こころの万華鏡

精神世界の住人。心の不思議を楽しんでます♪

『神図り』 というハタラキ

2016-10-19 13:38:06 | 神道系の話題


前回(17日)の『神社廻り』の記事の続きのような話ですが

古き善き想い出ついでに 記しておこうと思います。


その当時の私が特にご縁があったと感じている神社は

奈良県にある天河弁財天社(通称、天河神社)です。


交通の便があまり良くない立地場所にあるのですが

忙しい合間を縫って 足しげく通った時期がありました。


その当時から現世利益を求める気持ちは微塵も無く、

神様に救いを求めようなどとは思ったことも無かったのですが

不思議と引き寄せられるように行きたくなるのです。


直感というか衝動というか・・


映画『未知との遭遇』で岩山に集められた人々のように

居ても立っても居られない感じで・・(笑)色んな偶然が重なり

その場所へ導かれるといった風でした。


そして行ったら行ったで 必ず思わぬハプニングが起こり

否が応でも何がしかの気づきを促される・・

といったことも度々ありました。


やはり人間の理解が及ばないところで

大きな「ハタラキ」があることを思い知った経験のひとつです。


この「ハタラキ」のことを「神仕組み」とか「神図り」とかいうのでしょう。


その人智の及ばない壮大かつ荘厳な「ハタラキ」の中で

ちっぽけな自分が生かされていることを

この天河神社を始め、ご縁のある神社廻りの期間に

何度も痛感させられています。


こういった経験を通して「神図り」は常に起動しているのだ

ということを知りました。

それを受け取れる時と そうでない時があるだけ・・。



この壮大で荘厳な「ハタラキ」の中で

人々は生きている・・

否、「生かされている」のだ

という理解が

自然と紡ぎ出されていきました。 


それから先は

人生での迷いが出てきたら

この 「 生かされている 」という感覚を

こころの中心へと手繰り寄せることにしています。


そうしたら

自然と道が開けてくるのでした。


以上、昔の善き想い出話しでした。







自宅周辺で・・













ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 満月の翌日ですが | トップ | お疲れ様 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (すばる)
2016-10-20 00:50:33
こんにちは。

天川村にある神社ですね。
私も…行きたかったなぁ。。。
厳島・弥山、天橋立、天川、松島ということでね、行ってみたかったんです。

2年ほど前の夏、行きたい→行こうかな、となって、車で行くつもりで地図まで調べたのに、結局行けずじまい。。。
そして、昨年、転居となってしまいました。なので更に遠くなり、簡単には…行けない距離に…。(汗)

天川は山深いところのようですから、自然が…緑が豊かでしょうね。キレイな星空も見えそうですね。

人間は、この地(=自然)の中で生かされている、って
私も思います。
すばる様 (さとり)
2016-10-20 07:43:58
コメント有り難うございます。

厳島~松島のラインですね・・判ります^^

この中で弥山と天橋立は行ってますが
厳島と松島には行けてません。

天川はまるで別天地のようでした。
特に天川の河原でせせらぎを聞きながらのお月見は・・
ちょうど満月で静かな昂揚感を覚えました。
印象に残る想い出です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

神道系の話題」カテゴリの最新記事