里山の移ろい

写真付きで日記や趣味を書く

志の低い政治家?

2017-08-09 14:43:41 | 日記

大分古い話しになる、田中角栄が日本の政治を牛耳ってっていたころ、

田中派の大幹部に、江崎真澄と言う代議士がいた。

言ってみれば、田中派の三本の指に入るという、

実力、能力ともに、まことに優れた超大物。

 

角栄の次に江崎真澄が総理、と言われたほどの人材であった。

総務大臣など数々の大臣を歴任し、

政界はもちろん各界から期待されていた。

 

今月初めに発足した安倍内閣で、沖縄北方領土大臣に就任した江崎鉄磨大臣、

江崎真澄代議士の子息である。

この大臣は、就任早々物議を醸しだし、国民をがっかりさせ、

野党から見れば、絶好の餌食的存在の大臣?

 

この内閣は何とかなりそうだ、と思っていたらこの始末。

これでは、先が思いやられる。

内外情勢を見れば、

順番で大臣にできる余裕などないのではないか?

 

いずれにしても、政治家になれる人ではなかったのでは?

言葉は悪いが、ただの銭くい虫ような人材?

 

二世議員、全てがそうだとは言わない、

が、こんなことでは二世議員は認めない、

議員の数が多すぎる等々と言いたくなる。

 

大臣をやれる自信がないなら、

だれが何と言おうと「大臣を引き受けるな」!!

国会議員になる以上は、大臣になる志ぐらいは持って当然、

そうでなければ、議員をやってはだめでないのか!!

 

と、言ってみたものの、

これが、民主国家日本の限界なのかもしれない?

 

  みずみずしい里山の木々

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新米のおにぎり | トップ | はっきりできないことも »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事