アリの一言 

オキナワ、天皇制、朝鮮半島の現実と歴史などから、
  人権・平和・民主主義・生き方を考える。
   

辺野古の現場から① 埋立土砂搬入を阻止する人々

2017年07月13日 | 沖縄・辺野古・高江

     

     

 12日、埋め立て工事が始まって以来、辺野古の現場を初めて訪れました。沖縄平和市民連絡会、島ぐるみ会議が毎朝9時に県庁前から出すバス(無料)を利用させていただきました(帰着は5時半ごろ)。この日バスに乗ったのは16人。本土からは私を含め2人でした。

 9:00 県庁前出発。バスの中では、新基地建設に反対しているグループの人から現状について報告が行われ最新の状況を知ることができました。参加者のスピーチでそれぞれの問題意識も聞かれ、有意義な時間を過ごしているうちにあっという間に現地へ。

 10:40 米軍キャンプシュワブに到着。フェンスには、「日米が合意しても 沖縄は合意していない」「歴史は見ている知っている 沖縄は負けない」「平成の「琉球処分」 新基地建設を許さない」「U.S Forces OUT!」の横断幕。
 ゲート前には休憩用テントが常設され、ここでも「学習会」やスピーチ、歌や楽器が繰り広げられます。やがて、採石場から埋立用の土砂を積んだ大型ダンプが出発したという情報が。ダンプは約40分でゲートに到着します。人々は搬入阻止の「抗議の座り込み」のため、休憩テントから約200㍍離れた搬入口へ。

 12:40 搬入口で「座り込み集会」開会。この日は約70人。集会リーダーが、私たちが到着する前に、赤十字のついた救護用のテントまで県警が撤去したと怒りの報告。

 13:20 沖縄県警の警察官(機動隊員)約50人が隊列を組んで歩いてやってきました。「立ち退いてください」と形式的な「警告」をしたあと、”引き抜き”の開始。
 「違法工事やめろ」「抵抗は当然の権利だ」「県警はウチナーンチュの魂を売るな」…集会リーダーはマイクで「(腕を)ねじるな」と参加者を負傷させる暴力行為を抑止。
 県警は引き抜きながら、抗議のようす、参加者の顔をカメラで撮影。その台数5台以上。もちろん違法です。

 13:35 「座り込み」はすべて排除。長い列をつくって待機していた搬入ダンプが次々ゲート内に消えていきます。その数約30台。

 14:10 搬入終了。搬入口は閉められ、その前に民間警備員がずらっと並びます。県警は今度は駆け足で引き揚げていきました。

 15:30 帰りのバスは16時の予定。それまで「休憩テント」でスピーチや歌。そこへ、この日2回目の搬入のためダンプが採石場を出たとの情報。予定のある人は別の車で送ってもらいましたが、大半は帰りの出発をの延ばして2回目の搬入に備えます。

 16:30 ふたたび、座り込み。引き抜き。

 16:50 搬入終了。

 17:00 帰りのバス出発。

  現場の攻防の1日はこれで終わるわけではありません。ゲート前テントでは24時間の監視が続けられています。この日で「1102日」。先日は大半の参加者が引き揚げたあとでまた搬入が行われたとか。

 さらに、このゲートでの搬入阻止行動とは別に、大浦湾埋立現場では、海上行動グループによる反対活動が続けられています。こちらの現場にも行きたかったのですが、この日は行けませんでした。

  私の「1日行動」はこれで終了です。翌日には広島へ戻ってきました。

 しかし、沖縄の人々にとってはこれが「日常」。「戻る」ところはありません。

  この日の「行動参加」で新たに知ったこと、考えたことを次回書きます。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 被災地に迷彩服は似合わない | トップ | 辺野古の現場から② たたかい... »