こころの万華鏡

日常の中に瞑想があるのではない・・
瞑想が日常に溶け込んでいる

カルマが与える時と場

2017-11-11 14:45:26 | 日々の雑感



今日も風がきつくて散歩は断念しました。


ここら辺は高層マンションが多くて風が舞いやすく

台風並みの突風が吹くこともたまにはあり、今日は台風並み。


夏は涼しくていいのだけれど、冬はちょっと辛いです。




思えば、、、

仕事をリタイヤしたら田舎暮らしをするつもりだったのでした。


それがどうした事か、、ここに移り住むことになってしまった。


仕事を止めるという潮時を感じた途端に

物事があれよあれよという間もなく、、

自分の意志に反して瞬く間に動いて行ったという感じでした。


勿論最終的な決断をしたのは自分だけれど、

それ以外に選択の余地はなかったかのように感じました。


今になって思えば母の面倒を見ることになったのも

この逆らうことの出来ない大きな流れの中で

ある意味必然として起きたことだと判ります。


人生思うようにならないことの方が多いけれど

それでも目に見えない大きな力の前にはひれ伏すしかなく、

抵抗するよりは従う方が楽だと感じる自分に時が寄り添う。


それをカルマと呼ぶのでしょう。


その与えられた場所と時間を使って

ひた向きに生きていると

やがてその場所と時間から解放される日がやって来る・・


私の人生はその繰り返しのような気もする。














ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 月夜に泪 | トップ | 生きてるんだな »
最近の画像もっと見る

日々の雑感」カテゴリの最新記事