サトシアキラの湾岸爆走日記(自転車でね♪)改

一言:ここは俺が引き受けるから、早くクリスマスを……!

タクティカルロア 第4話・「Kのある風景」を見て

2006-01-29 12:28:24 | 舌足らずアニメ感想(放送終了もこちら)
 今回は…漂介が下船したと思ったらあっという間に再乗船、のお話。


 それにしても…視聴するのがだんだん面白くなってきたな、この作品は。話の内容が面白いんじゃなくて、突っ込みを誘発させるその内容が面白いんだけど。

 今回は、特に物語のキーパーソンとなる(主人公とも言う)ななねぇと、漂介との濃厚なキスとベッドシーンが描かれ…てもおかしくはなかったけど、後々の含みとしては面白い…多分。


 ここまで来たら、二人は血が繋がっていないとか、「これ何てエロゲ云々」ぐらいまで突っ走ってくれれば文句のぶつけようもないのだけれど。

 そういえば、かの「ナデシコ」の小説版では、男女が一緒に暮らしている艦内なのだから、「そういった種類のゴム」まで売られているという記述があったっけ。あ、パスカルメイジは女性専用だから必要ないのか。…っていうか、なんで女性専用なのかを早く説明して欲しいものなのだが。

 ヘタに男女を一緒くたにするよりは、女性だけで艦船を運行できる人数が纏まっているなら、いっその事女性専用艦を浮かべる…でもいいんだけどさ。

 さて、「Kのある風景」というタイトル通りに、最初から最後まで…と言ったら言い過ぎだけど、キスの応酬。護衛対象の14歳の麗しきVIPにまでちゅーされてしまったな七波は。漂介は、この子とは唇兄妹になる訳だな。

 本格的にかどうかは知らぬが、姉妹の凄腕テロリストも怪しげな動きを見せていて、こいつ等が当面の敵になるのか。

 てなわけで、もうこれが「タクティカルロア節」だと身体と脳が慣れてきた第4話でした。



 お話:★★★・・いつものぐだぐだ。
 作画:★★★・・引き画がちょっと怪しかった。
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 舞-乙HiME 第16話・... | トップ | 陰からマモル! 第4話・「... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ひかる)
2006-01-31 21:49:35
えっちなのはいけないと思いますw(某まほろさん)

過剰サービス(?)で食傷気味です・・・ハイ・・。

ナナねぇは可愛いんですけどねぇ。漂介クンは弟ですよね??血は一応つながっているんでしょうか。最後におなごVIPからもキスされてしまうのがよくわからない展開です。ところで作画はナナねぇ以外はみんなくずれてるように思いますね。

「Kのある風景」って、キスの事だったのですね。

第一話ではストーリーに期待していたのですが、今後もこんな感じでビジュアル重視だと見続けるのは難しいかもですね。
Unknown (サトシアキラ@管理人)
2006-01-31 23:34:16
>過剰サービス(?)で食傷気味です・・・ハイ・・。



 あきらかにあからさまですもんね…



>ナナねぇは可愛いんですけどねぇ。



 それはもうタマりませんね。ひょっとして、他のヒロイン全員がナナねぇの引き立て役なんでしょうか??



>血は一応つながっているんでしょうか。



 漂介のあまりに過剰な反応に、ひょっとして義理、という可能性もありますが…説明ナシなら、一般的に言って血が繋がっていると捉えていいんでしょうか。



 しかし!!しかし!!二次元の世界に血の繋がった家族なんて要らんのですよ!!ハアハア



>見続けるのは難しいかもですね。



 中途半端な作りが、今のところは全てネガティヴに働いてますね。これでは何を目的にしていいか分かりませんよ。
Unknown (ひかる)
2006-02-03 23:05:21
電子の妖精・・えっと、ルリちゃんですね。懐かしいな。ナデシコは山田さんこと、ダイゴウジ・ガイさん(あれっ?反対?)が好きでした♪

でも、タイトスカートな艦長だと、映画版の艦長・ルリちゃんかな?
Unknown (サトシアキラ@管理人)
2006-02-04 11:17:16
 ええもう、ホシノ・ルリには、オタク道という名の泥沼にハマりかけていた右足を引っ張られ、完全に引き込まれた程の存在です。



>(あれっ?反対?)



 ソウデス…アキトも普段はガイって呼んでましたし。自分がTVシリーズを見出した回では、もう戦死していました。とにかくアツい男だったようですね。



>でも、タイトスカートな艦長だと、映画版の艦長・ルリちゃんかな?



 これぞまさしく私のタイトミニ好きを(以下略)です。TVの一番人気キャラを主役に持ってくるという剛速球っぷりに漢を見た思いがしました。



 ひかるさんも結構ナデシコは見てらっしゃったんですか?でないとガイという渋めのキャラの名前は出てこないと思うので。
Unknown (ひかる)
2006-02-05 00:17:52
はーいナデシコは結構見ていましたよ~w

ガイさんはたしか「はやすぎるさよなら」っていうサブタイトルの回で散ってしまわれたような・・・。ナデシコは当時としてはすごく設定が深い上にコミカルで見やすいアニメが登場したなーって思って最後まで見ていましたよwたしかレーザーディスクもあったような(笑)。このときはルリちゃん、だんだん人気になっていきましたね。ナデシコはまた復活しないかなと思っている作品です。
Unknown (サトシアキラ@管理人)
2006-02-05 02:36:16
>ガイさんはたしか「はやすぎるさよなら」っていうサブタイトルの回で散ってしまわれたような・・・。



 名前の通り早すぎる死でした。確か第3話あたりです。実に潔い散り方でした。



>コミカルで見やすいアニメが登場したなーって思って最後まで見ていましたよ



 実は名前が怪しかったのでスルーしていたんですが、見出したら止まりませんでした。しつこいようですが、あくまで原動力はホシノ・ルリです。しかし見続けていて良かったと思える作品でしたね。



>ルリちゃん、だんだん人気になっていきましたね。



 一般的には、ルリで持っている作品だと思われているそうです。私も否定は出来ません。



>ナデシコはまた復活しないかなと思っている作品です。



 謎を残したままでしたからねー。「ステルヴィア」と共に、続編の話もあるにはあったらしいのですが、大人の事情で両方ともほぼ実現不可能らしいです。まことにもったいない…もちろん私も切望してます。



 

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

23 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
タクティカルロア Kのある風景 (ゼロから)
姉弟なのに姓が違うのは?実は、姉弟でないとか。
タクティカルロア 第4話 『Kのある風景』 (INFINITE-COSMOS~Eternal~)
~アニメ タクティカルロア 第4話 『Kのある風景』 について~ ≪凪宮 漂介と美咲 七波 ~ 姉弟 きょうだいの過去~≫ 美み咲さき 七なな波は 『 私、海に対しては、いつも素直で居たいの! 』 凪宮なぎみや 漂介ひょうすけ 『 そう…だから、行っちゃうんだ……も...
『タクティカルロア』第4話 観ました。 (「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋)
冒頭、過去話でしたけど… お年頃の男の子の生理現象を理解できない年上の世話好きって、手に負えませんね。 ほとんど拷問ですよ。アレは… とは言え、幕開け後のクルー達のやり合いは、女性達の日常会話の戦いってのは怖いです。ま、だからこそ、恋愛沙汰に縁が無いと「負
[タクティカルロア]第4話 Kのある風景 (もえろぐ)
「タクティカルロア」第4話です。 漂介と七波のちょっと昔のシーンから。 いやぁ・・かなり危ないですw で、その漂介でありますが戻ってきましたw 技研からのモニタリング判定員としてということです。 そのあたりの話を盗み聞きしているパスカルメイジのクルー
【タクティカルロア】第4話「Kのある風景」感想 (鴎の行くままに ~とあるTRPG者の呟き~)
【タクティカルロア】(TVK) たったひとつだけ / yozuca* ガチいいOPだと思います。 yozuca*さんの力強いヴォーカル、素敵です。 こういうのも歌えるんだなぁ、素晴らしい。 というわけで、こんなところから褒める糸口を作ってみた(ぇ たくろあ第4話.
タクティカルロア・第4話 (たこの感想文)
「Kのある風景」 幼い頃の漂介と七波の思い出。宿題を教わるという何でもない思い出
○タクティカルロア 第4話「Kのある風景」 (時をかけるブログβ)
なにこのギャルゲー的展開
タクティカルロア 第4話「Kのある風景」 (九郎の日々)
ん~、やっと方向性が見えてきましたね。 賛否はともかく、どっち付かずになるよりは遥かに良いんじゃないでしょうか? では、感想です。
タクティカルロア 第04話「Kのある風景」 (亀のいる生活)
Kってなんですか、Kって。もしかしてKissですか。
タクティカルロア第4話「Kのある風景」 (パプリカのアニメ鑑賞よた話)
タクティカルロア 公式ホームページ アニメ・パプリカ BEAT Net Radio--たくろあ航海日誌--で、中原麻衣さんが、作品の感想が届かないとお怒りでしたが、現時点で、中原麻衣さんを満足させられる感想を書くのは至難の業なのではないでしょうか? 自分にとっても、初.
タクティカルロア#4「Kのある風景」 (今日もお部屋で -アニメ過多TV中心生活-)
アバンを見て思ったこと。 なんだ、このエロガキは(汗) どう見ても小学生。 なのに、ここまでお姉ちゃんの体に気を取られまくるって、いったい(´Д`|||) 本編を見て思ったこと。 ああ、どうしても漂介が好きになれないッ。 てか、気持ち悪い・・_| ̄|○
タクティカルロア 第4話 (ミルクレモンティー)
 このアニメはやはりエロ路線全力疾走ですな!  冒頭シーンから暴走してます、。(*´Д`)ハァハァ    昔の艦長さん・・・。エロい。  主人公を羽交い絞め~。  うらや・・・いやいあーああ  けっ、けしからぁん。  そして、前回船を去った主人公でしたが.
タクティカルロア 第四話「Kのある風景」 ( よちぼのアニメ救済基地~the base of operations~)
護衛艦DD102「はるさめ」 『タクティカルロアの制作のために、海上自衛隊の協力のもとタクロアスタッフが取材した護衛艦「はるさめ」です。「はるさめ」の艦内の構造などを元にタクロアの護衛艦「パスカルメイジ」が作られました。ちなみに、艦の番号は「はるさめ」と同じ
タクティカルロア 第4話「Kのある風景」 (じょ~きゅ~しゃの日記)
前回から「実はこのアニメは単なるエロ路線なのではないか」という疑念が確信に変わりつつあるタクティカルロア。―\―\―\―\実況書き込み―\―\―\―\エロい家庭教師からの手ほどきを回想する標介。なにこのエロかてきょは胸を強調した服装で小学生を後ろから羽交い絞め。
タクティカルロア 第4話感想 (少年カルコグラフィー)
 ・・・掴み所の無いアニメ・・・ですね!?
(アニメ感想) タクティカルロア 第4話 「Kのある風景」 (ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人)
タクティカルロア 1 冒頭見る限り、このアニメは我々が期待しているような内容とは逆工していっているような気がします。一体どこまでいくのでしょうかこのアニメは・・・。と言うわけで感想です。
タクティカルロア 第4話 (パズライズ日記)
今回は漂介と七波の過去のシーンからスタート。 そして本編冒頭では前回さよならしたはずの漂介が早速戻ってきてしまいました。 戦闘パート無しで萌えパートオンリー。 見たいのはそういうのではないとはいえ、第1話のようなエロパートよりもまだ面白いのではないかと.
タクティカルロア 第4話「Kのある風景」 (戯言)
こんな綺麗な姉ちゃんに勉強教えてもらったら 勉強に集中できるわけねぇぇぇ!!漂介が逃げ出すのもわかるwアップデートのモニタリングのために、またパスカルメイジに戻ってきた漂介。自分の入るべき部屋が物置にされてしまったので、七波の部屋に一緒に住むこのに。パス.
タクティカルロア 第04話「Kのある風景」 (布達の橋)
(公式サイト) よし!次回に期待しよう!うん! 観艦式の為に要人警護の任を受けるパスカルメイジ。 そして、製品モニタリングの為に戻ってきた漂介…まではよかった。 あれだな。冷めるよな。 だんだんそうゆう萌えなシチュエーションの時間が増えてる気が…(汗
タクティカルロア第04話「Kのある風景」(1月28日放送分) (Mr.克樹のアニメブログ(アニメ感想日誌))
とにかく、艦長がカワイイ~!!メチャクチャ、好みなんですけど・・・。なんか、ストーリーがどうでも良くなってきました(笑)まあ、どちらにしても今回はほとんど話が進まなかったですが(笑)そしてこのシーンで壊れそうでした(笑)艦長、萌え~!!事故のキスですが・・・...
タクティカルロア 第4話「Kのある風景」 (電撃JAP)
俺の中で「LAP」を越えたね、これは。 現時点今期最糞アニメ決定~!! タクティカルロア 1バンダイビジュアルふじもとよしたか(監督)中原麻衣(出演・声の出演)菅沼久義(出演・声
タクティカルロア 第4話 「Kのある風景」感想~ (アニメanimeANIME中心)
ストーリーが全く進まないタクティカルロア第4話ですw
タクティカルロア 第04話 「Kのある風景」 (廃人のばらっど(ぁ)
Σ(゜Д゜;) 普通に戻ってきやがったぜ主人公!!! 部屋無くなって居場所無いんだからもう(・∀・)カエレ!! それにしてもあれだ。(ノ∀`)σ 兄弟恋愛って自主規制かからないんですか(ry しかもあのパイロットの子って一人称僕だったのか・・・。 今回で初めて気