やんごともなく

日常・・あぁ日常。
ブログに書くこと何もなし。

その魚はニューレコード?廻るマイフィッシングライフと365rpmとは如何に?

2017-07-27 11:44:51 | 釣部
現状でマイ釣行の95%は大師匠と共にある。残り3%が単騎フロートで最後の2%が・・・ガイス元プロとだ。
※大遠征除く当人比


***


去年からポチポチ通っている関東荒川水系ダムは現在20%取水制限が出る程の貯水率で釣りが出来ない程ではないが
場所によってはスロープ閉鎖なども行われている様だ。


まぁ(多分)釣れるけど正直なトコ渇水中のダムは趣に欠けるし、さすると短くなったショアラインのバッティングは不可避・・・


釣りものがそろそろオフショアへ移行する中でバスシーズンのラストを飾るにしては渇水ダムではも1つ揺さぶられない。
そんなモヤモヤさま~ずを吹き飛ばすオファーがレアキャラである2%のガイス君から。







秘境行きませんか?イットク?


なにやら大変そうですな


***


そんな訳で丑の日で鰻臭漂う身体を引きづってきたのはグンマー。えぇあのグンマーであります。
そこでガイス君と合流し目指したのは更に最奥の弩秘境である利根川水系ダム。


上記にもあるが現在荒川水系はヘロヘロなのだがここはほぼ100%の貯水率!
数年前に初めて来た時は随分水が減っていてゲッソリしていたのだが今回はフル満水が見れる!


つまり本気の秘境湖フィッシングがっ!?


えぇ前回はゼロでしたからね・・・クリカエスノカ・・・


さぁきた


***


ウィキによると流域面積は167平米で超長大なダムなのだがそれがほぼ貸し切り状態になるマヂで秘境。


その要因は単にアクセス困難な遠さだけでなく管理ゲートの時間などの制約もあり
しかもマイボート以外釣りにならないので中々簡単には行けないのもある。


この日も他に1艇いた様だが遠目で見ただけで実際湖上ではバッティングすらしなかった。
まぁ平日ってのも大いにあろうがこうゆうフィールドこそ私の求めるものであり立つ事自体が喜びでもあります。


そして今回のガイドガイス元プロ。


2年振りのジョイントだが前回ここでのガイドで(私に)ゼロを喰らわせた事を非常に気にしており今回こそは!と張り切ってくれてますw


目標は45cmUPの〇〇ー〇?!


では本編スタート。


愛艇クイントレックス

3タックルで挑む


***


合流時に大雨だった前橋とは違い秘境は穏やかな朝を迎えている。


一応所望するのはローライト&小雨なのだが無常にも気持ちの良い釣り日和。
もちろん悪くない。でもかの魚にはちとコンディションが向かないのだ。


だがとにもかくにもスタートしまずは魚のポジションを確認する為に色々走り回る。
おぉこれが満水時の秘境ダムか~ビューティフルな湖であります。


だがそれとは裏腹に魚の気配が薄い。


雷魚の時もそうだったが雰囲気では飯は喰えぬ。フィッシュイーターへのルアーフィッシングとは
ベイトフィッシュいてからこそ成立するもの。幾ら雰囲気のある岬周りや岩盤でもエサ無きとこに魚はおらぬ。


これが大体満水ライン

美味しそうな岬だが・・・


早いテンポで各所を見て釣りをして回るのだがチェイスすら見当たらない。
朝イチとは言い難いがもう少しルアーを見に来る魚がいてもおかしくないのではないか?


???ドコジャ?


ハテナマークを並べながらもガイス君は次々とアイデアを試して行く。


この辺がプロツアーを戦ってきた者の片鱗であり釣る男と(首を)吊る男の差でありますw


・・・シェードか?


少しづつ強くなる日差しを避けつつショアラインの岩の形状や土の乾き具合をみて
かつ魚の気持ちになって絞り込んでゆくと答えが1つ出た。


私の投げた水面系ルアーに2匹の魚が下から突き上げる様に出た!
もちろん掛かったのは1匹だがこの子がピョンピョンと暴れる君でそれをなんとかいなしながらキャッチ!


ヤーメーテー暴れないで~

ほいキャッチ


これが秘境スモールマウス!!


おーついに秘境湖初フィッシュを手にする事が出来ました~しかも良型で嬉しい限り。
しかしここの子は体高が凄い!普通はもっとスリムなのだが背中がデカいもの。


まずはそんなフォトジェニックな1匹をキャッチしガイドであるガイス君もホッと一息。
えぇ本人以上にノーフィッシュを随分気に病んでくれてたみたいで本気で安堵してますw


そして今回のクライマックスは早々にキタ。


(わざと)岩盤に当てて落とした同ルアーにボボンッ!とびきりのビッグバイト!!
おぉそれはまるで雷魚でビックリだがこっちも伊達に遠征してた訳じゃないw


バイトシーンが丸見えで一目でデカい!と分かったけど落ち着いてやりとりしたそれは~


モンスターキター


49cm!!


いやもうこれゴーマル君でしょ?と言いきってしまう太さだけどそこはシビアに計測w
それでもマイレコードである野尻湖の45cmを更新した自己ベスト出ました~


お陰さまでこれにて当初のガイド目標であった45を大きくクリアー!
ネットインまでキッチリと仕事してくれたガイス君も本当に安堵しそれではここから自分の釣りをっ!と気合いを入れ直してます。


そしてこの子でリベンジ案件を成仏させたワラクシは祝杯と共に睡眠に突入するのでありました・・・


ご褒美ールあざーす


***


丑の日激務から200kmの強行移動と暑さと蚊でつまりボロボロのワラクシはふと目を覚ましては
どうですか?と聞いてまた仮眠を繰り返す。アルコールのせいではなく眠気で全く頭が動かない。


一方、彼も大して寝てない筈なのに高い集中力をキープし続けて釣りをしています。
これは元プロ云々ではなくて釣りに対する姿勢でしょうかw


難しいが面白い


だがその集中力も虚しく中々バイトがなく時々場所によってはチェイスシーンがあるのだが外すと全くらしい。


これは回遊性の高いスモールの特徴でラージ(ブラックバス=ラージマウスバス)は気に入った場所に付く傾向があるが
スモールはベイトフィッシュを追随する動きが強くエリア全体でいるかいないかが結構はっきり分かれる。


バックウォーターはスッカスカ


その動きを追いつつナウで彼らの欲すると思うもの(ルアー)を送り込んでいるつもりなのだが
この太陽のせいかあと少し追い切らなくガブリまではいかないのだと。


あぁ雨が待ち遠しい・・・と呟く。


まだかなまだかな雨まだかなー


***



ゆっくり近づいてくるレイン


切望した雨が降り始めたのがラスト1時間を切った4時を回ったとこ。煙る様に降る雨が湖の境界線を曖昧にしてゆく。


惜しいを繰り返していたのだが結局ここまでノーフィッシュのガイス君は更に集中力を高めている。


(魚が)居る居ないエリアの選別は終わっている。だから居ると確信するポイントと雨の恵みを信じて
今彼が絶対的な自信を持つヘンテコなルアー(失礼)を投げてゆくと・・・ついに(゜∀゜)キター!!!!


それは開始から9時間。


だが疲れ衰えるどころか高まる一方のシックスセンスがようやく炎を吐く!魚は小さいけど価値ある1匹だ。


やっと釣れたヨー


そして続けてビッグバイト!!


47cm!!

私はこのルアー信じてませんw


このビッグワンで綺麗に締めくくり今回のツアーは無事クライマックスを迎えました。
一応同じストレッチで私にも1匹釣れましたがそれはもう後夜祭みたなものw


良いサイズだけどね


確かに途中は苦しい時間も多かったけど終わってみればドラマティックなエンディング!
今回マイリベンジ案件回収に尽力していただいたガイス君には最大限の感謝を致します。


でも近所だって秘境だって釣りとはスモールグレートジャーニー・・・だから面白いのだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

その周期は20年?枯死してゆく定めの身体とヌルヌルクネクネの柳腰とは如何に?

2017-07-25 08:56:05 | 日々の戯言
最初のぎっくり腰は確か26~27の頃。






お店のシャッターを上げようとしたらフリーズ!!・・・


えぇぇぇぇ?と唸る事すら出来ず床に転がった覚えがありますw


それから20年。


営業仕事をしていた時は車の運転が多くて随分腰を痛めたしその後のバイトでも結構痛めた。
でも日々腹筋背筋の強化に努めたしヤバい時はコルセットも巻いたお陰で特に大きなトラブルはなかったのだが・・・





ピキリママシャカッ?!


仕事中確かに小さい前兆はあったのだが忙しかったのでその時は無視したのだが要塞に帰還してバイクを降りたら再度のピキリ着信。


あっ!と思ったらもうフリーズしてましたw


くっ不覚・・・


そんな訳で20年振りのぎっくり腰・・・それでも一晩で大体回復し二晩目には脅威のV字回復?!


日々の体幹強化のお陰だと思いたいが逆に(この原因の)心当たりがあるのもその体幹運動なんだよね。


まぁぶっちゃけ少々無理し過ぎたと言うか普段の倍やったって言うか・・・
この程度でぎっくりまで行くのなら今後どう折り合いをつければ良いのかワカラヌ。


おそらくもう走れますがこうゆうのって癖になるんだよね?あと無駄に怖いってかビクビクする。
でも20年振りなら次はまた20年後。大丈夫死んでる死んでるデスヨネ


***


それとは別話だがいつか太る太る(ex中年太り)と思っていたのだが一向に太らぬ我がボディ。
もちろん日々走り鍛えているのがベースになっているのだがもしかして太る細胞の峠は越したんじゃないかな?


なぜならここ数年食べる量が減ってきた。


いや正確には食べれるのだが食べた後消化が遅れて動けなくなる確率が高すぎる。


貧乏性だから出されると食べてしまうのだが(このギリギリラインにムジナさんが敢えて挑戦してくるクククク)
本当に倒れてしまうから毎回量を減らして~と言ってはいるのですが・・・


多分今のルーチンをしている限りは太らないし20年前のTシャツもこれからも普通に着れるかと。
※20年後は死んでるの設定ウンウン


んでこれはムジさんにも良く言うのだが痩せるのを目指すのではなく身体を鍛えよと。


それは一朝一夕では出来ないモノでありその地味な努力と継続は根本的な自身自信の源になる。


別にマッチョになれとは言わないけど徐々に変わって行く身体には力が宿るもの。


それと筋トレは案外知的な作業でもあります。どうしたらどうなるのかを筋細胞レベルで考えます(嘘)
体重の増減なぞその後に幾らでもコントロール可能ですから(大嘘)


それはともかく単純に鏡見てオッ?俺イケてる?と思いたいじゃないw
最初のモチベーションはそんなので構わないから皆さまも是非お始め下され。


***


さてこれを書いている25日は土用丑の日であります。


随分前に鰻商戦がスタートしてましたがついに1つのクライマックスを迎えようとしてます。
ワラクシも先週から一体何百匹のウナギさんを地獄の業火で焼き尽くした事でしょう?


それに加え週末には富士急で欅坂、ステラシアターでスターダストレビューとライブ系イベント系のお客様が増加し
もう当店あっぷあっぷでございます。アルバイターとしては全く嬉しくないただの阿鼻狂乱悲鳴・・・




そりゃ腰も壊れるソノトオリ


でもここを乗り越えればようやくのフィッシング!
しかも数年振り2度目のかのフィールドと冒険心擽られるモノであります故この苦しい状況も超えるモチベーションであります。


まぁ鰻臭まみれで遠征するのもオツでしょう?では頑張ります


秘境〇〇ダム戦!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アラウンドザワールド?枕が変わっても海を越えようと結局する事は同じ漢とは如何に?

2017-07-20 08:00:00 | 日々の戯言
夏休みどーしよーか?と呟くのはムジナ奥様ドコイクベ?


えぇ弩級アルバイターであるワラクシにはそんな素敵な期間はありんせんが逆に言えば放蕩主夫には毎日が夏休みでもあります。
そんな検討に入って随分経過し南?北?それとも~と一時は迷走&失踪状態でしたがようやく見つけた出口が・・・






台湾旅行でした。


こうゆうの見れるかな?


***


台湾。一度行ってみたいとは思っていたけどようやくチャンスが巡ってきたキタカモ?
ハワイやバリと言ったビーチリゾートしか行った事のないワラクシには街遊びは新鮮かもしれません。


この話がようやく先日深夜会議で決議承認され早速ですがエアーチケット、ホテルの手配を済ませました。


東京羽田発チャイナエアライン往復と三ツ星レベルのホテル利用の3泊4日大人2名で大体13マソエン。
これが高いか安いかは置いといて朝早く夜遅いエアチケは大体希望通りの外枠に決定。


これからの議題はでは一体何をするのか?すべきなのか?に移行してゆくのですが
ここで衝撃的情報と御提案が・・・





何と台湾には









ジャイアントスネークヘッドいたー!!マヂデェェェ?
※ここが昨日からの続きネw


そうなんです。画像検索したらそのタイトルに台湾~とかヒットして???で開いてみればこんなのが!


マヂでこんなのいるの?


ハワイでのピーコックも色々稀有な体験で面白かったけどここにも面白がある・・・ゴクリ。


ガイドツアーあるみたい

本来はもっと南の魚であるJSHですが台湾は北限らしくリザーバーに結構いるとかなんとかマヂですか?
でももしかしたらムジナ奥様は日本のしょっぱいブラックバス釣りをする前に世界の怪魚ばっか相手にド派手な経験値を稼ぐのでしょうか・・・


まぁこれは結構大掛かりになりそうで見通しは不明ですが対案も中々面白そうで
それは一度は戦いたいと切に願うかの四万十川アカメと双璧の西洋アカメであるバラムンディ様。


デカいねぇ~


その養殖池が南の方にあるらしくそこで釣りをさせてくれるとか。
この子はオーストラリアでも行かないと釣れないと思っていたがましゃか台湾にも居たとは!


いややはり大本音大本命はこのタイミングで降臨したスネークヘッド一択なんですがねぇw
佐賀クリークで会得した新技荒技が炸裂しそうだ?!


でもこうゆうのもシンクロニシティだよねー


全然全く1ミリも考えてなかったトコがキレイに繋がるその魔訶不思議・・・ウン年振りの佐賀と初めての台湾がこのタイミングで重なる。


実は佐賀終わったら雷魚辞めようと思ってました。


大遠征の隠れたテーマは卒業だったのですが実はまだ入り口にも辿り着いてなかったと思い知らされた。
その深さは覗いただけでは解りませんでした。だからまだマグナムハスキーなる愛用ロッドを置くべきではないと改めて決意したのだ。


そしてその成果と決意を試す絶好のチャンスがここにある。


さてどうでしょう?


少しは心に響くプレゼンテーションになったでしょうかwww


釣り馬鹿の性ですが未知の体験には強く惹かれるし釣れた釣れないの次元では無い何かをきっと得られると思う。
ハワイでもそうだったでしょう?その時その場所に立ってみなければ見えない景色があるのです。


***


さてそれはともかく台湾さん。


夜市なる屋台村的なものが街に幾つもありそれらにムジナさんは興味津々。
今から何を食べようか?と知識を仕入れているようで同様に朝市も行きたいらしい。


意外に神経質なワラクシは心配・・・


ホテルもそうゆうエリアに近しいとこをチョイスしたのでおそらく徒歩数分だろうか?
何でも台湾はタクシーが安いらしいがやっぱちょいビビるじゃん?w


だから歩いていけるのならそれにこした事はない。


後は観光地としてメジャーの九分(地名)ランタン飛ばしなるものが出来る十分(これも地名)が彼女の第一希望。


街での買い物はどうでも良いかな?それより地元の普通のスーパーの食料品売り場とか見たいや。
まぁまだ検討は始まったばかりですが皆様のオススメスポットありましたらどうぞお教え下され。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

書き捨てる神あれば疲労した毒神あり?その神託とやんごと言霊とは如何に?

2017-07-19 09:02:53 | 日々の戯言
吾輩は主夫である名前は一応毒魚・・・


***


昨日の話からの流れだが遠征から帰還した7月7日は結婚記念日で無事一周忌・・・もとい一周年を迎える事が出来ました。
これもひとえにワラクシの人徳の賜物であります(嘘)


出逢って4年半?5年くらい?


何と言うか凸凹が綺麗にはまった感じの居心地の良さでここまでやってきましたが
もしかしてそのフィールの多くは彼女のゆるキャラ的なふり幅に支えられているのかもしれません。


典型的A型のワラクシは適当適当と呼ばれる中でも意外と四角四面・・・いややっぱクソ適当だわw


んで記念日たるもの何か(お祝いを)用意せんと殺される!と強迫観念にさらされながら
佐賀遠征先から思い付きで注文したプレゼントは去年開催されたドリカム裏ワンダーランドのBD。


彼女は行って私は行ってないけど今回初めて観たら非常に素晴らしいパフォーマンスのドリさん達でありました。


吉田美和ってスゲー

裏ドリクマ嫌いじゃないぜよ


ちなムジナ奥様からはノーマークノープレゼントだった事をここに明記しておくw
あれれ普通女性ってこうゆう節目事に対してシビアなんじゃないの?
※この辺がゆるキャラ


タヌキのフレンズか?!


***


さて冒頭に戻るが主夫は主夫でも専業ではないのはご存じの通り。とは言え正確には兼業でもなくてかつ家事も適当な放蕩レベル。
そうゆう旦那を持っても結構楽しんでいる(多分)奥様の胆力には頭が上がらない毎日であります。


そんじゃ生活費とかはどうしてるの?と疑問でしょうが
これでも投資と言う謎の財源から毎月の生活費を提供しており一応ですがその額はムジナ奥様の大体倍額だ。
※バイトは社会性維持の為の暇つぶし


んでそこから家賃や光熱費や食費等々を支払ってますがそれでも結構余るのでプールしており旅行など行く際の財源となるのです。


そんな訳でその拠出金以外は彼女がどれだけ稼いでいるのかは知らない。私のは投資部レポートで丸裸であるがそれは趣味だし別に構わん。


ポイントはお互いソコソコの収入が有るって事である意味共同運営者、または出資者に近いかもしれません。


一般的には家計管理は奥様がして旦那はお小遣い制だったりするけどそれではどう考えても現状の行動力を維持出来ませんw


例えばド近所沼津に釣り行くのだってそれなりの経費は必要だ。


今回の大遠征だって何人もの諭吉さんが殉職するほどの費用でしたが来るべきタイミングに出し惜しみせず行くのが私が生きる意味でもあるのでな。


お金とは時間と空間を確保出来るツール
知っている様で皆知らない?ですからこれを最大限に使うのは当たり前。


同じく奥様も管理され逆お小遣い制度にされたら困るらしいのでこの件に対しては完全に合意を得ていますw


でも2人共基本的には浪費家でも外食好きでもないので今のところ要塞経営は破綻の予兆はありんせん。


まぁ今後の話ですが近い将来には住居が変わるし、もしかしたら家族が増えるかもしれませんが
ならばこそ身軽に動けるうちに躍動しときたいと願うのであります。


まずは目先レベルでの夏休みの計画や年内の伊豆離島プチ遠征、来年なら北海道イトウ釣り・・・
妄想ならマレーシアのジャイアントスネークヘッドと欲は尽きませんがこうやって書くことも言霊の1つ。
改めていつか実現させてやろうと想うのであります。



おっ?これでまた1本書けそうだ・・・ヤルヨッ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

満ち満ちるコトは許さない?心のグローリーホールと八掛けの欲望とは如何に?

2017-07-18 09:37:39 | 釣部
約一ヶ月の遠征をはさんで久しぶりの大師匠とのセッション。


彼は彼でバスを中心に細かく動き回っていた様だが何か気合いが足りないらしく行っても昼からのんびり~なる緩い釣りをしていたそうだ。
どうやら起きられないらしいw


実はこの日も師匠はアオリやりたいんで先の朝3時に着きますよ?と嘯いていたが結局登場したのは5時。
既に2時前には来てウロウロしていたワラクシの大後塵でありました。


まぁ遠征で朝早起きがデフォになっている私と逆に遅くなっている師匠のギアが噛み合わないのは仕方がないとはいえ
これからのサマーシーズンは朝イチ命なのでお互いに頑張りましょう。


それでは夜明けです


***


そんな訳ありの沼津港スタンダップだがまぁ朝から強風ってか暴風であります。


狂おしい程の向かい風でお陰で釣り人は少ないですがそれでも馬鹿はいる様です。
角に餌師が1名、サイドにルアーマン1名、そしてワラクシもソコソコのポジションに入れたのですがまぁ風が厳しくて厳しくて。


だがそこはショアジグ。


鉛40gのルアーならそれなりに飛ぶので何とか成立します。逆に角の餌師は悪戦苦闘中・・・
それでも気の良いお兄さんで私が挨拶するなり「キュウソ好きなんですか?」とマイTシャツを指して結構和んだ。


ネコではなくネズミだ


ありがとうJK。お陰でフレンズが増えたよwww


さてこの時点では師匠は登場してませんが何投か目にミニマムサイズのワカシ(イナダのお子様)がヒット。
まぁ鯵サイズなんで塩焼きには出来るかもしれないが大きくなれよ?という意味を込めてリリースw


早々にキタ

だがこのサイズ


そんなのがポロポロルアーを触る頃に師匠到着。


向かい風に立つなり駄目だコリャ~と嘆いてましたがこれまた数投目で魚をゲトしあっという間に前言撤回w


相変わらず仕事早い


やがて魚はワカシから中々良いサイズのソウダカツヲに変わってそれがポロポロと釣れていたのだが(私もね)
川筋から結構な濁りが入ってきてバイトが遠のいた。そして極めつけは豪雨来襲にて終了とあいなりました。


おっこれはいいんじゃないか?

結構立派でしょ

ワラクシもポロポロ


いや一応私用により最初っから午前中だけのセッションで思ったより釣れたし良かったのだけれどそれでもどこか中途半端。
まぁ遠征中は夜明け前から日没後まで釣りしてたしねぇwww


そんじゃまぁ・・・


第二ラウンド行きますか?


我が師は寝不足で即身成仏化


***


そんな訳でどこか満たされないワラクシはいそいそと西湖浮遊にやってきました。
沼津は豪雨大荒れだったけどこっちは穏やかに晴れてます。


ヘロヘロですがね

でもここは風光明媚


もちろん奥様へ特別許可申請をしてまして先程ゲトのお魚を捌いて夕食の準備をした後に来てますw


ちなみにソウダカツヲは血合いが多く捌いた際にはこれは美味しくないかも?と懸念しましたが
スパイスソテーしてみれば普通にイケてました。おさかなフレンズさん命をアリガトウゴザイマス。


さてこちらも久しぶりの西湖。


浸水しないって楽しいw


確か前回はチビばかりでデカは釣れずだったのでまだ西湖始まってない?と思っていましたが今回結論として






西湖終わってましたナンダト!


一応20cm台のチビは釣れる一応ね。10匹以上は釣ったんじゃないかな?


フォトジェニックな子はゼロ


でもサンマルすら越えずしかも釣れるエリアと言うよりゾーンと表現した方が良いほど狭いスポット。
たかだか左右10mのゾーンでしか魚が居ない。んであれだけ見えていた良型のバスは霧散しており
いるのは10cmクラスだけとどうやら季節は確実に変わってしまいました。


もう一度書くが西湖終わってましたw


それは大幅減水の影響もあるんじゃないかな?


また一段減ってマス


いつもの好ポジションをとれない彼等が他へ流れてしまった可能性を考えます。
それを追えよ?と突っ込まれるかもしれませんがそれは面倒なのでw


あくまで私にとっての西湖浮遊は癒しであり狩りではございません。


だからこんな散々な結果に見えますがそれ以上は求めないのもここでの心得なのであります。
まぁそうは言っても何か満たされないのも本音だけどね。


なんだかなぁ


さぁ帰って主夫しますわツカレタヨ
※これで1本書けそうだな
コメント
この記事をはてなブックマークに追加