里山の移ろい

写真付きで日記や趣味を書く

高齢者の自覚

2017-03-21 18:04:56 | 日記

「高齢者」というと、最近あまり良いイメージで見られていないように思う?

その代表的なもに「交通事故を起こす常習犯」と見られている?

昨日も、高齢者の運転する車が墓参りで転落事故を起こし、一人が亡くなった。

どうも、目立ちすぎる?

高齢者には、たくさん良いところがある…・

若者には絶対ない、貴重な経験を積んでいるということ、である。

これを、生かす社会にしない手はないように思う?

いずれ、日本は高齢者社会、まっしぐらに、しかも、アクセルいっぱい踏んで、

スピードを上げて走り続けている。

カラスが鳴かない日があっても、

テレビも新聞も、高齢者に関するニュースのない日はない。

雑談していても、誰でもが、口さえ開けば「高齢化」という?

今や「高齢者」という言葉は、社会の常套句になった。

ところがである?

高齢者も、高齢化社会をどのよう生きていけばいいのか?

意識されていないように思うのは、私だけであろうか?

つまり、行動ゃ考え方が伴っていないのではないか?

高齢者は、目も耳も悪くなる、もちろん運動神経が衰える。

自動車運転も、ワンテンポ遅れる? この認識がないので無かろうか?。

高齢者としての自覚がないままの生き方をしているのである?

交通事故を起す原因が≪自覚無し≫にある?

自覚して生きていれば、交通事故も少なくなるように思う?

 

天国から、お迎いが来る齢を重ねたころに、

万々一、死亡事故などを起こしてしまう? 

最悪なシナリオで「監獄行になる」、これ以上の不幸なことはないのではないか。

 

もちろん、交通事故に限ったことではない。

集落での雑草刈りなどの共同作業。一昔前と違って、今は高齢者の集団の作業員。

それだけに、いつ諸々な事故が発生してもおかしくない?

「高齢化社会」、この言葉と行動をどう一致させるか、

そこが、問われているのではないか?。

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やま人の気分 | トップ | 美徳 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。