里見敦宏のアートニュース

アート・デザイン関連のニュースを配信

マーティン・クリードの個展が、10月22日から京都・京都市立芸術大学ギャラリー@KCUAで開催

2016-10-15 21:43:05 | アートイベント
マーティン・クリードは、展示室の照明が5秒おきに明滅を繰り返す作品「Work No. 227(ライトが点いたり消えたり)」で2001年に『ターナー賞』を受賞した現代美術家。

最新の映像作品を中心に構成される。

http://gallery.kcua.ac.jp/exhibitions/20161022_id=8728#ja
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  沖真秀の個展「Let's Go Pot... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。