S嬢のPC日記

2004年から2007年まで更新を続けていました。
現在ははてなで活動しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ありのまま」と「その先」

2005年09月16日 | 「障害」に関わること
巡回先になっている『斬(ざん)』のエントリー「あなたの今のWEB界における注目の話題は?」を読む。
列挙されるものを見ながら(ふーんこれが話題なの)と思いつつ、目が止まる。
「非モテ」ってなに?
最近話題なの?
と思って、はてなブックマークに行き、検索。
はてなブックマーク > 非モテの検索結果

つらつらと眺めつつ、ふと目が止まり、本文を読む。
[雑記]「非モテ」という言葉なんか捨ててしまえ!/Rivers and Bridges

これを書かれた「iduruさん」という方からは、「なんでそう発展するのか」と戸惑われそうなのだけれど、わたしはこの文章に、「障害児の親が『障害児』という存在の子どもを受け入れるということ」ということと共通の要素を見出す。

障害児の親の中に、その障害に対応する早期療育や機能訓練に「躍起になって」という表現が合うような情熱の持ち方をする人は少なくない。
とても短い期間ではあったが、わたしも一時は、この「躍起になって」という表現が似合う行動に引っぱられそうになったこともあると思う。
しかし、ふと立ち止まった。
子どもの声が聞こえるような気がした。

「努力して努力してあなたの好みに少しでも合うように自分を作り変えないと、わたしはあなたから受け入れられないのか」

「普通に近づける」という情熱の「普通」とはいったい何なんだろう。
この子はこの子としてまず存在しているわけで、この子が持っているひとつの要素である「障害」を認められないままに「改善」を子どもに押しつけようとするのはまちがいなんではないだろうか、と。
「障害」を認められない人間が「障害」を改善しようなんて「欲」は、なんというか、そう、醜い。

「ありのままを認める」。
しかしこれはけして「停滞しろ」という意味ではない。
あなたはあなたが行きたい方向に進む権利があり、成長する自由がある。
手を引っぱって「普通に向かって連れていく」のではなく、あなたが成長する自由と成長したいと思う気持ちを育むこと。
そのことが大切なんではないかと、ある日気づいた。
「ありのままを認める」とは、「そのままでいろ」という意味じゃない。
あなたが進もうとする出発点、そのあなたのスタートの姿とあなたの自由をそのままに、その「生きる命」を認めるということなんだと思う。
「生きる」ということは、変化するという可能性を持ち続けることだと思う。

[雑記]「非モテ」という言葉なんか捨ててしまえ!/Rivers and Bridgesの「iduruさん」は、1人の女性から服装に関しての「助言」を与えられる。
これは、この女性が出会った「iduruさん」を、まずそのままで「認めた」からこそ出てきた「助言」だとわたしは解釈した。
「認めた」ということがなければ、他人の服装やそれが他者に与える印象なんぞ、ほうっておけばいいことだと思う。
無視し、流し、忘れる、それで終わることだろうと思う。
「ありのまま」を認めるからこそ、「その先」に対して関心を持ち、相手に対して不快感を与えたらどうしようかと迷いつつ、そのことを出す。
「iduruさん」さんの「行動」とその報告により、自分が伝えようとしたことが「伝わった」こと。
この女性がどんなにか喜ばれたか、わたしはなんというか、見えるような気がした。

「ありのまま」が出発点になり、「その先」へ発展していくこと。
わたしはそのことを信じたいと思うし、信じているからこそ、人間はまずありのままで認められることが大事なんだと思う。
誰かの「ありのまま」を認めるということは、穴蔵の中の自己満足につき合うことじゃない。

[雑記]「非モテ」という言葉なんか捨ててしまえ!/Rivers and Bridgesの文中で、橋本治氏という方の「恋愛とは中途半端に出来上がった自我を壊して築き直すためのプロセスなのだ」という名言の紹介が出てくる。
そしてわたしはこ「名言」を読みながら、さらに思った。
この文章を書かれた「iduruさん」の「人と人とが関わるということはその他人との出会いによって自分が変わるような、そういう経験なのだ」という言葉も、「名言」だよなと。

*トラックバック*
[雑記]「非モテ」という言葉なんか捨ててしまえ!/Rivers and Bridges
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 障害をもつ子の「きょうだい... | トップ | 「地域」で育む »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
モテ/非モテ (souryuusei)
2005-09-17 19:45:34
最初の頃は、眺めていましたが、最近では取り上げる数も多く文章も長くて熱いものが多くて、殆ど読んでいません。



なので、いいかげんな発言は出来ないので何も言えません。ってか、よく続くなぁ~という感想ですかね。



それだけ、みんなモテたいのかな?と。

青春だぁ~



あ、記事の流れと違う、空気の読めないコメントで、すみませんです。
ううむ (S嬢)
2005-09-17 23:39:12
この記事から発展している記事を読んだり、他の記事を読んだり。

確かに「いいかげんな発言は出来ないので何も言えません」って感じは強いなあと思う。



モテたいというよりも、自分に微笑んでくれればどんな相手でもいいという感じの発言もあって、一般的に評価されにくい男性というのも大変なんだなあというのが実感。

なんか、女というものがひどく身勝手な存在にも見えてくるのが不思議。

また、数は少ないけれど「非モテの女性」という方の文章を読んだりね。



20代の時に、友人という立場の男性の話を聞きつつ、20代後半の性体験未経験の男性というのはそんなに少なくないというのが、実は実感だった。

わたしは適当な恋愛や、単に体験の興味だけで「数を増やしている人」よりも好感という感じはあったんだけどね。



女性から「キモい」と言われるなんてことの記載も読みつつ、学生時代の後輩の男の子のことを思いだしたり。

ちょっとね、清潔感というにはほど遠い印象の男の子で「キモい」って言われてたことは知っていたんだけど、この男の子、とても言動の感性が豊かな男の子で。

3~4年前だったか、ずっと人間関係から切れていたこの男の子からお手紙いただきまして。

「賞を取った」と。

そのことに関しての雑誌の記事のコピーも入れて。

ものすごくうれしかったな。

コメントを投稿

「障害」に関わること」カテゴリの最新記事