サトシアキラの湾岸爆走日記(自転車でね♪)改

一言:ここは俺が引き受けるから、早くクリスマスを……!

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第07話・「蝉時雨・精霊流シ」を観て寸評

2010-02-16 21:43:07 | 舌足らずアニメ感想(放送終了もこちら)
 ソラヲト始まったな……なのか?

 とりあえず今回は、それまでとは毛色の変わったシリアス回……ということは出来るのか。やはり人類が何者かの襲撃を受けて壊滅状態に陥った、がなんとか持ちこたえた的なお話か。過去にもガンパレードマーチとかこういった方面の作品には枚挙に暇がないのだろうし、またこのような世界観だからそういう展開がきてもおかしくない、むしろバッチ来いと思っていたのだが……実際に来るとなかなか馴れないものだ。

 とは言いつつ、やはり世界観から来るシリアスメージと、それまでのヌルい女子校部活的な展開とのギャップがやや大きすぎるのは問題かもしれないな~。海に生物が住めなくなって、果たして人間が住めるような生態系が維持できるのかというこまかな疑問もあるし……そこのところの整合性は基本的にどうでも良いことなのかもしれないが。

 そして、明らかに89式小銃を持った……恐らくは自衛隊員の回想シーンで出てきたあの多脚歩行戦車が敵なのかね。圧倒的な戦力を持った謎の敵に人類が一方的に追い詰められて、人類が滅ぶという……ココで言う『滅びた』とは、あまりに数が減りすぎてもうどうしようもなくなったことへの比喩かな。一瞬だけ、ビルの窓ガラスに翼のようなものが移り込んだような気がしたが、直後の所謂『巨神兵がどーん』的な攻撃とその翼の関係がどうなのか……まだまだ疑問だらけだな。ラストでここらへんの複線が一気に収集出来ると面白そうなのだが……果たしてそれだけの余裕があるのかどうか。

 あと、『皇女殿下』が小隊の人間と多く関わっていて……そういえば、この人の正体もいまいちよく分かってないな……なんだか高貴そうな身分なのにラッパ吹きとは……ああだめだ、結局この類の作品を観るときは疑問系がどうしても多くなるが、それはつまりここまで謎がなーんにも解消されてないっていうか……普通の作品もネタバレ加減はこんなもんだっけかなぁ。山を盛る→崩す→その残骸でまた山を盛るという流れの方が……この作品は山を盛ってばかりでちっとも崩そうという気がないというか……伝わるかどうかはなはだ不安だが。

 でもまあ、その点から言うとこの作品がとうとう動き出したかな、って気はする。今まで盛った山が結構な高さになってしまうから、いざ動くと結構わくわくしたりする。あとクレハとノエルは俺の嫁と軽々しく、しかも脈絡無く言っておこう。


  WEB拍手ボタンです。セミロリ協会への入会、その他ご意見などがありましたらどうぞ。
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アニメ一週間まとめまっせ。1... | トップ | web拍手レスっす! 二十杯目 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (タロウ)
2010-02-18 17:43:31
 全く記事に関係ないですが、アイシアとフォーリンラブしたくて「D.C.Ⅱフォーリンラブ」を購入。
 音姉とさくらさんとの義之争奪戦(さくらさんは面白がってるだけですが)や見事なバカップルぶりなど常ににやにや出来て良かったです。
 他にもさくらさんがとても幸せそう(他ルートではアニメのように空元気←設定上仕方ない)なので良かった。
 「ダ・カーポ」という作品はゲーム、アニメ含め「芳乃さくら」というキャラの物語としても取れるのかなと思います。

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト
>むしろバッチ来いと思っていたのだが……実際に来るとなかなか馴れないものだ。

 そうですね。自分も最初から軍人萌えはいいから!などと思ってましたが、馴れないですね。
>あと、『皇女殿下』が小隊の人間と多く関わっていて……そういえば、この人の正体もいまいちよく分かってないな……
 
 あのラッパのお姉さんはイリヤ皇女殿下だと
判明しましたが、そんな身分の方があんな前線に救援に出向くということは、相当戦況が悪いということですか。
 イリヤ皇女は小隊メンバーのキーマンっぽいので彼女絡みで何かいいエピソードを期待してます。

 最後は仲良し小隊的な感じになってますが、壮絶な過去を体験したフィリシアは「みんなには私のような思いをさせたくない」と言います。ちょっと綺麗ごとかなと思ってみたり。
 軍人であり戦争は、誰しもフィリシアみたいな思いをする可能性はあるとはっきり言って、そういう覚悟を持たせた方がいいかなと思いました。
 
Unknown (サトシアキラ@管理人)
2010-02-18 20:58:54
 いらっしゃいませ~☆

>他にもさくらさんがとても幸せそう(他ルートではアニメのように空元気←設定上仕方ない)なので良かった。

 いやはや、実を言うとそれが一番安心するんですよ……何しろ

>「ダ・カーポ」という作品はゲーム、アニメ含め「芳乃さくら」というキャラの物語としても取れるのかなと思います。

 ですもんね。あの枯れない桜云々の元で、ほぼ張本人たるさくらさん自身がどれだけ気に病んでいるかと言うことを考えると……幸せそうな笑顔を観ているだけでぐっと来るものがありますよね。

>自分も最初から軍人萌えはいいから!などと思ってましたが、馴れないですね。

 その設定上、ヌルイだけでは軍隊なんて選択肢を狭めるだけですしね……

>そんな身分の方があんな前線に救援に出向くということは、相当戦況が悪いということですか。

 にっちもさっちも行かなくなって、とうとううら若き高貴な身分の娘が旗振り役を務めて指揮を……というところが妥当でしょうか。

>イリヤ皇女は小隊メンバーのキーマンっぽいので彼女絡みで何かいいエピソードを期待してます。

 既に故人とはいえ、お互いに強く胸に残っているその人の存在を認識……しない方が美しいんでしょうね、やはり。

>軍人であり戦争は、誰しもフィリシアみたいな思いをする可能性はあるとはっきり言って、そういう覚悟を持たせた方がいいかなと思いました。

 やはりそうですよね……ここらへんの設定が強みなのか、それとも少しでもミリタリ知識のある人間に不可解な感じを与えるだけになってしまうのか……難しいところですが、ここは一つ最後まで行く末を見守りたいところではあります。

 それでは。

コメントを投稿

舌足らずアニメ感想(放送終了もこちら)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

36 トラックバック

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」  (地図曹長道中記)
<こんな世界で生き延びることに、意味はあるのか?
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第07話 「蝉時雨・精霊流シ」 (伽藍)
これを待ってた!俺のターン!! ソ・ラ・ノ・ヲ・ト第7話の感想を綴ります。 蝉のこえ、雷鳴の轟き、風鈴の音。 蝉のこえは、戦...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」 (「ミギーの右手」のアニメと映画)
冒頭からシリアス展開・・・ フィリシアの過去話・・・ってなんて重いモノ背負ってるのでしょう 戦車からなけ飛ばされ助かったフィリシア 戦友たちも燃える戦車から背出ようとするが戦車ごと爆発 一人の先輩の腕が・・・・ラッパを握ったまま・・・ いきなりハード...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」 (♪風の~吹くまま~気の向くまま~♪)
フィリシアは本物の戦場を経験した事があるのか…。 そしてその戦いで大切な仲間を…。 大切な仲間を失い1人だけ生き残る…。 そしてそしてやっぱり雷が苦手だったのか…。 時期はお盆(フィーエスタ・デュ・ルミエール)。 使者の魂を慰めよう! 世界は1度終わっ...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」 (せーにんの冒険記)
世界の滅び ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 2【完全生産限定版】 [Blu-ray](2010/04/21)金元寿子小林ゆう商品詳細を見る
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」  (SERA@らくblog 3.0)
戦場の記憶…フィリシアもハードな体験を持っているんですね。 セーズでは灯籠を流し死者の魂を慰める“フィーエスタ・デュ・ルミエール”が...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」 (つれづれ)
 今回はフィリシアメインでした。カナタたちが彼女に擦り寄るところがお母さんと子どもたちという感じでしたね。
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第07話 (まぐ風呂)
[関連リンク]http://www.sorawoto.com/第07話 蝉時雨・精霊流シいきなりシリアスなシーンからどうやらフィリシアの過去ぽいですがどうやら昔はタケミカヅチが動いていて戦闘を行っていたよ...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」感想 (紅の終幕劇)
まさか、この先に鬱な展開とかも有得るのか (話が重いのでトップ絵は明るくしておきます)
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 07話『蝉時雨・精霊流シ』 (本隆侍照久の館)
今とは違う仲間たちと戦っていた頃、ちょいと昔のフィリシア。
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第07話 「蝉時雨・精霊流シ」 (ゆる本 blog)
予告の台本はふざけていたけどフィリシアさんのつらい過去話になりそうな アニメ「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」の第7話。 次回、2月22日は30分遅れ...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」 (WONDER TIME)
「この世界に意味なんかないのよ」 なければ自分で意味を見つければ良い―― フィリシアの過去が明らかに…    【第7話 あらすじ】 蝉...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト #7 (桜詩~SAKURAUTA~)
【蝉時雨・精霊流シ】 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 1【完全生産限定版】 [Blu-ray]出演:金元寿子販売元:アニプレックス発売日:2010-03-24おすすめ度:クチコミを見る こんな世界で生き延びる事に意味はあるのかい・・・? 
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流」 (*桜日和のお茶会*)
今週も「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 」始まりました! 今回はフィリシアさんのメイン回。 主にフィリシアさんの過去の話でした。 フィリシア...
アニメ感想 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」 (アニメ壁紙ポケット)
--アニメ感想-- ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」 ▼何やら考えさせられる回 フィリシアの過去の話を交えながら、戦いにつ...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト~第7話 感想「蝉時雨・精霊流シ」 (一言居士!スペードのAの放埓手記)
ソ・ラ・ノ・ヲ・トですが、フィリシア隊長は壮絶な過去があります。砲煙弾雨のなか死線を超えてますが、上官や仲間も全て戦死して唯一生き残ったようです。 季節は夏まっさかりですが、フィリシアとリオ先輩は後輩に洗濯当番を押し付けてスイカを買いに行きます。(以下...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 『蝉時雨・精霊流シ』 (ティンカーベルをください)
フィーエスタ・デュ・ルミエール この世界で生き延びることに意味はあるの-?
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」 (アニメを考えるブログ)
 ここに、生きる意味    これまでになかった、フィリシアの若干の掘り下げ回。  といっても、フィリシアの過去の体験が重要なとこ...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 7話「蝉時雨・精霊流シ」 (新しい世界へ・・・)
フィリシアにあんな過去があったとは・・・ てか、冒頭からショッキングなシーンの連続です(^^; ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 1【完全生産限定版...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト第07話「蝉時雨・精霊流シ」感想 (物書きチャリダー日記)
さぁ、色々と怪しくなってきました・・・。【送料無料選択可!】ソ・ラ・ノ・ヲ・ト1[CD付完全生産限定版]/アニメ早速感想。いきなりぶっとんだ展開。・・・といいたいところだけど、色々伏線があったからねぇ・・・。でもそんなの無視してお気楽アニメでいて欲しかった...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第七話 (ぶろーくん・こんぱす)
 シリアスパートに突入ですか?フィリシアは全滅した部隊の唯一の生き残りらしい。それでPTSDにでもなって、もう戦えないからこんな僻地で隊長をやっているのか?
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」 感想 (ひえんきゃく)
蝉の声が響く夏のある日。 どこか元気のないフィリシアを、カナタたちは心配そうに見ていました。 フィリシアの脳裏に浮かぶのは、かつて...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話『蝉時雨・精霊流シ』 (風庫~カゼクラ~)
いきなりヘビーな内容になったソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話。 リオの持ってる鈴の前・持ち主は皇女殿下!? 話の雰囲気はかなり変わったけれど、考えさせられちゃう話だったのでは。 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 2【完全生産限定版】 [Blu-ray]出版社/メーカー: アニプレックスメデ...
[アニメ]ソ・ラ・ノ・ヲ・ト:第7話「蝉時雨・精霊流シ」 (所詮、すべては戯言なんだよ)
先輩から残された伝えるべきメッセージと伝えないメッセージ。
[アニメ]ソ・ラ・ノ・ヲ・ト:第7話「蝉時雨・精霊流シ」 (所詮、すべては戯言なんだよ)
先輩から残された伝えるべきメッセージと伝えないメッセージ。
[アニメ]ソ・ラ・ノ・ヲ・ト:第7話「蝉時雨・精霊流シ」 (所詮、すべては戯言なんだよ)
先輩から残された伝えるべきメッセージと伝えないメッセージ。
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 『蝉時雨・精霊流シ』(感想) (アニメ-スキ日記 別館)
記事はこちら
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」 (のらりんクロッキー)
フィリシア戦場経験者だったのか これまでがほのぼの展開だっただけに強烈なインパクトだったフィリシアの過去。 仲間が全員戦死とはヘビーだなあ… しっかり過去の戦争も描いてきてたのには好感。 乗っていた戦車はタケミカヅチでいいのかな。 話が一枚の織物を...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト・第7話 (新・たこの感想文)
「蝉時雨・精霊流シ」 蝉時雨の中、ふと、新兵時代、戦場での出来事を思い出すフィリシア。そして、そんな中、カナタはお盆の準備をして…...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」 (破滅の闇日記)
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 2【完全生産限定版】 [Blu-ray](2010/04/21)金元寿子小林ゆう商品詳細を見る いつもの牧歌的な雰囲気とは一転して、シリアスな惨...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」  (ドラマティックオンラインライフ)
あの子達には私みたいな思いは絶対させたくないわ フィリシアさんにあんな壮絶な過去があったなんて
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」 (Spare Time)
『蝉の声が響く夏のある日。 どこか元気のないフィリシアを、カナタたちは心配そうに見ていました。 フィリシアの脳裏に浮かぶのは、かつて...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 (ニコパクブログ7号館)
第7話『蝉時雨・精霊流シ』ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 1【完全生産限定版】 [Blu-ray]今回は・・・フィリシアの話です。
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第七話「蝉時雨・精霊流シ」 (ボヘミアンな京都住まい)
Web予告と正反対なシーンで始まったので、一瞬番組間違えたかと思いました。フィリシアの過去の体験を採りあげて‘精霊流シ’の対象である死者に焦点を当てた、シリアスな重い内容のストーリー。
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」 (空色きゃんでぃ)
シリアス来たー?(゜д゜) 急に雰囲気変わりすぎですw 季節は夏。お盆の“フィーエスタ・デュ・ルミエール”の日。 死んだ人が帰ってくる...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第07話 「蝉時雨・精霊流シ」 (紅蓮の煌き)
ソラノヲト 第7話感想です。 戦争の記憶