サトシアキラの湾岸爆走日記(自転車でね♪)改

一言:ここは俺が引き受けるから、早くクリスマスを……!

今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?14に参加してみる。

2011-12-19 21:36:58 | けいおん!
 それでは、ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人様の恒例企画に参加いたします。詳細はリンク先でどうぞ






異国迷路のクロワーゼ

ストーリー 3
キャラクター性 4
画 5
演出 4 
音楽 4
総合的な評価 3

 全体を通して終始一貫して落ち着いた雰囲気の作品だったけど、よく考えてみるとクロードの気むずかしさと湯音の応用力のなさがやけに気になった作品でもあった。クロードは職人だから頑固な血を引いているのか?職人が頑固なのって日本だけじゃないのかな……でもその気になる部分も、他の箇所がよくできているからこそ目立ったのかも知れないし……登場人物も良い人が多かっただけに、カミーユの黒い……というか生の感情が非常に神饌だった。この手の作品にとってネガティヴなファクターになりそうだったのに、その人間の臭さだけがやけに楽しかった。だが作風とは裏腹な部分が楽しかったというのはどう判断すれば良いのだろうか。



 ゆるゆり

ストーリー 4
キャラクター性 5
画 5
演出 5
音楽 4
総合的な評価 5

 放送開始が決定してその名前を初めて認識するというのが最近増えてきたが、この作品もその部類。公式サイトや前情報から良い意味で全く裏切られることもなく、終始そのタイトルどおり(!?)ゆるい百合が展開されていて、これといったストレスを感じずに視聴できる最近のスタイルをなぞっているかも知れないが、放送後そう回数を経ぬ内にキャラが掴めているあたり、美少女アニメ入門作品としての側面も担っているのかとも思う。
 とにかくやや少なめのメイン登場人物の人間関係が心地よくて、まるで全員が婦婦(ふうふ)のごとく落ち着いた関係だった。



 神様ドォルズ

ストーリー 3
キャラクター性 5
画 5
演出 4
音楽 4
総合的な評価 3

 OP/ED曲からてっきり鬱展開満載なんだろうと思っていたのは、実はほとんど『ぼくらの』の影響だったりして……そんな予想とは裏腹に、お話が進んでいるのか進んでいないのか、物事が解決したのかそうでないのか結局最後まで良く分からなかった。まあムダに人死にが出るよりマシかもしれないが……先生はお話上は無駄死にではないというか起点ではあるのだけど。
 今となっては、スタッフに愛されたヒロイン達の表情豊かな描写が強烈に際立つ、悪く言えばそれ以外特別見所のない作品だったとも言える。でもヒロインに関しては、それだけで人を引きつけられるほどの魅力があったのも確か。特に後半、キレキレ系演技という新境地(自分の知っている範囲では)を開拓した花澤香菜さん演じる日向まひる様が登場してから、一気に作品が華やかになった印象。しかし時既に遅しか。




 うさぎドロップ

ストーリー 5
キャラクター性 5
画 5
演出 5
音楽 4
総合的な評価 5

 何しろ子供達と、子供と一緒に親も成長するという二つの描写の巧さが光った作品。自分も世間一般的には家庭を持っていても何らおかしくない年齢だけに、もし子供が居たらこんな苦労と幸せを噛みしめることになるのかと、また自分を産んでてくれた親はこんな気持ちだったのかと、作品以外からも沢山のことを考えさせられる作品だった。こんな大人になってしまって、本当に父ちゃん母ちゃんごめんなさい。ごめんなさい。
 そういえば、当初は子供役に本当に子供が声を当てることにどうなんだろうと思っていたが、近頃話題の子役よりも(誰も映画版のりん役なんて言ってない)よっぽど好感が持てる芝居だった。またコウキの声を当てている子は女の子だそうだが、男の子のしょうもないアホな演技も実に見事。中の人の役割って本当に大きいと思い知らされる作品でもある。



 まよチキ!

ストーリー 3
キャラクター性 4
画 5
演出 4
音楽 4
総合的な評価 3

 当初は作画の良さとそこそこのエロスで引いてくれたけど、シチュエーション等々が手垢にまみれすぎていてこの作品ならではのウリを見つけることが難しかった。絵ヅラから想像も出来ないくらいに地味だと思う。


 ロゥきゅーぶ!

ストーリー 5
キャラクター性 5
画 4
演出 4
音楽 4
総合的な評価 4

 一見ロリハーレム系かと思いきや、正統派スポコンで良い方向に裏切るという原作からの仕掛けがアニメでもしっかりとしていた作品。そのファーストインパクトが薄れた後半戦でも、部員達の成長が眩しくて、昴でなくとも目を細めて小学生は最高だと思えてしまう。け、決しておかしな意味じゃないんだからね!
 正統派スポコンのシーンといかにもな美少女アニメなシーンが混在するとなると、その整合性をどう取るのかと思っていたけど、考えてみれば四六時中練習やってるわけじゃないんだもんなぁ。練習シーンはあくまでメンバーの姿を描いておいて、細かくは当番会のようなもので性格付けをしてゆくという構成もなかなか見易かった。



 Stiens;gate

ストーリー 5
キャラクター性 5
画 4
演出 5
音楽 5
総合的な評価 4

 珍しく原作既プレイなのでその視点から述べさせてもらうと、きっちり2クール目から盛り上げていこうという意図は分かるんだけど、それにとらわれずにペース配分を適当にして欲しかった。後半の怒濤の展開は想像できたとはいえ、前半がやや淡々としていた原作まで忠実に再現することは無かったと思うのだが……せめてあと三話、いや二話は後半に振り分けて苗関連の話くらいは……個別ルートも一話で片付けてしまってやや駆け足……と思ったけど、所詮は脇道のお話なので仕方がないとも言える……


 猫神やおよろず

ストーリー 4
キャラクター性 5
画 4
演出 4
音楽 4
総合的な評価 4

 愛らしいキャラクターたち同志が、まったりゆるゆるだったり絆が強かったりするお話……どちらの方面でもそう悪いお話ではなかったけど、あえて言うならどちらかで統一できなかった作風が問題か……個人的には嫌いな作風ではないが。



 ベストキャラクター賞
 
 岡部倫太郎 <Stiens;gate>
 当初は痛々しい厨二キャラとして異彩を放っていながらも、待ち受ける過酷な運命に相対し、退ける奮闘が清々しかった。宮野氏の怪/快演も、原作ゲーム版で分かっては居たが、アニメ版でも十分に期待に応えてくれていた。しかしやはり紅莉栖との掛け合いが最高で、ニヤニヤして画面の外から冷やかすには最高のカッポーだったと思う。



 ベストOP賞

 ロウきゅーぶ!
 本編と同じく、ミスリードかと思わせておきながら実は作風に合った熱い曲と映像。美少女スポーツものとして手堅い作りだった。
 (次点)
 ゆるゆり・うさぎドロップ



 ベストED賞

 ゆるゆり
 いかにもこのスタッフが手がけたという、テンポの良い後腐れのない曲と映像。楽しい作品の締めくくりに相応しく元気が出る。


ベスト声優賞・男性
 梶裕貴さん
 声質がとにかく背筋に食い込みまくる。これからのさらなる活躍が楽しみ。




ベスト声優賞・女性
 花澤香菜さん
 このクールは特に様々なキャラクターの演技で酔わせていただいた。もう職人と言っても差し支えないでしょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベン・トー 第11話・「ポカ... | トップ | 僕は友達が少ない 第12話・... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ピッコロ)
2011-12-30 19:16:17
こんばんは、「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」の管理人のピッコロでございます。お世話になっております。

この度はお忙しい中、当ブログの評価企画に参加して頂きありがとうございました。集計に加えさせて頂きました。


なお、今回の企画の最終集計結果の発表は本日12月30日(金)夜11時から放送のネットラジオで行う予定でございますので、聴いて頂けるとうれしいです。

聴き方等詳しくはこちらをご覧下さいませ→http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5541.html

近いうちにまた次の企画を発動する予定です。どうかその時もよろしくお願いいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
今期(9月終了)アニメ評価in星屑の流星群 (星屑の流星群)
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人さんのところで 今期(9月終了アニメ評価企画)があるので参加します。 今回は朝・夕方・深夜とそれぞれあります。 では評価開始!!!!!!
「今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?14」に参加させていただきます (ボヘミアンな京都住まい[gooブログ版])
毎度毎度遅くなってすみません m(_ _)m >ピッコロさん ・・・というわけで(え?)、「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」のピッコロさんから有難くもお誘いを受けましたので、今回も参加させていただきました。 続きはこちら(トラックバックもこちらにお願....