やんごともなく

日常・・あぁ日常。
ブログに書くこと何もなし。

待ってろロマンシングサガ!開始されるカウントダウンとかへる搭乗手続きとは如何に?

2017-06-14 12:24:09 | 日々の戯言
大遠征までついに1週間マモナクジャ!


出番を待つ20年級の戦士達(殆ど投げた事がアリマセンが何か?


ここまで脳内ワクテカをしてきましたがいよいよ具体的な準備に取り掛からないとイケマセン。


っとその前に余談ですが先日仮眠ではなくガチ車中泊をしました。
後部左座席を倒してトランクルームとスルー状態にしたいつものスタイル。


これで前回の東日本大遠征もクリアしてきたのですが今回寝たら妙に狭く感じる。


ワラクシ176cmなのだが縦スペースがあと数センチ窮屈で身体をどこか曲げないといかぬ。
それでも仕方なしに使っていたのだが今回はそれを改善してみょうかと。


つまり後部左座席ではなく右を倒してみて更に寝床を斜めに使ってみれば良くね?


これ画期的じゃね?


***


佐賀雷魚遠征は過去3回行っていますが実は余り釣れていません。
初回はゼロw翌年の2回目は2匹だったか?そしてそこからウン十年振りの3回目は2匹でした。


特に3回目は優秀な地元ガイド(知り合い)にガチ案内してもらったにも関わらず余り・・・


その釣った場所ズバリは(自分で運転してないから)ゼムゼム覚えてないけれど釣れた風景ってかイメージは結構鮮明に覚えていて
なるほどこうゆう場所でこうゆう水でこうゆうアプローチで迫れば出るのだな!lって事です。


そんな実釣イメージに近づく為のスペシャルアイテムがかの八郎潟でなーんの役にも立たなかった折り畳み式自転車でありますw


太古の眠りから覚めた


いや誤解だが自転車自体が役に立たなかったのではく自転車を出すシチュエーションが無かっただけ。
なぜなら池と池が遠くてその移動は自動車オンリーでしたからねぇ。


だが佐賀は先日MAPを見せた通り市内中水路が張り巡らされているのでいちいち車を動かしドコかに止めるのは面倒極まりない。
なのでそれ故の自転車操業でありますえぇw


そんな訳で2年振りにダンボール箱から取り出しメンテナンスをしてたのですがチト閃いた。


ロッドホルダー付ければ便利じゃね?


それはもう20年前から1度も使った事ないフローター用シングルロッドホルダー。
後生大事に持っていたのがついについにここで登用となった。


スキマスイッチ

愛竿マグナムハスキー72

こうなりました


ただ雷魚用のエンドグリップは少々太いので内部加工が必要でしたが取り付け完成してみれば
思った以上の完璧マッチングでいやはやこの時の為に捨てずにいたのかとw


んで冒頭に戻るがその折り畳み自転車は前はトランク側に設置していたのだが
今回は思い切って後部座席シートに乗っけてみたらこれが見事ハマった。


不安定そうだが案外大丈夫(適当)

お互いのシートが圧迫してるからね


別にそこがデッドスペースではなかったけど先の寝室拡張のおかげで今更正位置を得た気分。
もちろんシートには保護をしてありイガイガしている自転車でも傷はつきません(多分)


そんな訳で今回の遠征車中泊は更にストレスフリーになるかと。欲を言えばレガシー内あと少し天井が高ければとは思うけどネ。


そして前回作ったお手製蚊帳もあるから暑そうな九州の夜も何とかッス。旅のテーマは釣りがメインだけど実際はそれ以外の時間が多い。
特に雷魚は朝イチ夕方はそんなにオイシクもないので車内居住のウェイトが高いから少しでも快適にするのは必須でもあるのです。


超痛いしさイタスギウチ・・・


さてセッティングはスタートしたばかりですがこれから急ピッチで仕上げて行きたいと思います。


ピローもバス柄

案の定完璧w
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« それは夫婦クライシス?!雨... | トップ | この湖上には犯罪者だらけ?... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。