サトシアキラの湾岸爆走日記(自転車でね♪)改

一言:ここは俺が引き受けるから、早くクリスマスを……!

ギルティクラウン 第05話・「訓練(a preparation)」を観て寸評

2011-11-11 19:50:06 | 舌足らずアニメ感想(放送終了もこちら)
 やはり……いのりさんの憂い顔はいい……

 第5話。
 葬儀社の内面をちょっとだけ描いて、しかしその一方で視聴者に喜ばしい画づくりを忘れないスタッフには感謝してもしきれない……でいいのか、俺という奴は!だって仕方がないじゃないか、女性パイロットはぴっちりスーツがデフォルトと分かってはいるのに、こうしてそれをきっちりと描かれてしまうとイヤでもある種のセンサーが反応してしまうのだから。ちなみにそのセンサーは起倒式です。
 基本的に集が葬儀社のメンツに受け入れられる話だけど、あのペンを使わなかったところを観ると、涯に対して複雑すぎる感情を抱いているようにみえるな。乗り越えるべき相手、単なるコンプレックスの鑑、あるいは恋敵として……どうやら涯といのりの関係はそんなもんじゃないらしいけど、まあ一緒に夜を過ごしているのを目撃してしまったらそういう誤解は当たり前だしな……『何もしないって!何もしないから!』と女性を某素泊まりホテルに連れ込む常套句を誰が信じるか、のごとく。

 得体の知れないチカラを持つ集を割とあっさり葬儀社メンバーが受け入れたことは、葬儀社の人材が少ないこともあるだろうけど、徹底した実力主義……『使える』人間だったら出自は問わない、涯の思惑が透けて見えるように思えた。あっさりしすぎているとも思えるが、どうみても人が豊富とは言えないし、若い人間ばかりだったら勢いに任せて……ということもあるかもしれないが、ほぼテロリストとしてどうなんだろうという気もしないでもない……涯が直接連れてきた人間だからそこらへんの事情はパスされているのかな。

 現在の所集のモチベーションはいのりにあることは明白なのだろうけど、それでも涯といのりさんの関係を観ても葬儀社に関わるというのは、彼の心境の変化によるものなのか……でも、どんな世界であれ自分が認められるというのは心地が良いものだし、そもそも脱獄した時点ですんなり日常に帰れるとはとうてい思えないから、身を投じる決意を……表明してないな。ここらへんの流されやすい集の性格の描き方が不安定なので、ちょっと戸惑ってしまうこともまた事実か。

 さて気になるのは、涯が『あの女に似てきた』というセリフだが……葬儀社に関わる重要なセリフなんだろうな。彼自身が病に蝕まれているようだが、人間的に『あの女』に似てきたのか、色々解釈の仕方はありそうだ。

 そして……つぐみタンかわいいよツグミタン。結局いいたいことはそれだったりする俺はどうにかしろ。いやどうにもできない。女性キャラが可愛いのは相変わらずなのは非常に喜ばしい。『ヒロインが可愛くないと仮定しても作品を評価するか』という基準があるとするなら、『ヒロインが可愛いだけでもその作品の評価に繋がる』ということも言えるのではないだろうか。……結局何が言いたいんだ俺は。……正直に話すと、感想書きづらいんだよこの作品……登場人物の言動や境遇に共感できるかどうかと問われれば結構難しいわけで……でも書かざるを得ない!なぜなら女の子が可愛いから!←結局それかい
 女の子が可愛いといえば、いのりが集に『あててんのよ』状態を提供したときに羞恥に頬を染めていたが、ちょっと前に眼前で平気でナマ着替えを披露した人の言動とはとても思えないのだが……演出のブレか、それとも集を意識し始めたよい兆候なのか、なかなか気になる、とっても可愛い描写でした。

  WEB拍手ボタンです。セミロリ協会への入会、その他ご意見などがありましたらどうぞ。
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベン・トー 第05話・「北海... | トップ | 僕は友達が少ない 第06話・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

15 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ギルティクラウン 第5話「訓練:a preparation」 感想 (日刊アニログ)
仲間として認められれば見えてくるものがあるわ 涯やいのりに同行し葬儀社のアジトにやって来た集。 正式な仲間と認められるために模擬戦をすることになり綾瀬から基礎訓練を受けることに。 訓練をする中でいのりと話した集は彼女が全て涯の指示で動いていたと知り落...
【ギルティクラウン】5話 いのりを信じた結果がこれだよ! (にわか屋)
ギルティクラウン #05 訓練 a preparation 546 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 01:53:09.35 ID:J4/TlobI0 集m9( ´^ω^)プギャーしとくわ あとでくっ...
ギルティクラウン phase05「訓練:a preparation」 (MAGI☆の日記)
ギルティクラウンの第5話を見ました。 phase05 訓練:a preparation 涯と共に行動することに決めた集だが、嘘界から渡された発信器ペンを捨てずに持っていた。 「城戸は?」 「まだ眠っています。ヴ...
ギルティクラウン 第5話「訓練 preparation」 (SERA@らくblog)
いのりがいるからって ふわふわした気持ちで葬儀社に来てしまった集。 しかし涯の部屋に入るいのりを見てしまう…。 いのりが集を助けに行ったのは 涯が命令したから? ▼ ギルティクラウン 第5話「訓...
ギルティクラウン 第5話 「訓練:a preparation」 感想 (アニメとゲームと情報局!)
「ギルティクラウン」  第5話 「訓練:a preparation」 の感想記事です。   今週のメインは "綾瀬っち"!   予想以上にカッコ可愛いです~♪ もう人気NO.2は確定ですな。   今回、集はいのりちゃんにフラレますが・・・ おそらくコレは・・・
ギルティクラウン GUILTY CROWN 第5話 感想「訓練:a preparation」 (一言居士!スペードのAの放埓手記)
ギルティクラウンですが、桜満集はレジスタンスの巣窟、葬儀社のアジトで訓練を受けることになります。車椅子の美女・綾瀬に投げ飛ばされたり、いのりと射撃練習をしたりします。(以下に続きます)
ギルティクラウン 05 「訓練:a preparation」 (北十字星)
ギルティクラウン 01【完全生産限定版】 [Blu-ray](2012/01/25)梶 裕貴、茅野愛衣 他商品詳細を見る  篠宮綾瀬にエロガキと記入される桜満集。 確かに楪いのりや綾瀬にいやらしい目つきで観ていま...
ギルティクラウン 05 訓練: a preparation (つれづれ)
 車椅子は私の個性みたいなものよ、遠慮なんかいらないわ。おわかり?
ギルティクラウン 第五話 感想 (知ったかアニメ)
涯がそうしろって言ったから 「ギルティクラウン」第五話感想です。 ギルティクラウン 300ピース いのり 300-563(2011/12/25)エンスカイ商品詳細を見る
ギルティクラウン 5話「訓練:a preparation」 (新しい世界へ・・・)
いのりを信じていただけにこの事実は辛いよなぁ・・・ My Dearest(初回生産限定盤)(DVD付)(2011/11/23)supercell商品詳細を見る
ギルティクラウン 第5話 訓練:a preparation (ゲーム漬け)
葬儀社に付いてきた集ですが、現実は甘くないですね。 ヴォイドゲノムの保有者という事で、今後の作戦の中核に据えられる事などが、涯によってメンバ―に告げられますが、歓迎ム ...
(アニメ感想) ギルティクラウン 第5話 「訓練 preparation」 (ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人)
ギルティクラウン 01【完全生産限定版】 [Blu-ray](2012/01/25)梶 裕貴、茅野愛衣 他商品詳細を見る GHQの収容所を脱したシュウは、ガイを逮捕したいというセガイから、密かに渡された発信機を胸に、彼...
ギルティクラウン 第5話「訓練:preparation」 (WONDER TIME)
「どうして皆 涯が良いんだ!」 いのりを信じていた集だけど、真実を目の当たりにする事に… そして、葬儀社のメンバーとして相応しいか 綾瀬との模擬戦で勝負を!    【第5話 あらすじ】 GHQの収容...
ギルティクラウン 第05話 「phase05 訓練:a preparation」 感想 (アニメに充実?)
しゅう・・・なんか可哀想だわ・・・ 【Read more】からTB送信先一覧
ギルティクラウン 5話 (アニメ徒然草)
仲間として認められる話。 つまり、社会との接点を見つける話。 シュウ君はこれまで自己完結の小さな世界で生きてきたから、 思い込みだけで全てを判断することに慣れてしまっていた。 車椅子の女の子=か...