0点チャンピオン

314532 = SATOSHI = 3104

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

組織はリーダーの力量以上には伸びない

2012-11-03 | ★LOVE 大野智




11月3日は嵐がCDデビューした日。
11月3日は嵐の握手会があった日。
11月3日は少年隊夢で大野さんがリーダーに決まった日。


嵐がCDデビュー13周年ということは、大野智さんが嵐のリーダーになって13周年でもあるということ。
実際、番組自体は11月2日の放送だったんだけど、深夜放送だったから、11月3日がリーダーになった日。
ならされた日。(笑)
でも、細かく言うと、少年隊夢の収録は前の月の10月だったから、
大野さんが嵐のリーダーになったのは11月3日ではないんだけど。(笑)
たしか10月の25・・・29日か。金曜日が収録だったからな、29日かな。
10月29日の金曜日が嵐のリーダーになった日。

CDデビューのお知らせはハガキでしたね。手書きのハガキ。
当時はまだ携帯電話のメールがそこまで普及してなかったのでね。
ハガキでのお知らせでした。
なんてったって、1999年年明けにDoCoMoからiモードが登場したくらいでしたからね。
ちなみに大野さん京都2年目の1998年に初めて携帯電話がカラフルになったの。
それまでは黒とかしかなかった。
大野さんが入所した1994年の頃のケータイなんて厚みが5センチくらいあったからね。(爆)
携帯できないつーの!っていう。
してたけど。(爆)


ハガキには町田さんの名前も載っていました。
載っていることの残酷さを感じました。


あれから13年か。早いなあ。
当時のわたしは、お先真っ暗な気分で握手会の列に並んでいました。
それまではずっとお姉さまたちに囲まれた大野智スキー生活を送っていたので、
きゃぴきゃぴしたファン層に全く付いていけなくて、
そんなきゃぴきゃぴしたファンに支持されて活動していくだろう
大野智が想像できなくて、
想像できないというか単純にヤで、
半ばウンザリしながら並んでいたのを覚えています。
まあこれは2009年以降、当時と同じような環境におかれている感じがありますけれど。
なんだか地に足が着いていない感じの、そんな周りの状況についていけない感じが。

もうね、最近思うのが、今までの全ての記憶をなくして
新たに大野智スキーになれたらなってことだよね。
そしたらどれだけ楽しいだろうなと。
大野さんが板の上で踊る姿を知らなければ、
板の上で一人で歌う姿を知らなければ、
今の活動を心から楽しめるんじゃないかってね。
満足できるんじゃないかってね。
バカですよねえ。ふふ。


two、聴いてます。
諸事情がありまして、エレカシ、Queenの合間に
盗み聞くようにしてtwoを聴いてます。(なんだそれ)
出だしの、かさなる~♪のところがすでに好き。
ここ、気持ちいい。(笑)






この記事をはてなブックマークに追加

【アラフェス】 ****感想(詳細)****  Vol.3

2012-10-27 | ◆LIVE
*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*
ARAFES[アラフェス/嵐フェス]
2012/09/20(THU)|2012/09/21(FRI)
国立霞ヶ丘競技場
17:30~21:00
*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*

  ■関連記事
  ・【アラフェス】 ****感想(総括)**** / 年代別投票結果 
  ・【アラフェス】 ****感想(詳細)****  Vol.1
  ・【アラフェス】 ****感想(詳細)****  Vol.2


------------------------------------------------------------




◆28:One Love (※生オケ)◆
いっつもいいところに持ってくるよねって印象の曲でしかないんだけど。(爆)
オケが出てきた瞬間、One Loveくるんじゃない?って思ったら案の定だったっていう。
嵐さん、この曲好きよね。
指揮者付のフルオーケストラ。
ウエディングドレスみたいな衣装。
普通の白いシンプルなスーツでよかったんじゃないかっていうくらいに、
ドレスドレスしてましたけれども。
THE ジャニーズって感じでしたね。(ザックリまとめた)
ヤラっちの振り付けはなし。


◆29:truth (※生オケ)◆
 
   ルシファーという
   神様からすごく愛されていた天使よ
   優しくてほがらかで
   みんなからとても好かれてたの
   でもある日ルシファーは神様の怒りをかって
   天国から追い出されてしまったの
   行き場所をなくしたルシファーはサタンとの名前をかえて
   地獄舞い降りて そこで・・・・魔王になってしまったの



今までの黒から、白へ。
truthのPVでは嵐初のオケバックに感動して、今回はフルオケ背負っての披露に感動して。
もうね、曲のリミックスが抜群によかった。
あとなんと言っても、アレンジされた間奏部分のジャズが素敵すぎてもう。
間奏部分の大野さんのダンスが素敵すぎてもう。
この世のものとは思えないくらいに、美しかった。
ホント、きれいに回るよなあ。

 センターの大野さんが両手をあげながらジャンプ→ダウン。
 その後、大きく2回ターンしながら横一列になるように移動して、その場で素早く2回ターン・・・


こんな感じで、簡単に言うとターンの連続だったんだけど、これがまあ美しくて。
ターンしながらそのままふわっと中に浮いて、天にのぼっていってしまうんじゃないかと思うくらいに、
美しかった。
しかし、両手をあげながらジャンプしてダウンするところなんかは、一歩間違えば
オモシロイことになること請け合いの振り付けで
(まあジャズってそんなもんだけど。音と音の間の、音符にない部分を踊るっていう、
最もセンスの問われるジャンルだから)、5人揃った状態がどんな風になっていたのかは
不明。(笑)


◆30:5×10 (※生オケ)◆
もはやこの曲の立ち居地がわからない。(爆)
大体、去年の国立で5×10歌った時ですら、この曲を歌う意味がわかんなかったもんな。
スケッチもそうなんだけど、こういう曲って、出来たときの時代の流れとか背景とか、嵐が置かれている状況だとか、
そのときの臭いだとか景色だとか、そういう色んなもの全部ひっくるめて完成されるものだと思うんだよね。
もちろん曲自体が好きだってのはアリだとは思うけれど、メッセージを伝える役目という点においては、
やはり出来た瞬間が旬なんじゃないかと。

スケッチはねえ、なんだかんだ言って当時を思い出す。
昔のことだからそのとき感じた全てのものを思い出すのは無理だけど、
感覚的に残っているのは、嵐も、嵐スキーも、どちらも同じくらい「嵐」のことを想っていて、
どちらも同じくらい「嵐」のことが大好きだった気がするなあということ。
関係に無理がなかったよなあということ。
意思の疎通が出来てたよなあということ。
内輪な感じが楽しくて、お互いに共有するものが多かったよなあということ。


★ミニMC★
★シングルTop10発表★
◆31:Face Down◆

1位はFace Downって。最近の曲ですやん!(笑)
だけど、こんなのわざわざ投票しなくたってやるもんだと思ってたけど、
最新曲のYOUR EYESはやらなかったから、投票結果に入ってなければやらなかったのか・・・と。ビックリ。
しかしなんだってそんなところだけ投票結果に忠実なんだ?
上位に食い込んでもない曲、やってるのに?ドーン

でも、初だったしね。曲は大好きだから。よかったです。
しかしあれだ、
かうんだんかうだん~♪
つっていつも鼻歌まじりに歌っているせいか、曲名のFace Downがちっとも覚えられず、
Countdownしか出てこないという、ね。(ダメ人間)


◆32:迷宮ラブソング◆
そしてこれは曲名が覚えられないどころか、何も出てこないという有様で。ドーン
相葉スキーは迷宮ラビリンスと言って間違い(爆)、わたしは迷宮という単語すら出てこなかった・・・。
あと、毎度「キャー」となるところで、「え、ここって笑うところじゃないの?」って思ってサーセン。(笑)
すごいね、アイドルみたいだよね、嵐さんって!
みたいな。んふふ。


◆33:Oh!Yeah◆
◆34:ハダシの未来◆
◆35:A.RA.SHI◆
★挨拶★
◆36:感謝カンゲキ雨嵐◆

スローテンポの感謝って、凱旋コンぶり?
それ以降聴いた覚えないけど、どうだったかな。
この曲が出た頃って、なにこの曲名って突っ込んだ覚えがあるんだけど。(笑)
「たぶんピンチに強い」って、多分かよ!って今でも心の中で突っ込んじゃうんだけど。(笑)
いやまあね、バレーが今ほど強くない時代だったから、
「絶対ピンチに強い」じゃなくて「たぶん」になったんだろうけどさ。うん。
しかしまあ、ここまで長い間歌われ続けるとは思ってもなかったなあと。
んふふふふ。 
懐かしいね。なんかね。
ペンライトとか昔はフツーーーーーーーーの棒で、他のグループと共通だったよねとか。
ボードOKだったとか。うちわも規制とかなかったとか。
サイン色紙、サインボール投げてたなとか。
あれキライだったんだよなあ。
なくなったとき、やっとか!って思ったもん。
もうね、人の醜さを目の当たりにする瞬間がホントにヤだった。(爆)
サイン色紙を引っ張り合って色紙も本人たちもボロボロになってるのとか。
ドン引きですよ、ほんと。
今でいうところの銀テープね。
あれも早々にやめていただきたい。
テープ追っかけて右往左往しているいい大人を見るだけでもあれなのに、
ぶつかってこられたりしてホントに危ない。
いつ怪我人でてもおかしくないレベルよ?
ってかね、追っかけなくてもじっとしてれば足元に落ちてきますから。はい。


★重大発表(アルバム「Popcorn」発売&ドームツアー告知VTR)★
----------------------
★アンコール★
◆37:証◆
◆38:言葉よりも大切なこと◆
◆39:Love so sweet◆
◆40:サクラ咲ケ◆
★花火★
★Wアンコール★
◆41:EYES WITH DELIGHT◆

おーらびゅらびゅ♪
言葉よりも大切なもの、Love so sweet、サクラ咲ケ、の先にこれが待ってるとは思わなかった。
ドリアラの初日での反応が芳しくなかったのが原因なのか、次からは何事もなかったかのように
なくなってたからさ、もう聴けないじゃないかと思ってた。
まあドリアラ初日のポッカーーーーーーーーン状態だったのは確かだったけど。
でも去年の「夏の名前」も大概、ポカーーーーンでしたよ?
で。「むねにしまったあの~」がありましたよ、歌いましたよ、大野さん。
好きです。ここすき。


◆42:VOICE(21日のみ)◆
何にビックリしたって、この曲を知らないどころか、YOUR EYESのCDのパッケージすら
開けてなかったということ。
ついでにMステもまだ見てなかったということ。ドーン
相葉スキーの感想を聞いて、もう曲を聴いた気分になってた。
既視感ありまくりのイントロ&とって付けたようなソロが最後にあるっていう、
相葉スキーからの感想を聞いて、自分も曲を聴いた気分になってた。(散々すぎる)
でも日ごろから、ドラマの曲ぐらい相葉ソロがあってもいいじゃないかー
とかなんとか言ってるから、あってよかったじゃないのーと。
したら、そもそもソロなんかいらないんだ、と。
でも、ジャイアンにあって、相葉にないのが納得いかないんだ、と。(爆)
ま、毎度のことなんですけどねー。(それってどうなの)





■戯言■
今回、翔さんがSHOWタオル巻いてたのにはビックリ。
ソロコン懐かしいなあ。またやってくんないかなあ、大野さん。(結局)
あの演歌歌手チックな大野さんね!(笑)
通りからものすごく目立つ場所にベターっとポスターが貼ってあった
Zeep仙台の様子を思い出すと今でもおかしくってね。
売れない歌手そのものって感じだったなあと。(爆)
シュールでしたねえ。好きだけどね、シュールなの。

毎回ライブに行くたびに感じること、言うこと。
「潤ちゃん、変わったなあ」。
2007年、2008年ごろまでかなあ?ライブ中になんとなーく嵐5人が集まるとき、
決まっていつも誰か一人足らなくて、その誰かは大抵、相葉さんか潤ちゃんで。
相葉さんはひとり楽しくなっちゃって、ワーーーーーつっていなくて。
潤ちゃんはとんがってて、ね。いつもひとり離れたところにいたイメージがあって。
スキンシップも大野さんとぐらいだったからね。
まこれも最初からというわけではなかったけれど。
なんせ大野さんが超ドSでしたからね。
自分にまとわりつく潤ちゃんを完全にあしらってましたからね。
”もてあそぶ”とはこういうことを言うんだな的なね、扱いしてましたからね。
それが原因で潤ちゃんがとんがったんじゃないかって思うくらいでしたからね。(爆)

だからメンバーとのスキンシップが年々多くなっていく姿を見るたびに、
変わったなと思うんだよね。うん。






------------------------------------------------------------


   ◆セットリスト◆
   ~Overture
   01:Happiness
   02:五里霧中
   03:CARNIVAL NIGHT part2(FESTIVAL NIGHT)
   ★挨拶
   04:Love Rainbow
   05:Step and go
   ★ミニMC
   06:ワイルドアットハート
   07:Summer Splush
   08:Love Sutuation
   09:ファイトソング
   10:FriendShip(相葉ソロ with 嵐)
   11:Shake it(松本ソロ with 嵐)
   12:Season
   13:夏の終わりに思うこと
   14:Still...
   15:T.A.B.O.O(櫻井ソロ with 嵐)
   16:PIKA★★NCHI DOUBLE
   17:Troublemaker
   18:エナジーソング~絶好調超!!!~
   ★MC
   ★プレス会見
   ★俺フェスsong 
    ・大野智:Kissから始めよう (※21日のみ)
    ・櫻井翔:Green (※20日のみ)
    ・相葉雅紀:Hey Hey Lovin'You (※20日のみ)
    ・二宮和也:スケッチ (※21日のみ)
   19:20日 Green/21日 スケッチ
   20:20日 Hey Hey Lovin'You/21日 Kissから始めよう 
   21:Gimmick Game(二宮ソロ)
   22:Rain(大野ソロ with 嵐[映像])
   ★DJ×MJ
    ・Come back to me
    ・ヤバイヤバイ
    ・A・RA・SHI
    ・We can make it
    ・Believe
   23:マジカルソング(相葉ソロ)
   24:大宮skoshi(大宮SK)
   25:Re(mark)able
   26:La tormenta 2004
   27:時計じかけのアンブレラ
   28:One Love (※生オケ)
   29:truth (※生オケ)
   30:5×10 (※生オケ)
   ★ミニMC
   ★シングルTop10発表
   31:Face down
   32:迷宮ラブソング
   33:Oh!Yeah
   34:ハダシの未来
   35:A.RA.SHI
   ★挨拶
   36:感謝カンゲキ雨嵐
   ★重大発表(アルバム「Popcorn」発売&ドームツアー告知VTR)
   ★アンコール
   37:証
   38:言葉よりも大切なこと
   39:Love so sweet
   40:サクラ咲け
   ★花火
   ★Wアンコール
   41:EYES WITH DELIGHT
   42:vice(※21日のみ)



*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*


いつもは自分専用の日記「大野智の観察日記」に記すだけなのに、
何故今回に限ってブログに書こうと思ったのかは謎だけど、
まあ次はないかなあ。
ドンヨリ...

この記事をはてなブックマークに追加

【アラフェス】****感想(詳細)****  Vol.2

2012-10-24 | ◆LIVE
*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*
ARAFES[アラフェス/嵐フェス]
2012/09/20(THU)|2012/09/21(FRI)
国立霞ヶ丘競技場
17:30~21:00
*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*

  ■関連記事
  ・【アラフェス】 ****感想(総括)**** / 年代別投票結果 
  ・【アラフェス】 ****感想(詳細)****  Vol.1


------------------------------------------------------------


◆グッズ◆
今回のグッズもよかったけど、ライブ中に出てくる5人のキャラクターの画がすごくかわいかったから、
そちらのグッズ化を希望したいなあ。
しかしあれだね、「嵐」という文字の中に顔が書いてある嵐ちゃんマーク、なんやかんやで長いよねえ。
もう10年そこらのお付き合いなんじゃない?
まあその間、姿を消したりリニューアルしたりってのはあったから、
まんまあの形が残ってるわけではないんだけど。





★mc★
ここ最近はどこの雑誌もレポを載せてくれるので割愛しまーす。
って、雑誌確認してないから本当に載っているかはわかんないけど。(え)


★プレス★
いつぶりだろうか、プレス入ったのって。
何年ぶりだー?5年じゃきかないぞ・・・
もうね、プレス入るとMCが俄然つまんなくなるからヤなんだよね。うん。(笑)
まあ、ハコが大きくなった時点で、MCに期待することもなくなったんだけどね。そもそも。
だって当たり障りのないことしか言わないんだもん。
しょうがないことなんだけどねー。だってあたしだって同じ立場だったら同じことするもん、
間違いなく。色々面倒くさいから。
20日はプレス、21日は撮影機材はいってって・・・
国立はいつもこんなだからMCなんてないも同然。だから別にいいんだけど、
でもプレスは時間も割かれるし、ホントにヤだ。
割かれた影響がアンコにでたりするからヤだ。
しかしあれだ。インタビュー受けるメンバーが映るたびに歓声があがってたんだけど、あれは何で?
いつものテレビで見る嵐だー!雑誌で見る嵐だー!ってことでOK?
ライブって、いつもの嵐じゃないものを求めてくるもんだと思ってたけど、今は違うんだね。なるほど。


★俺フェスsong★
 ・大野智:Kissから始めよう
 ・櫻井翔:Green 
 ・相葉雅紀:Hey Hey Lovin'You 
 ・二宮和也:スケッチ 

◆19:20日 Green/21日 スケッチ◆
Green、なんの思い入れもない曲だったけど、久々に聴いたら(ドリアラぶり?)
思った以上に大野さんの声が良くて聴き入っちゃった。(そこ)
スケッチは・・・、5×10のところで語ろうかな。


◆20:20日 Hey Hey Lovin'You/21日 Kissから始めよう◆
ちょっと待って、相葉さんの俺フェスは「ONLY LOVE」じゃないの?(白目)
てっきりONLY LOVEなんだと思ってたよ。
ONLY LOVE、ようやく聴けるもんだと信じて疑わなかったからさあ、
もうね隣で相葉スキーの動揺がハンパなかったですけど。(笑)
いやまあ、「Hey Hey Lovin'You」も相葉さんって感じだけれども。
でもそれ、Timeコンでやったじゃん、か。やったよねえ?
で。大野さんは「Kissから始めよう」ね。
・・・・・・・・・・・・え?
二宮さんは「スケッチ」と。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ん?
・・・ねえ、これ本当に自分で選んだ曲?(笑)


◆21:Gimmick Game(二宮ソロ)◆
◆22:Rain(大野ソロ with 嵐[映像])◆

Rainにはビックリしたなあ。これが選ばれるとは思ってもなかったから。
個人的には、見せてもらえるというなら「TOP SECRET」がよかったですけどね。
ま、そもそもソロがあるなんて思ってもなかったからあれだけどさ。
でも、メンバーのソロをやった時点では、魔王スキーが割合的に多いだろうから、
魔王出演が決まったきっかけになった「song for me」が
選ばれるんじゃないかと思ってたんだけど。
違ったなあ。深読みしすぎてたわ。(爆)
んふふ。
今回唯一のOneからの選曲でしたね。
基本、(【アラフェス】 ****感想(総括)**** / 年代別投票結果)で言ったように、
過去の踊りには興味ないんだけど、でもアレンジされててよかったです。
身一つで板の上に立つ大野智は、シルエットですらかっこいいというね。
途中、メンバーが映像で参加してたけど、そちらは見ず仕舞い。
で、相葉スキーにあとで聞いたら、相葉スキーも見ておらず、
サックスキーも見ていなかったという。(爆)


★DJ×MJ★
 ・Come back to me
 ・ヤバイヤバイ
 ・A・RA・SHI
 ・We can make it
 ・Believe
23:マジカルソング(相葉ソロ)
アレンジよかった。
でもこれに限らずだけど、今回はTimeコンの色合いが強いライブだったから個人的には残念だった。
好きか嫌いかでいうと好みじゃない(笑)系のアルバムだったからね、うん。
でも予想してたからあれだったけど。
そしてPopcornもTimeと同じ系統のアルバムなのかしら、と今から戦々恐々。(視聴しない主義)


◆24:Monster/大宮skoshi(大宮SK)◆
昔やってたマナーVTR、復活してほしいんですけどー。(笑)
あれ、大好きだったんですけどー。
でもまあ今やったら・・・、ノリがわかんない人からクレームきそうだけど。(爆)
タカとユウジと、あとの残りの8名の方々はあれですか?
タカとユウジの子どもですか?
タカが大きなお腹をアピールしてたときの、あのときの子どもたちなんですか?(真顔)
へえ、10人家族なんだ、大宮家って。ふーーーーーん。(んなわけない)
しかし何にビックリしたって、大宮SKが解禁になったってことだよ。
嵐のライブに大宮が出られたってことの解禁ってことじゃないよ、
地上波にのることが解禁になったってことだよ。
ライブでは二宮さんが関係者に謝ってたけど、
WSで大宮の映像が使われていたってことは、大宮の映像に事務所側が規制をかけなかったってことだもんな。
スマだっけ?いつぞやのライブで使用する映像に一切規制かけなかったのって?
でもあれとは違うもんね。


◆25:Re(mark)able◆
◆26:La tormenta 2004◆
◆27:時計じかけのアンブレラ◆

今回、唯一おーーーーーーっ!!!!!!!!となった曲。
初見だしね。もちろんそれだけじゃないけど。
黒×白の衣装もよかった!
青いスーツもよかったけど、アクセントにしていた黒い小物が微妙だったしね。
せっかくきれいな色なのに、黒入れちゃったらくすんじゃうじゃない、と。
でも衣装もセットも映像も、お金はすごいかかってるなあって思ったけどね、特に後半。(笑)


で。タンゴ、タンゴ、タンゴ!ですよ。
地鳴りみたいに響く会場の声もすごかったけど、ホンキdeホンキの大野さんの踊りがすごくて。
曲も、踊りも、振り付けも、雰囲気も。あの人、完璧だった。
去年、一昨年と、国立のDVDを通しでみたのは一回きりだけど。
お手振り曲は基本的に早送り、わくわく学校に至ってはまだ見てもないけど。
今回国立のDVDが出たら買いますよ。鼻息荒くして買わせていただきますよ。
時計じかけのアンブレラだけのために買いますよ!!!
それくらい、ヨカッタ。
その暁にはnegaiも映像化してもらえるといいんだけどね。
タンゴの時計じかけのアンブレラもよかったけれど、
negaiはまた違った意味でンゴイよかったからさ。
あれ、初めて見たときかっこいい振り付けだなあって思って。
誰が振り付けたんだろうって思ってたら大野さんで。
ビックリしたんだよな。
ものすごくきれいにまとまっていて完成度の高い振り付けだったから。うん。

しかしあれだな。truthの間奏ではジャズ、時計じかけのアンブレラではタンゴ(風)って。
これらを振付けられる大野智って、なんか怖い。(イマサラ)




※続きます




------------------------------------------------------------


   ◆セットリスト◆
   ~Overture
   01:Happiness
   02:五里霧中
   03:CARNIVAL NIGHT part2(FESTIVAL NIGHT)
   ★挨拶
   04:Love Rainbow
   05:Step and go
   ★ミニMC
   06:ワイルドアットハート
   07:Summer Splush
   08:Love Sutuation
   09:ファイトソング
   10:FriendShip(相葉ソロ with 嵐)
   11:Shake it(松本ソロ with 嵐)
   12:Season
   13:夏の終わりに思うこと
   14:Still...
   15:T.A.B.O.O(櫻井ソロ with 嵐)
   16:PIKA★★NCHI DOUBLE
   17:Troublemaker
   18:エナジーソング~絶好調超!!!~
   ★MC
   ★プレス会見
   ★俺フェスsong 
    ・大野智:Kissから始めよう (※21日のみ)
    ・櫻井翔:Green (※20日のみ)
    ・相葉雅紀:Hey Hey Lovin'You (※20日のみ)
    ・二宮和也:スケッチ (※21日のみ)
   19:20日 Green/21日 スケッチ
   20:20日 Hey Hey Lovin'You/21日 Kissから始めよう 
   21:Gimmick Game(二宮ソロ)
   22:Rain(大野ソロ with 嵐[映像])
   ★DJ×MJ
    ・Come back to me
    ・ヤバイヤバイ
    ・A・RA・SHI
    ・We can make it
    ・Believe
   23:マジカルソング(相葉ソロ)
   24:大宮skoshi(大宮SK)
   25:Re(mark)able
   26:La tormenta 2004
   27:時計じかけのアンブレラ
   28:One Love (※生オケ)
   29:truth (※生オケ)
   30:5×10 (※生オケ)
   ★ミニMC
   ★シングルTop10発表
   31:Face down
   32:迷宮ラブソング
   33:Oh!Yeah
   34:ハダシの未来
   35:A.RA.SHI
   ★挨拶
   36:感謝カンゲキ雨嵐
   ★重大発表(アルバム「Popcorn」発売&ドームツアー告知VTR)
   ★アンコール
   37:証
   38:言葉よりも大切なこと
   39:Love so sweet
   40:サクラ咲け
   ★花火
   ★Wアンコール
   41:EYES WITH DELIGHT
   42:vice(※21日のみ)




この記事をはてなブックマークに追加

同期な彼のフリフリスリッパ

2012-10-22 | ◆REGULAR 




大野さんと町田さんの日から遅れること7日。
この間、仕事で死闘を繰り広げていた私ですが。
ここ数年でここまで追い込まれたことないよ、ってくらい追い込まれてたんだけど、
なんやかんやで見事無事生還。でもそれと引き換えに
二人の記念日に間に合わせることができなかった・・・。
そうこうしているうちに、町田さんに振り付けのお仕事が決まり、
大野さんには紅白のお仕事が決まり・・・。
芸暦18年、31歳の、年齢的には立派なおじさんの部類に入る二人、頑張ってんなあ。
かわいいおじさん。見えないけどー。(笑)


ま、ここまで遅れてしまったんでね、大野さんお誕生日の日にでも
10/16のことや京都でのことなんかをまとめて書ければいいなと思ってますけど。
まあ、町田さんのことは、基本的にとも(@まちだ)に任せているのであれですけど。
大町のこと、もちろん好きだったんだけど、当時から圧倒的に大野智が好きだったのね。
これは嵐でも同じなんだけど、わたしにとっては、大野智は絶対的な存在なの。
「卵が先か、鶏が先か」、「嵐が先か、大野智が先か」で迷うことなんてないの、
大野智アリキなの。これだけはずっとかわらない。
だから、ね。
可愛い町田さんと、男前の大野さん。
町田さんと一緒にいるときの大野さんがすき。
結局、ここなの。これなの。(笑)


でも。
”同期の彼”たちのことはやっぱり、トクベツ。
トクベツなのよ。
しかしまあ、ケーキをふぅーか。かわいいやつらめ。め!
おめでとう。ありがとう。






■嵐にしやがれ 10/20放送
レギュラー、どれにもまだ目を通せてないんだけど、とりあえず近場のものから
見はじめていて、今は嵐にしやがれのヅカトーク中。
大野さん、まだあのWSSのときにマリアさんからもらった
フリフリスリッパを愛用していたんだね。
相変わらず物持ちいいな!(笑)
そんなに長く大切に使ってくれるなら、もうね、あげ甲斐あるよ、ホント。
多分、あげた本人が一番ビックリしてるんじゃない?
まだ使ってくれてたの?つって。んふふ。
WSS、結局マリアさんからスリッパをもらえたのって大野さんだけだったんだよね?
リフの金髪に服+大野さんの短パン+スリッパ
それが当時の大野さんの定番STYLE。
フリフリスリッパといえば、大野さんったら相変わらず履いてるんだなあと思いながら
ライブDVDを見た記憶があるんだけど、あれいったいいつの
ライブDVDだったろ?うーーーーん。
ま、とりあえず続きを見るとしよう・・・。
そして嵐フェスの感想を書くとしよう・・・。(イマサラ)




この記事をはてなブックマークに追加

踊る機会を与えられるべき人

2012-10-07 | ★LOVE 大野智



...つぶやき...




大野くんはもっと踊る機会を与えられるべきだと思う。



久々に会った家人が開口一番いった言葉。
なんでも24時間テレビのケント・モリとのマイケルダンスを見ていたらしい。
(実際は嵐にしやがれ内の24時間テレビ裏側をみたらしいんだけど)

なんだか・・・普段こういうことをいう人ではないので、単純にビックリしたんだけど。
他人に対して、「~したほうがいい」だとか、「~べきだと思う」とかって言葉を
この人の口から聞いたことなかったからね、相当だな、と。
まあ、知らないよなあ。大野さんの話とかしないからね。
「24時間テレビで大野くんが踊ってたの、見た?」って聞いてきて、
「見たけど何か?」って答えただけだからね。ふふふ。

しかしあれだ。
家人も昔、京都に住んでたんだけどさ、
ふと、家人と大野さんの人生を照らし合わせてみたら、なんだか面白くてねえ。
大野さんの年ぐらいの家人って、すでにもんのすごい老けてたんだよね。(爆)
24歳で大学卒業して、インターンを経て新米医師をやってた頃は、
巷でうわさの”ハンサム先生”と呼ばれていたというのに(ハンサム先生て)、
その後数年で一気に見るも無残な姿に変身しちゃってさ。
いやまあね、弁護士と同じでさ、若く見られるってことがマイナスになる世界だからね。
しかも家人は小児科医だったから、貫禄あるほうが頼りがいがあると思われたんだよね。
今はどうか知らないけど。
だから、弁護士がバッチをもらったらすぐに砂で揉んでバッチのメッキをはげさせるように、
家人は一生懸命、老ける努力をしてたんだよ。・・・多分。(多分かよ)

あとあれだ。
この頃、この人は借金を背負っていてね。
このときで・・・どんくらいだろ?
少なくてもまだ1、2億円ぐらいの借金はあったと思うんだけど。
開業するためにそろえなくちゃいけない医療機器ってお金がかかるから。
なのに近隣の病院から嫌がらせを受けてね。
薬品会社に圧力かけて、家人の病院に薬を下ろさないように裏から手を回されて。
陰湿なイジメってやつですな。うん。
患者とられたらたまらんつって。よくある話です。
30そこらの若造が開業するってのも気に入らなかったんだろうし、
それ以上に、当時は何の後ろ盾もなかったからね、格好の獲物だったんだと思う。縁者に医療関係者がいなかったから。
イジメたって大丈夫だろう的な。ちょっとやったら尻尾巻いて逃げ出すだろう的な。
でもさ、多額の借金背負っている人にそんなことやったらどういうことになるかってことぐらい
わかると思うんだけどね、”頭イイ”って言われてるんならさ。
ま、勉強できる=頭イイ なんて思ったこともないけれど。
それはそれ、これはこれだもの。

そういうこともあって家人は老けたんだと思うんだ。うん。
・・・って、そんな玉でもないか。
学会の最中に急遽発言する機会をもらって、みんなの前で嫌がらせをしている医師らの名前と証拠を挙げて、
なぜそういうことをするのか理由を説明するよう求めたらしいから。
それこそ今まで培った人脈使って、裏から探って犯人特定させてさ。ふふふ、怖いよねえ。でもそういう世界だよねえって。
気が強くないとやっていけない世界だもの。
まあ、知り合いの産婦人科医の女医のI曰く、そんな男性医師から「女医は性格キツクてたまらん」
なんて言われる女医って何なの?ってことだけど。(笑)
ま、医者といっても色々なんだろうけど。
派閥とかさ、出身大学とかさ、なんか色々あるけどね。めんどくさいなあって思うわ、ホントに。


しかし、”踊るべき”とはねえ・・・・・・・・・・・・


そういえばこの間、久々に”お師匠さん”の舞台を見に行って来たんだけど。
そこでお師匠さんも同じことを言ってた。
70、80の爺さんなんだけどね、お師匠さん。
・・・って、別にあたしの師匠でもなんでもないんだけど。(笑)
「わたしはね、~」つって。・・・うん。
なんだろ。もう長い付き合いになるんだけど、未だにわかんないのが、
この人はずっと女方をやってきたから”こう”なのか、それともただのオネエなのかってことなんだけど。(そこ)
いやまあ、このご時勢ですから、検索すれば色々と出てくるかもしれないけれど、
調べたところでそれが事実なのかどうかはわかならいし、それに本人を前にそんな姑息なことやりたくないし、
そんなことするくらいなら本人に直接確認したほうがよっぽどましなんだけど。
でも「どっちなのかなあ~?」とボンヤリ思いながらお話しているくらいが自分的にはちょうどいいのよね。うん。
そんな爺さんが、言ってましたね、この間ね。うん。




この記事をはてなブックマークに追加