こころの万華鏡

日常の中に瞑想があるのではない・・
瞑想が日常に溶け込んでいる

予言と天変地異

2017-11-14 09:45:12 | 神道系の話題



今日は朝から雨が降っているので散歩はお休みです。


この雨の後には寒気団がやって来るとかで

長期散歩はしばらくお預けかな?



昨日イランとイラク周辺で大きな地震がありました(M7.3)


日本雛形論でいうとこの周辺は岐阜県辺りだったような気がする・・


イランの辺りはメソポタミアとか人類最古のシュメール文明とかで

それに対応するのが日本の飛騨王朝なのだと、、

どこかで読んだ記憶がありますが、確信はありません。


岐阜は地震とは縁が遠い地域のようにも見えますが、

出口王仁三郎の云う「身の終わり(美濃尾張)」の土地で

世の終末には大きく動くとされているだけにちょっと気になる。


私は出口王仁三郎の言説を鵜呑みにはしてないけれど

あれだけの事を起こした歴史に名が残る人物だから

利用する価値は大いにあると思う。


その他の名だたる予言も同じく利用する勢力というのは

いくらでも輩出される可能性があると思います。


ひょっとしたらどこかの悪しき勢力が

予言を人為的に成就させようとした結果も含めての予言、、

という可能性も否定できないと思います。


それを知るのは神のみぞ。。

















ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生きてるんだな | トップ | 月と夕焼け »
最近の画像もっと見る

神道系の話題」カテゴリの最新記事