「愛戦士★さとたん」のランバト(DAMランキングバトル)日記

鬱病と闘うさとたんです。ようやく調子が上向きに。DAMのランキングバトル(ランバト)や、その他の事についても書きます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マカロの自然探訪・・・その2

2007年10月21日 23時07分25秒 | マカロのBlogjack
にほんブログ村 その他日記ブログへ





はーい!みなさんこんにちは

いよいよ今日で「マカロニアン2世」のブログジャック日記 もおしまいですよ〜今までリクエストをくれたり、コメントくれたり、見ていただけの人もありがとうございました
また「愛戦士★さとたん」のランバト日記 を気の向いた時にだけご覧ください





では、マカロ最後のブログ記事、「マカロの自然探訪・・・その2」をご覧あれ!!


まずは写真の説明ね
向かって左がわたくし『マカロニアン2世』手拭いに手提げ袋(エコバックですよ)という温泉重視の格好です
右側の『小金井の君』は一見、登山者に見えないこともないですが、リュックの中はジャンパーが入ってるくらいのもんで、雨具はおろかタオルさえありませんでした
言いだしっぺのこの男もやっぱり「山を舐めきった」装備だったんです



では、当日の説明をいたしましょう。
前日『小金井の君』による毒舌独演会を延々聞かされた私は、3時すぎの就寝となりました。
朝にはめっぽう弱いマカロニアン
『小金井の君』に起こされたのは8時くらいだったでしょうか?
前日の計画では6時出発案もあったようですが、そんなものは自動的に却下しました



ところでみなさんは尾瀬ってどんなイメージですか?

私は湿原に木道が敷設されて、そこを散策するというハイキングコース位のイメージでした。
「尾瀬国立公園」を近所の大きい公園の延長程度に思ってました。



しかし実際は、家から2時間くらいかかるし、マイカー規制が敷かれ駐車場からバスで上っていかないといけない所なんですね

さらに、バスを降りるとそこからビジターセンターまで、いきなり3.3kmの下りなんです

「意外と山道なんだねぇ」「登山道じゃ〜ん」「湿原はどこだー」
なんて言ってたんですが



10分もするとなぜか、股関節が痛い…


群馬県民は全国一のマイカー所有率を誇る騎馬民族です。
ですから普段は全然歩きませんそんな私の“ガラスの股間節”が悲鳴を上げはじめました


でもまぁ、湿原に出ますと木道は平坦ですので楽ちんです
しばらくはすれ違う人たちに挨拶したり、地元の高校生が小学生を引率する光景を微笑ましく思ったり、おにぎりをおいしくいただいたりしていました。
自然は本当に気持ちが良い。開放的な気持ちになる。あ〜感謝感謝!


しかし、2.3時間歩いたんでしょうか?少し風がではじめ、曇り空になったころ(ここで雨に降られたら…と青くなりました)、ふとあたりを見回すとどうでしょう



人が居ない…


そこではじめて地図をみて所要時間を計算する3人

その結果は・・・明らかにマズイ
このままではバスの時間に間に合わない
はい、スタートの号砲が聞こえたのはその時です
競歩がはじまりました

にもかかわらず、遠回りして吊り橋を見に行くコースを選択する3人(ゼッタイおかしい

けどまぁ、私は年上の人と一緒だと何があっても結構余裕なタイプなんで「余裕っしょ!行こう行こう!!」とノリノリだったんですけどね
『小金井の君』は、やることなすことしょぼいけど一応年上ですからね〜


(なにかあったら責任とれよ!)



そこに近づく人影二つ私たちに話しかけてきました。
「この道を行っても、バスに間に合いますかねぇ?」
ここにもいました。山を舐め切った夫婦が

しかし、この夫婦あなどれない!やたら歩くのが早い!
途中、抜きつ抜かれつのデットヒートを繰りひろげながら、ようやくビジターセンターに辿り着きました
その頃には時間的にはかなり挽回して、バスに遅れることはなさそうな時間になってました


ただ、最後3.3kmの登りはきつかった
なんせ、下ってる時点で股関節が悲鳴を上げてたんですから、登りになったら足が上がらない…


老人クラブのおばさま達を仮想ライバルに仕立て、必死に追い抜きました
駐車場に着くころには汗ビッショリのボロ雑巾みたいになっていました
でも、間に合ったし万事OKです
自然て本当にいいわ〜




尾瀬の後は「東洋のナイアガラ」と呼ばれる滝をみて、温泉に入って帰ってきました〜





そうそう。帰りの車中、私が運転する隣で遠慮のカケラもなく寝息を立てる『小金井の君』が観測されたことを最後にご報告し、筆をおきたいと存じます

本当にありがとうございました
コメント

マカロの自然探訪・・・その1

2007年10月19日 02時06分19秒 | マカロのBlogjack
にほんブログ村 その他日記ブログへ



はーい!みなさんこんにちは
マカロ先生の作品が読めるのは、このブログだけ!!

今日も「愛戦士★さとたん」のランバト日記 改め 「マカロニアン2世」のブログジャック日記 を見てみればいいじゃ〜ん





さて、何事も強制的にやらされるというのは嫌なものですが、自発的に行うことは気持ちが良かったりしますね


「自然にかえる」こともそうでございます。


強制的に自然にかえらされていた『さとたん』とは異なり、私は先日喜び勇んで尾瀬に行ってまいりました


しかし、行ったメンツが悪かった


同行者はショボイことで有名な『小金井の君』だったのですもの・・・・
あと彼の従者もあわせて3人で行きました




まず、皆さんにも言っておきますが
「山を舐めてはいかん」



まぁ、私たち3人で尾瀬に行ったわけですけども、そもそも計画性に欠けておりまして行く前からぐだぐだでした

あ、私は言ってみればゲスト参加者ですからついて行っただけで悪くないっすよ。





そうだ!時系列に沿って説明いたします

まず、私はNEETではありませんので、週中は普通に仕事があります
そんな“できる男”のもとに、東京の遊び人から電話がかかってきました
その辺の経緯は10/4のコメント欄で述べました


で、尾瀬には10/11(木)に行ったんですけどね

10/8(月)
『チェル邸戮気鵑言ってたように木曜日は雨が降りそうな気配だったので「中止になるかもしれない」と小金井の君からメールが届く。

10/9(火)
昨日のメールでは行くのか中止か「明日決めるからまた連絡する」とのことだったんですがその連絡がこない!よって、もてなす用意なんてしてない。

10/10(水)
昼過ぎ、業を煮やして『小金井の君』に連絡。どうやら明日は尾瀬行き決定らしい(連絡しろ!)
でも、それなら今晩来て、明日一緒に尾瀬に行けばよくない?明日もう一泊していけば楽じゃん?と提案。『小金井の君』承諾。

 マカロニアン→会社に連絡「明日休みます」
 小金井の君→従者に命令「これから出発するから運転ヨロシク」
 従者(22歳)→車をだす「母さん、これから行ってきまーす」
 従者の母→耳を疑う「ハァ?これからって…どんだけぇ」

すべてはこれで決まり!!
はい、みんな無計画の塊であること発覚〜





そして以前『小金井の君』に地図を送ったことは述べました(二回目)
やはりしょぼい男本領発揮
前回来た時も迷子になってたのに、また迷子になってました
「左手に県庁(を見ながら移動中)」と言う見当違いのメールが着たものの、何の用意もできていなかったので(時間稼ぎのため)放置することに決定。(なんで家に来るのに県庁の前を通るんだ?と思ってた)
それから30分後、どこをさまよったのか『小金井の君』とその従者は(自力で)ようやく到着しました。


さらに、夜は『毒舌エリート』本領発揮
酒盛り(ヱビスビール買いました)に気を良くしたのか「群馬は治外法権だ」とか訳のわからん理屈で地元の愚痴を吐きまくりでした

東京って怖いところなんですね

え?どんな愚痴だったかって?
それはオフレコです


その後も『小金井の君』の「毒舌独演会」はとどまることを知らず、時計の針は深夜2時を回っておりました

あれ?明日何時に出るんでしたっけ?
6時に出発とか絶対無理ですからね!

そして私は風呂に入って寝ました



(つづく)

あ、写真は酔いつぶれた?『小金井の君』とプリティポーズのマカロです






『さとたん』の通信回線が復旧いたしました。さとたんブログが再開する日もそう遠くはないでしょう
「マカロニアン2世のブログジャック日記供廚眤進、あと1回か2回でおしまいですよ〜
コメント

マカロの初恋

2007年10月18日 19時09分39秒 | マカロのBlogjack
にほんブログ村 その他日記ブログへ





は〜い今日も「愛戦士★さとたん」のランバト日記 改め 「マカロニアン2世」のブログジャック日記 をご覧いただいておりま〜す
が、もうすぐ『さとたん』が帰ってきますよ〜
でも、あとちょっと私にお付き合いくださいね





え〜、コメント欄においてわたくしマカロニアン2世が色男なのではないか?という話題が出ましたが、残念ながらそんなことはございません

確かに、過去に「マダムキラー」(笑)の異名をとったことはありましたが、年は取りたくないもの…近頃、劣化がひどいです


それでは最近の心情を、H2Oの「思い出がいっぱい」のメロディーにのせてご唱和ください

オヤジの階段の〜ぼ〜る   僕はいま、オジンデレラさ(語呂が悪い)
幸せな人を見ていると〜   醜いねたみを感じてるね〜
年をとったら疲れとか〜     足腰にくるのさ〜


ま、そんな悲しい話はやめにして、恋のお話をしましょうか



世間では誰でも人生に3度のモテ期(モテる時期)があると言いますが、私の場合第1モテ期は幼稚園児の時にやってまいりました


失踪事件の1ヵ月後、悲しい事情により公営団地へと引っ越しをしたマカロ一家
3歳児はそこで1年ほどプラプラしていましたが、年が明けると幼稚園に行くように入園手続きが取られました


マカロ4歳の春。それは人生の春でもありました


幼少時は「キューピーちゃんみたい」と形容された私にとって、幼稚園は花の園でした



そう、いきなりモテ期の絶頂に突入したのです



マカロを囲む女子園児
「マーちゃん一緒にあそぼ」「だめー、マーちゃんはあたしと遊ぶのー」と文字通り奪い合いです

その中でも梅子ちゃんの熱狂ぶりは凄まじく、度重なるほっぺにチュー攻撃には閉口したものです
そこで私が梅子ちゃんに恋心を抱けば万事OKだったんですけどねぇ…
梅子ちゃんは元気で明るいモンチッチのような子でしたが、あまりの積極性に私は引いてしまいました

そんな環境において、そろそろ女性恐怖症になるんじゃなかろうかという頃、わたしの隣に一輪の可憐な花ほのかな香りをただよわせていたのに気付いたのです





それがマカロの初恋の人しほちゃんです

つぶらな瞳におちょぼ口、おしとやかな女の子でした

マカロに芽生える初めての感情
これはもしや恋?

ぜひともお近づきになりたい(って、おやじか!)と思ったものですが、そこは園児、お遊戯もあればお散歩もある
すぐに仲良くなっていきました


このままいけば将来は幼馴染同士で…
と、思ったかどうかはさておき、卒園と同時にマカロ3度目のお引っ越し(あ〜れ〜)





その後、しほちゃんとは一度もお会いしておりません
て、いうか消息も知りません

ま、初恋なんてこんなもんじゃないですかねぇ?




以上、記憶の底から無理やり掘り起こしたマカロの初恋物語でした〜





そんなことより私の第2モテ期いつくるのですか?






追記:
マカロの思い出話において失踪したのは今くらいの時期と記載しましたが、確認したところ3月の出来事であったことが判明いたしました。マカロは当時3歳と8ヵ月でありました。
さらに、実際にはデパートを出たあたりで「捨てられた〜」と泣いていたようです。潤う潤う
まぁ、半フィクションの話ですから訂正することもないんですが、一応ご報告まで


コメント

マカロの思い出話・・・その2

2007年10月17日 20時29分17秒 | マカロのBlogjack
にほんブログ村 その他日記ブログへ


はーい!みなさんこんにちは
最近寒くなってまいりましたがお元気?私は寒いの大嫌い!


今日も「愛戦士★さとたん」のランバト日記 改め 「マカロニアン2世」のブログジャック日記 をご覧いただきますよ〜



今週はマカロニアン2世のハートフルストーリーをハンフィクションでお送り致しております(ノンフィクションではないの)


それでは
『マカロとアニーと円い月〜僕らの進むべき道は〜
を、引き続きお楽しみください。

前回あらすじ
楽しいはずのおでかけが悪夢の展開に!
デパートに置き去りにされた幼き兄弟(マカロ3歳・アニー5歳)
不安に張り裂けそうな胸を抱え、二人が次にとった行動とは?



第2話「僕は泣かない」




さて、幼くして親に捨てられた二人はこれからどうするのでしょう。
いつまでも駐車場に立ち尽くしていても仕方ありません。
そこで二人が出した結論は・・・


二人「おうちにかえろう!」



しかし、歩き出したものの、すでに辺りは暗くなってきています。
しかも、車で来たくらいだから、家までの距離は結構あるはずです。
さらに、家がどっちにあるのかもわかりません。

マカロ「さっそくで悪ぃんだけど疲れたー。もう一歩も動けねぇ」
アニー「(まだ全然歩いてないだろ!)しょうがないなー、じゃぁ今日はここで寝よう」

はい。マカロ3歳にして初野宿決定

当時はデパート周辺でも空地とか野原とかいっぱいあったんですね。


初野宿にビビるかと思いきや
マカロ「(ま、お兄ちゃんいるしなんとかなるだろう)」
甘えん坊気質というか他力本願気質全開です
リーダーシップとか全然欲しくありません

で、土手を上がったところのちょっとしたくぼみに寝ることにしました。
しかし、根っこがあたって痛い。眠れない。
一方、アニーの寝てるところは寝心地良さそう。

マカロ「アニー、場所変わって」
アニー「(なんでだよ!)しょうがないなー、こっちで寝な」

快適な寝床を手に入れたマカロは、さらに体を動かして良いポジションを探したり、藁を敷いてみたり、いい気なもんです。
(ハッ!思えば寝床に対する執着はこの頃からあったのか!!)


見上げれば円い月があたりを照らし、悲壮感はないもののちょっぴり不安なお年頃。

マカロ「お月さん、僕泣かないよ」
一方
アニーzzz寝るのはぇーよ

月明かりの下マカロは考えます
「明日はどうしようか」「家には帰れるだろうか」「神は本当にいるのだろうか」(嘘)
そして、考えることにも疲れたマカロは、深い眠りに落ちていくのでした。







明けて次の日

家を目指して(目指すべき方向も知らないけど)出発です。


アニー「家はどっちかなぁ?」
マカロ「んー、こっちに違いねぇ」(適当)


こうして、いつ終わるともしれない二人の旅が始まったのです。









と、思ったのも束の間
向かってくる車の中に見かけた顔が!!!


アニー「あれ?あの車、りこ姉ちゃん(仮名)じゃね?」
マカロ「ホントだ。おーーーい!助けてくれ〜ぃ!!!」




旅の終わりはあっけないものでした
行方不明の甥っ子を探しに車を走らせる『りこ姉ちゃん』(当時独身)大手柄!
無事、家に帰ることができました。


気が抜けたのか、その後の記憶はあまりありません。


置いて行かれたと思ったのは勘違いだったみたい。車も駐車場にあったんですって。
まぁ、ガキんちょの僕らは駐車した場所なんて覚えてないもんね〜
いつもの場所に子供たちがいないことを知った両親はパニックだったそうで、警察から親族、職場の方々まで捜索活動を始めたところでした。
僕たち、いらない子じゃなかったんだね。良かった、良かった。




今や当時の親より年上になっている私ですが、二人の息子が消息不明になるとはどんな気持ちであっただろうか。と、ふと考えたり考えなかったり・・・
まぁ、あんまり考えませんけどね





そうそう、誘拐であることも想定して、家の電話には逆探知機もセットされていたそうですよー(一般庶民の子を誘拐しても身代金なんて取れないだろ)


そんなマカロの淡い思い出

                                   (完)
2話で完結とは・・・
コメント

マカロの思い出話・・・その1

2007年10月15日 09時23分11秒 | マカロのBlogjack
にほんブログ村 その他日記ブログへ



はーい!みなさんこんにちは
元気にしてる?電気止められてない?


今日も「愛戦士★さとたん」のランバト日記 改め 「マカロニアン2世」のブログジャック日記 の時間ですよ〜



さて、早速『みぃちゃん』よりリクエストをいただきました
ありがたいねぇ
書くよ張り切ってガキんちょの頃の思い出話を書くよ



が、その前に皆さんに兄弟はいますか?

一般的に言って甘えん坊は弟・妹に多いと思いますが、甘えん坊副将軍のわたしも弟であります

しかし、一人っ子の場合はどうなんですかね?ワガママ?おっとり?

人それぞれでしょ。ってのは無しで


人格形成の過程において兄弟の存在(が与える影響)は大きいと思うんですけど、どうでしょう?

求ム!コメント!!




で、私の場合、男三人兄弟の真ん中、だんご三兄弟で言うところの「自分が一番次男次男なのですが、これが結構当たってる

まぁ、弟とは10歳も年が離れているので、末っ子気質が強く、お兄さん的やさしさはちょっぴり足りないのかもしれません





ではそろそろ、わたしが二人兄弟の末っ子で純粋に甘えん坊だった頃のお話を始めましょう



マカロニアン2世のハートフルストーリー。
ハンフィクションでお送り致します(ノンフィクションではないの)




題して
『マカロとアニーと円い月〜僕らの進むべき道は〜


これはマカロ3歳・兄(アニー)5歳、日本全体が大らかな雰囲気と経済成長の活気に包まれていた頃のお話


時期としたら今くらいでしょうか。
その日、マカロは両親と兄(アニー)とでデパートに行きました。
両親が買い物をしている間、マカロはアニーと子ども用TVコーナー(?)でアニメを見ていました。
マジ○ガーZの「パイルダー・オン!」に目を輝かせ、○ビルマンとともに「○ビーーーッル!」と叫ぶひと時は子供心に幸福を感じたものです。



しかし、楽しいひと時にも終わりがやってきます。
と、言ってもアニメが終わっただけですけど。


でも、見るものがないと急に退屈になりますね。
特に子供はただ待つということが苦手じゃない?


それでも一人じゃないから、しばらくはアニーと楽しく両親を待っていましたよ。
「もうすぐ来るよね」な〜んて言いながら。



そして時間は過ぎていきます。
マカロ「けど、いくらなんでも遅くね?」
アニー「アハ〜ン?俺ら捨てられたってか!?」
 ・
 ・
 ・
二人「…ま、まさかねー
と、一抹の不安が二人の胸をよぎるも、テンション上げて強がります。



が、こない。お父さんとお母さんが迎えに来ないの。



「この場所から動いちゃダメよ」って言われてたからずっと待ってたの。
けど、そばに両親がいるんだっていうしるしみたいのがあれば安心できると思ったの。
だから、確認のためにちょっと駐車場に行ってみたの…。


そしたらね・・・








ないの!

車がなーーーいのよっっっ!!!





「これは完全にやられた」と思いました



マカロ「僕たちを忘れて帰ってしまったの?」「僕たちはいらない子なの?」
アニー「やっべ!マジはんぱねぇ!!」「しかも家とかどっちかわかんねぇ」





なす術もなく駐車場に立ち尽くす二つの小さな影、不安に揺れる幼心。


辺りも薄暗くなりつつある夕暮れ時に、5歳児と3歳児の彼らがとった行動とは?








次回「僕は泣かない」をお楽しみに


                                    (つづく)



コメント

自己記録更新が多かった一日

2007年04月17日 13時26分07秒 | ランバト結果
  きのうランバトしてきました。今月まだ一回も歌ってない曲と初めて歌う曲を中心に歌ってきました


今月からランバトネームが「さとたん★鬱病中」から「愛戦士★さとたん」に変わっております。(ホカロさんやマカロニアンさんが、あんまりにもギャ−ツクギャ−ツクでしたから・・


  では、曲数が多すぎるので手短めにランバト結果です。


   「Secret of my heart」(倉木麻衣)・・・97.050 /7位

   「フラワー」(Kinki kids)・・・・・・・・98.441 /5位 (自己記録更新!)

   「思いがかさなるその前に」(平井 堅)・・・・・・92.584 /9位 (初登場!

   「星になれたら」(ミスチル)・・・・・・96.995 /10位

   「悲しいね」(渡辺美里)・・・・・95.727 /3位

   「いつかきっと」(渡辺美里)・・・93.754 /1位

   「センチメンタル・カンガル」・・・95.767 /1位 (自己記録更新!)

   「真夏のランナー」(倉田まり子)・・・95.944 /1位 (自己記録更新!)

   「恋をした夜は」(江口洋介)・・・93.761 /1位

   「マイ セレナーデ」(平松愛理)・・93.763 /1位

   「SAYONARA」(さよなら銀河鉄道999より)・・98.657 /1位 (自己記録更新!)

   「大切なあなた」(松田聖子)・・・94.883 /4位 (初登場!

   「会いたい」(沢田知可子)・・・95.077 /6位

   「万里の河」(チャゲ&飛鳥)・・・95.268 /2位

   「MANKEY MAGIC」(ゴダイゴ)・・・94.108 /1位 (自己記録更新!)

   「夏を待ちきれなくて」(チューブ)・・・97.593 /1位

   「OVER DRIVE」(ジュディマリ)・・・97.538 /4位

   「クラシック」(ジュディマリ)・・・・98.409 /2位 (自己記録更新!)

   「BOY MEETS GIRL」(trf)・・・・96.063 /3位

   「Crazy Gonna Crazy」(trf)・・・97.929 /1位 (自己記録更新!)

   「Survival dAnce〜no no cry more」(trf)・・95.164 /3位 (自己記録更新!)

   「空想キッス」(C−C−B)・・・97.168 /1位 (自己記録更新!)

   「口笛」(ミスチル)・・・・94.563 /18位 (初登場!

   「トワイライト・アベニュー」(スターダスト・レビュー)・・95.490 /1位 (自己記録更新!)

   「俺らの家まで」(長渕 剛)・・・93.441 /2位

   「Single is Best!?」(平松愛理)・・・96.152 /1位 (自己記録更新!)

   「もっと強く抱きしめたなら」(WANDS)・・94.337 /16位

   「ここではないどこかへ(良音)」(GLAY)・・92.848 /7位 (初登場!

   「Secret base〜君がくれたもの」(ZONE)・・94.702 /3位 (自己記録更新!)



       以上です。



総評: 今回はやけに自己新記録がたっくさんでました

まだまだ成長するきざしがみえましたね。もっと歌ったらもっと点数がでそうですよー

 今回気づいたのですが、調子のいいときは神経が研ぎ澄まされていて、かなり集中してるんです。だから、曲のイントロが流れてきても、いつも聞こえてくる音とちょっと違うんです。

   詳しく具体的に言いますと・・・ドラムの音がリズムよく耳にはいってきます。主音がよーく聞こえてきます。しかも(ここが大事なんですが)その主音とドラム音がハーモニーになっているので、リズムがとても取りやすいんです。音程にずれが少なくなるため、テンポの先走りをしにくくなるのです。不思議です。。きのうはそんな体験をしました。

ランバトしてる方は、この表現わかっていただけますでしょうか?高得点出される方はたぶんわかっていただけると思います。高得点を目指されている方は、そのまま努力を続けていかれますと、あるとき「はっ」となると思いますよ



ちょっと今日はむずかすぃーこと書いてしまいました。すんません。たぶん今月は、ランバトもう行かないと思います。

行ったとしてもあと一回かな。 


 つかれましたー
コメント   トラックバック (1)

私の夢

2007年04月01日 01時43分06秒 | Weblog
 いつの日か、東京の高級焼肉店「叙々苑」に行きたいです。たとえお金がなくても、行ってみたいのです

もう作戦はたてているのであります!


まず注文するものは、ライス 1つです。 そして、無料のタレ でおいしくいただくのであります


 ごはんに、あの有名店「叙々苑」のタレをかけて食べる!!
うーん、考えただけでもうヨダレが出てきます

 そして一杯目のごはんを食べ終わったら、大きな声で「すいません! おかわり」 といって、ご飯をおかわりするのです

周りの他の客がお肉を焼くにおいこそが、食欲をそそるのであります。

できたら、タレもおかわりしたいと思っています


 でもさとたん一人でやるのもいいけど、マカロ君一緒に叙々苑にいきませんか?あなたとなら、タレもおかわりできそうだ。


   そして会計の時には「やっぱり叙々苑は、おいしいなぁー!」 と言ってみたいです。

さとたんには、こんな壮大なスケールの夢があるのです。 ホカロさんも行きますか?





コメント (1)

さーて、4月は・・・

2007年03月30日 23時03分28秒 | Weblog

  4月度のランバトでは、さとたんは、さらに新しいお歌をドバーン!約30曲(予定)ほど参戦させようと思っております。

さとたん的考えでは、毎回おんなじお歌で高得点を狙うのでは残念な気がするんです。 それよりも幅を広げて、新しいお歌を練習することによっての、新しいリズム感 新しいピッチ(音程) にたくさん触れることで得られるものがあります。

人によっては違うけど、今さとたんには、それこそが必要なのです!リズム感、ピッチをさらに磨き上げる為にはね。

よーく耳を鍛えることなんです
そして身体にリズム感を刻み込むことなんです

音感をよくする方法・・・さとたんが捜し求めていた答え・・それがこの方法だったのです!。みっーけ。

さてさて、4月度の新曲リストをすこーし発表しましょう


    「ハナミズキ」(ヒトトヨウ)


    「大好きだよ。」(大塚 愛)


    「ら・ら・ら」(大黒 摩季)


    「浪漫飛行」(米米クラブ)


    「TIME」(B’z)


    「あこるでぃおん」(ヒトトヨウ)


    「影踏み」(ヒトトヨウ)


    「真夏のランナー」(倉田まり子)


    「風信子(ヒヤシンス)」(あやや)


    「ラブストーリーは突然に」(小田和正)


    「なごり雪」(イルカ)


    「キラキラ」(aiko)


             などなど・・・・・

でも「キラキラ」は今からCD聴いて覚えるぞーっと。


なんかいい曲ありませんか?

でもきっと最初は点数低いんでしょうねぇー。めげずに練習しますね

 
コメント   トラックバック (1)

抑揚

2007年03月26日 19時43分47秒 | Weblog

   さとたんは、おうちでたくさんの素晴らしいお歌を聴いてた時のことです。

「はっ」 なにか感じました。

「そうだ!これだ!」


歌は聴く人に語りかけるメッセージなんだと、今までは頭で理解していたのですが・・・。やっと本当の意味が少し見えてきました。だから抑揚なんだと


  ランキングバトルでのさとたんの歌い方は確かに抑揚があります。しかし、それは間違った 形だけの抑揚 だったのです。
そこにはココロが入っていないんです。だから仮にうまく歌えたとしても、決してココロには響かないんです!!


 フレーズ フレーズの抑揚? いいえ! 単語ひとつに意味があるのです。

  さとたんは、言葉の持つ力をもっとかんがえるべきだと気づかされました。 もしその歌の歌詞を自分の心からのメッセージとして伝えようとするならば・・・・・・

そう、そうなんです。答えは・・・そうなんです

今度の4月度ランバトやレコカラで練習してみますね。ちょっぴりまじめなさとたんでした

あっマカロ君ごめんね。君には難しかったよね。 チミは、「アイアイ」とか、「パタパタママ」、「ぞうさん」でも歌っときなさい 

コメント (1)

昨日はおもいっきしランバト!

2007年02月06日 08時47分34秒 | ランバト結果
    はー すっきりしたー 

そうです。行ってきました、予定どおり。歌いに歌っちゃいました。

でも点数的にはばらつきがあります。 新しいうたにもチャレンジしてみました。

さぁ、それではランバト結果発表です



   「会いたい」(沢田ちかこ)  96.605 /2位


   「フラワー」(kinki kids) 96.151 /2位
       (この歌いいよねー 元気がでるでるー

   「ふたりで半分こ」      92.512 /1位
       (この曲の一体どこで抑揚をつけたらいいのか、さっぱり

   「OVER DRIVE」(ジュディマリ)  96.418 /1位
       (前回のリベンジ曲。)

   「RADIO」(ジュディマリ)      97.214 /1位
       (前回のリベンジ成功!

   「モーニングムーン」(チャゲ&飛鳥)   92.939 /3位
       (うーん。また今度リベンジしよう)

   「Feel my soul」(YUI)  96.303 /1位
       (やった!自己記録更新です。)

   「true blue」(ZONE)    95.980 /2位


   「Face the change」(ELT) 99.018 /3位


   「Oh my love」(ZARD)   97.361 /1位
        (この曲を女の子が歌うと、男はキュンとなるかも・・)

   「冒険者たち」(Do As Infinity) 98.450 /1位


   「卒業」(斉藤由貴)     93.841 /2位
        (途中一箇所 わからないとこがあるんだよなぁー)

   「誓い」(BEGIN)    97.895 /1位
        (これは名曲 さとたんの大好きな曲です。)

   「都忘れ」(GLAY)    98.001 /1位
        (GLAYの中で3本の指にはいる程の好きな曲です。)

   「風になれ!」       97.790 /1位


   「ねがい」(B’z)    93.308 /2位
        (案外難しい曲です。)

   「Nostalgia」(浜田麻里)   94.532 /1位


   「いつかきっと」(渡辺美里)      92.101 /1位
        (あれれー 点数がでないよー。またリベンジしましょ)

   「愛 おぼえていますか」(飯島真理)  94.463 /6位
        (これもリベンジだなぁーっと。)

   「10years」(渡辺美里)     94.730 /1位


   「Believe」(渡辺美里)     96.844 /1位
        (これも名曲!! サビのとこがめっちゃかっこいいです。)

   「万里の河」(チャゲ&飛鳥)      95.343 /1位
        (この歌意外とむずかすぃー)

   「陽だまり」(村下孝蔵)       97.073 /1位


   「背番号のないエース」       95.736 /1位


   「Boy Meets Girl」(TRF)  97.410 /1位
        (なかなか難しいです、TRFって。

   「Crazy Gonna Crazy」(TRF)  96.629 /1位
        (むずいー

   「Survival dAnce〜no no cry more〜(TRF) 95.088 /1位
        (ひえぇーむずいー

   「君の素敵にハレルヤ」     93.679 1位
        (またリベンジいたします)

   「永遠のBLOODS」(kinki kids)  96.464 /2位
        (キンキの中で一番好きな曲です。ってか、これとフラワーしか知らん

   「東京ラテン系セニョリータ」(爆風スランプ)   95.300 /1位


   「草原のマルコ」      94.564 /7位
        (し、師匠 最近みあたらないと思ったら、そんなところにいらっしゃったのですか

   「MONKEY MAGIC」(ゴダイゴ)    92.614 /1位


   「Single is Best!?」(平松愛里) 94.496 /1位
        (案外、平松ファンだったりもする。でへへ・・

   「TAKING OFF」(ゴダイゴ)    95.050 /1位


   「部屋とYシャツと私」(平松愛里)     91.900 /3位
        (これはショックだった!またリベンジだ。)

   「夏を待ちきれなくて」(チューブ)     97.298 /1位


   「悲しいね」(渡辺美里)       95.603 /1位


   「想い出がいっぱい」(H2O)    96.427 /5位
        (ちょこっとだけ点数が上向き)

   「明日春がきたら」(松たかこ)    93.686 /2位
        (あれっ点数がでないよー

   「Secret of my heart」(倉木麻衣) 97.734 /1位
        (リベンジ成功)

   「Knockin’on your door」(L⇔R) 95.750 /1位


  
    以上です。

ほんとはね、「離したくはない」も歌いたかったけど、これを1曲歌うと さとたんパワー 一日分のうちの約20パーセントを使い果たしてしまうのです。おそろしいー


  でわ、しばらくねます 

コメント

今年初めてのランキングバトル

2007年01月06日 17時54分07秒 | ランバト結果
  今年初めて、友達と二人でランバトしてきました。結果は泣きそうでした

でも楽しかったです。

「いつもそこに君がいた」    94.809点/1位

「タイミング〜Timing〜」   93.936点/1位

「ピュアストーン」    98.436点/2位

「愛おぼえていますか」    94.177点/1位

「家に帰ろう(マイスウィートホーム)」   97.167点/3位

「Oh My Love(ZARD)」   94.170点/2位

「会いたい(沢田ちかこ)」   94.326点/3位

「誰よりも遠くへ」   93.817点/3位

「愛があれば大丈夫」    92.917点/1位

「永遠のBLOODS」   93.340点/2位

「フラワー」    94.939点/3位

「Crazy Gonna Crazy」   94.364点/1位

「Boy Meets Girl」    93.398点/2位

「Survival dAnce〜no no cry more〜」 94.219点/1位

「陽だまり」    95.283点/2位

「RADIO」   95.778点/1位

「Over Drive」  94.767点/1位

「コイシイヒト」  95.003点/1位

「明日、春がきたら」  95.789点/1位

「恋人はワイン色」    95.801点/1位

「僕がどんなに君を好きか 君は知らない」 93.882点/1位

「Knockin’ On Your Door」  93.034点/1位

「冒険者たち」    94.077点/4位

「悲しみよ こんにちは」  96.010点/2位

「TRUE LOVE」    95.259点/14位

「Feel my soul」  93.369点/1位

  です。  こんどはやるぞー  
コメント

去年の反省会

2007年01月01日 15時26分33秒 | Weblog
  去年の目標は達成出来なかった 一日で鬱を治すのは無理があった。 
 
 今年は実現可能な目標をたてることにしよっと。


  今年の抱負は、ランバトでたくさんの歌を気持ちを込めて歌えるようにしたいです(なおかつ点数もやっぱりきになるぅー)。 他の人はいったいどんな曲がすきなんでしょうか? 私は名曲だなぁーと思うのは以下の曲です(一部ですが・・)「いつもそこに君がいた」

「暖簾」

「涙」

「ひとときの別れ」

「クラシック」

「RADIO」

「真夏の果実」

「STAY WITH ME」

「ココロツタエ」

「Secret of my heart」

「家に帰ろう(マイ スウィート ホーム)」

  などなど・・・。

 皆さんは、どんな曲が心にじーんときますでしょうか?          
コメント (2)

今年の抱負

2006年12月31日 11時52分02秒 | Weblog
 ブログも作ったことだし、今年の抱負をかいておこうっと                              今年は鬱病を治して、名前を「さとたん★鬱完治」にしよう!
コメント

DAMランキングバトルに参加!の巻

2006年12月29日 15時27分09秒 | Weblog
 はじめてブログなるものを作ってしまいました。 パソコンの扱い方もあまりわからず、ましてキーボードの操作も人差し指オンリーでプチプチ・・と押しております。 が、好奇心旺盛の私はついつい新しいものに手をだしてしまうのです。

 さて、近頃カラオケなるものに、ランキングバトルとかいうおもしろそうなものがあるとの情報を仕入れたのであります。

 どら どらーということで、10月から本腰いれてランバトラーとなったのであります。
 
しかし、90点台〜95点台がほとんどで、たまーに96点がでたのであります。

 まわりをみますと、くまのこ軍団さんやなんとか府中組さんなどよく見るお名前が99点なんてだしているのをみると、すごいなーとおもいました。 得点アップの秘訣をさぐるべく自分なりに研究してみました。ただし、気持ちよく歌うココロだけは忘れないようにきをつけて・・(くーーー、かっこいいぜおれ)。 

 そうしたら、すこしずつ点数が上がるようになってきました。
11月に入り、どうしても96点どまりだった私が98点を出すことが出来て感動しました。おおっ  

 さらに12月に入り、ひとつだけですが、99点を始めて出せました。このときばかりはさすがにびっくり!! さとたんの旅はまだまだ続きます・・・                            
コメント (2)