里山の移ろい

写真付きで日記や趣味を書く

国家の犯罪

2017-05-17 17:03:12 | 日記

近くに娘の子供たち、中学生の二人の孫がいる。

心配していることは、いじめ!!!

仙台管内の中学校で、3人も自死した!!!

 

そんなこともあって、

孫たちが「いじめ」にあっていないか?

もう一つは、万引き等々の悪さをしていないか?

心配すれば、切りがない・・・・・

 

孫たちに会ったときは、それらのことを注意する事にしている。

孫との会話も、習い事のことや学校のこと、

部活や勉強はどうだ?

などのことを努めて話題にすることにしている。

 

いずれ、何でも話せる雰囲気を作り出すことにしている。

今のところ、何でも話してくれているように思う?

心配しているようなことは無いようだ。

ただ、何かの切っ掛けで、あるやも知れない?

 

ともあれ、反道徳的なことだけはしてほしくない。

このことは、どこの父母でもジジババであろうと、

一致しているであろう?

 

それが、この頃の新聞に、大規模国際的なハッカー攻撃のことが、

掲載されていた。

これが、国家としての行為であったとしたら、

孫たちに、どのように説明をすればいいのか?

 

いずれ、なんでもありの時代か?

しかし、これを容認するわけにもいかない?

各国が一致した、対応以外にないのだが・・・・

しかし、某国は、国連決議を尊重しない?

 

決議したことを守らない?

国によっては、右と言えば、左・・・・

左と言えば、右・・・・

 

子供のころから「約束を守るように、悪いことはしないように」、

と教えられ育った。

約束を守らなければ、信用されなくなるからだ。・・・・

 

信なくば立たず。

この言葉は、私の好きな言葉の一つである。

 

  純白のツツジに蝶が舞う

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新聞投稿とブログ | トップ | 満足 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。