アリの一言 

オキナワ、天皇制の現実と歴史などから、
  人権・平和・民主主義・生き方を考える。
   

「安倍首相の真珠湾訪問」のもうひとつの狙い

2016年12月06日 | 日米同盟と安倍政権

    

 安倍首相がオバマ大統領と一緒に真珠湾を訪れる狙いは、安倍氏自身が「日米同盟強化の意義を世界に発信する」と言うように、日米軍事同盟のいっそうの強化を図るためです。

 5月に広島を訪れたオバマ氏は、その直前に米軍岩国基地で米兵と自衛隊員を前に「かつての敵国が強固な同盟国となった」と述べ、オスプレイに乗って岩国基地から広島へ向かうという演出で日米軍事同盟強化を強調しました。安倍氏の「真珠湾訪問」はそれと対をなすものといえます。

 また、トランプ次期大統領がオバマ訪広の際に、「真珠湾の奇襲について議論したのか」(ツイッター)と不満を示していたことから、トランプ氏に媚びを売り、軍事同盟の維持・強化を図る狙いもあるでしょう。

 こうして「オバマ氏の広島訪問」と「安倍氏の真珠湾訪問」は、日米軍事同盟の強化という共通点でつながっていますが、それだけではありません。それそれに特別の意味・狙いがあることを見逃すことはできません。

 「オバマ氏の広島訪問」には(詳述は省略しますが)、核兵器廃絶に背を向けてきたオバマ氏と日本政府が、あたかも核廃絶に努力しているかのような印象を与える狙いがありました。

 「安倍氏の真珠湾訪問」はどうでしょうか。それを考えるカギは、「日米開戦の発端となった地である真珠湾」(6日付共同配信)というメディアの共通したフレーズです。
 日本による「真珠湾攻撃」は「日米開戦の発端」ではあっても、けっしてアジア太平洋戦争の発端ではありません。

 日本海軍による「真珠湾攻撃」は1941年12月8日午前3時20分(日本時間)ですが、その約1時間前の午前2時15分、日本陸軍はマレー半島東北部(コタバル)に上陸し、イギリス軍と戦闘を開始しています。これがアジア太平洋戦争の口火です。
 「真珠湾」が「日米開戦の発端」だと強調することは、アジア太平洋戦争の発端である「マレー半島上陸」の歴史的事実から目をそらすことになります。

 それはけっして時間的な前後関係の問題ではありません。林博史関東学院大教授(日本近現代史)はこう指摘します。

 「なぜ東南アジアのマレー半島なのか。日本は中国への侵略戦争に行き詰っていた。そして、中国から撤退せよというアメリカの要求を拒み、石油や鉄の供給を止められてしまった。日本はあくまでも戦争を続けようとし、そのために必要な資源を確保するために東南アジアに目を付けた。…ところが、フィリピンはアメリカ、マレー半島やビルマはイギリス、インドネシアはオランダの植民地だった。これらの国々と戦わずに東南アジアの資源を手に入れることはできない。ここに日本がアメリカやイギリスを相手に戦争を始めた理由があった。つまり東南アジアを占領し、そこから資源を獲得することこそがアジア太平洋戦争の最大の目的だった」(「東南アジアで日本は何をしたか」)

 中国は「オバマ訪広」の際も、そして今回も、日本軍が大量虐殺を行った「南京」へなぜ行かないのかと抗議しています。正当な指摘です。
 しかし同時に、日本の首相が言って「謝罪・献花」しなければならないのは、「南京」だけではありません。シンガポールにもマレーシアにも「住民虐殺の追悼碑」はあります。「大国・中国」の抗議は報道されても、これらの東南アジア諸国の声が伝えられることはほとんどありません。

 「安倍首相の真珠湾訪問」は、日米軍事同盟の強化を図るとともに、アジア太平洋戦争の発端であり目的だった日本のアジア侵略を隠蔽する役割を果たすことを見逃すことはできません。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 墓穴を掘った翁長知事の〝釈... | トップ | 翁長知事の「高江ヘリパッド... »