里山の移ろい

写真付きで日記や趣味を書く

運命

2016-11-05 15:16:47 | 日記

誰でも、自分で思い通りにならないことがある。

と、言うより大部分そうでないかと思う。

あの大震災で、想像絶する被害を受けた場所を尋ねて、そのことを実感するのである。

大川小の子供たちも、学校であのようなことで死ぬとは、だれも思わなかったのではないか?

10歳前後で、この世に分かれあの世に住むことになるとは…

古希も過ぎ、自分の来し方を振り返ってみると、自分で思い通りになったことはあったのか?

無いように思うのである。

生まれた場所、自分の親も決して自分で選べた訳てはない。

ケッコンはどうか?

確かに、相手を選んだのは自分の意志であるが、

これもそのような出会いをセットしたのは・・・・と考えて見ると、

時代やら、経済環境やら諸々あり、それらが出会いをつくってくれたということになるのではないか?

なにか、照れくさい話になってしまったが、

自分の考えで思い通り生きてきたような気でいるが、

生かされて来た、と思わざるを得ない。

親父は、70前な亡くなったが、こうしてまだ生きているのも運命なのかもしれない?

津波に出くわしたい、などと思う人は1人もいないはず。

運命を感じざるを得ない。

この答えは、私ごとき凡人では見つからない。

あるとすれば?・・・・・・

 

       南三陸・防潮堤工事風景

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 有るもの無いもの | トップ | 初氷初霜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。