素直な一言

肌が弱いので「@コスメ」をよく利用してます。動画は「You Tube」に、レシピは「クックパッド」に投稿してます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「(洗顔用)藍染め石けん いちまつ」を使いました

2011-10-31 | 感想
藍色工房ファンサイト応援中

元祖藍染め洗顔石鹸通販【藍色工房】さんの脂性肌スキンケア、(洗顔用)藍染め石けん「いちまつ」いちまつ」を使いました。
>>>>> http://aiironet.com/SHOP/AI-IR-05.html




この石鹸はこういう人にお勧めの石鹸なんだそうです。

・気がつくと、いつも額が皮脂でベタついてる
・すぐに汗をかきやすい
・脂取り紙が手放せない


まさしく「私の姉」ですね
お風呂から上がってきてもすぐに顔がテカテカしてて、家にいるときでもしょっちゅう脂取り紙を使ってます。

私は逆に乾燥しすぎるくらいの乾燥肌ですが、あそこまでテカテカされると全然羨ましくないです


石鹸の青い色は、この石鹸の一番の特長でもある「藍」の色です。
藍色工房さんには藍染石鹸っていうシリーズがあって、その中には「いちまつ」以外に「ブルームーン」「紙ふぶき」「ふたえ」という石鹸もあります。
その中でもっともさっぱり洗いあがるのが「いちまつ」なんだそうです。

使うときには「ノンストレス洗顔法」っていう、この石鹸に合った洗い方があるので、この方法を守るとより効果を感じることができます。

●夜、入浴後に洗顔する。
●藍色工房のお好みの藍染め石鹸を用意する
●冷水で顔をあらかじめ軽く洗っておく。
●洗顔用の泡立てネットをよく水に濡らし、3回ほど石鹸をこすりつける。
●しっかり泡立てる。
●顔面を泡で包み込むようにして、素早く洗う。
●必ず冷水ですすぐ。





箱から出してみると、とっても特徴的なデザインの石鹸です



白と青のコントラストがはっきりしてて、見た目も面白いです



泡立てるとあんなに青かった色が消えて白い泡ができます。



泡は軽めのふわふわとした泡で、泡立ちがいいとは言えません
姉が泡立てるのを隣りで見てたんですが、写真のように泡立ちはするものの、一気に泡立つような勢いはないように感じました。

洗い上がりはどんな感覚なのか聞いてみたところ、すごくキュッとするみたい
いつもなら洗い流してもベトベト感が残るときすらあるのに、同じように洗っただけでベトベト感は全くなくなって、触るとキュッキュッて感じるくらいさっぱりなんだそうです。

しかも洗い上がり直後だけじゃなく、時間がたってもこのさっぱり感が持続
今はそこまで汗をかかなくなったけど、それでも数時間すれば脂ぎった顔になるのにならない・・・・・
脂取り紙がいらない

毎日使ってるので、私も毎日姉の顔を見てますが・・・・・
テカリにくくなりましたね

すごく気に入って使ってる姉ですが、なくなるスピード、溶けるスピードが見てて少し速い気がしました。
「溶けやすい」というのも特長の1つみたいですから、使わないときは湿気のないところで乾燥させて保管しないとダメですね


【藍色工房】藍染め石けん「いちまつ」・60g 化粧箱入り(洗顔用)

藍色工房
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「寝るだけ足ラクサポーター... | トップ | 「C1000ビタミンレモン」を飲... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
泡が違う!お茶の石鹸 (黒茶石鹸)
お茶村のお茶石鹸 黒茶石鹸。洗い上がりもつっぱらず きれいサッパリ。毛穴の汚れもきれいに洗い流してお肌つるつる。