里山の移ろい

写真付きで日記や趣味を書く

泰然としていた母

2017-07-23 15:09:53 | 日記

昨日は、静かな里山が俄かに賑やかになった。

今朝、上ってみると、何もなかったように、

雨に濡れたコオニユリたちも、黙して語らす。

ひっそり、たたずんでいた。

 

杉の木の根元で、セミが飛び立った、

愛犬が、老犬らしからぬ機敏な行動でセミを追う!!

まだまだ、散歩相手になりそうである。

 

    里山で、いつでもお目にかかるというものではない。

   野兎も、突然のお客に喜んで顔を出したようです。

  好ければ、また来てくなーい!!

 

今日は、母の三回忌、

早いものて、母が天国に旅立ってから「あっと」いう間であった。

時の流れは全く早い。

 

近くにいる兄と、子供たちを呼んで墓前で線香を手向けた。

103歳で旅立った母、改めて長命の秘訣を思う?

 

母は、いつも平常心でいたように思う。

怒りを表さず、笑顔を絶やさず、

それで、よくストレスがたまらないものだと?

 

凡人には計りかねるが、

生まれながらにして、われわれにないものを持っていたのであろう、

常に、泰然としていた?

母の身体、特に心の持ち方が違っていたように思う。

 

 

   蓮の花も、小雨に濡れていた。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カメラ人集う | トップ | 白鵬とアマダ― »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。