞台が
          あったが、厳島神社の歌舞伎舞台は廃絶、釈迦堂の舞台も昭和40年の台風
          23号により茅葺の屋根を飛ばされてしまったため、、今現在も昔の形を
          残すのはこの舞台のみである。」とあった。

           義経一行が鵯越えのために通過したという伝説のこの地は、山間の狭い
          地を神戸電鉄と県道が通り抜け、急峻な斜面の、勾配が少し緩んだ地に
          住戸が建っている。

           斜面に這うように建つ20戸ほどの集落の中の、そのまた高台に八王子宮は
          建っていた。
          農村歌舞伎舞台の痛みはひどく、補修、修繕だけでは手の施しようもないのが
          心配である。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

菜の花の丘

2017-03-21 00:02:03 | 淡彩スケッチ
          
               「菜の花の丘 1」   F4


          
               「菜の花の丘 2」   F4

          
          
                「雪の里」   F1

  
           神戸総合運動公園の菜の花の丘へ行ってきた。
           秋にはコスモスの丘ともなり、市民憩いの場である。
           この日は、海を臨む高台だけに肌寒かったが、遠足の幼稚園児の元気な声が
           響き渡っていた。


           5,6年前に描いた取りとめも無いスケッチが、思いがけないところに架けられて
           いるのに気が付いて、懐かしく、写真に撮って帰って来た。
           大事にされているようで嬉しかった。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

加西・横尾歴史街道   [748]

2017-03-05 22:01:38 | 淡彩スケッチ
        
               北条・横尾町家並み  淡彩  F4

        
               北条・高井家住宅

        
               北条・水田家住宅

   
         廃線問題を抱えつつも、ボランテイア女性駅長で評判の北条鉄道を利用して、終点北条町の
     横尾街道へ行ってきた。
      かっての丹波街道としての華やかさは残っていないけれど、道沿いに並ぶ建物に、この地の
     建築様式がはっきりと残っていた。

      この街並みは、兵庫県歴史的景観形成地区に指定もされ、この中に建つ高井家住宅、水田家
     住宅は国の有形文化財の指定を受けている。

      切妻、平入り。
      道に沿って庇をつけ、庇の上に明り取りの小窓をつけている。
      一階の天井裏に設けた物置や使用人の住まいに利用した空間のためのものである。(厨子二階)
      最近のものは、この部分の高さを大きくして、中二階として利用していて、様式としては
     2階建である。
      道に面した開口の格子は、格子状の引き戸、雨戸を含めて美しかった。
      通りに面した出棺出口も初めて見ることが出来た。
    
      腰を下ろしてのスケッチは寒かった。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加