生活

とりとめもなく

POTATO&HAMBURGERのお店にお邪魔してきました

2017年04月05日 23時36分55秒 | 映画とハンバーガー
今日はあったかいなー
やっと春がきたかな?
洗濯したり勉強したりした後、オリナスのTOHOシネマズに映画観に行きました。今日はアニメの映画を観た。

ひるね姫~知らないワタシの物語~」です。「東のエデン」でおなじみの神山健冶監督作品で、近未来を描いた半現実、半ファンタジーって感じの映画だった。
どういうお話かというと、説明がめんどくさいのでいつもお世話になっているmoviewalkerから引用させていただきます↓

『東のエデン』の神山健治が監督を務めるオリジナル脚本によるファンタジーテイストのアニメーション。同じ夢ばかりを見るようになった女子高生が、父親の身に起きた事件を解するため、東京へ旅する姿を描く。高畑充希が現実世界と夢の世界を行き来する主人公ココネ役でアニメーション映画の声優に初挑戦し、主題歌も担当する。
岡山県倉敷市。父と二人暮らしの高校生・森川ココネは、一日中眠気がつきまとい、どこでもつい居眠りしてしまう。進路や友人たち、家族など考えるべきことはたくさんあるものの、この頃同じ夢ばかり見ていることが気にかかっている。無口な父親は、そんな彼女の気持ちを知ってか知らずか、自動車の改造に精を出すばかり。2020年の東京オリンピック開幕を3日後に控えたその日、父が突如警察に逮捕され東京に連行されてしまう。父がそんな罪を犯したとは到底思えないココネは、幼なじみのの大学生モリオとともに東京に向かうことに。その道すがら、ココネはいつも見ているあの夢にこそ事態解決の糸口があることに気付く。

というお話だった。
思ってたよりそんなにワクワクしなかったなあ…
でも背景がリアルなアニメが私は好きなのでそこは良かったが。
2020年のオリンピックの3日前の話なんだけど、車の自動運転装置とか、VRとか、そういうのが実用化されていて、たぶんホントに現実の2020年には実現してるんだろうなあ…
昔トム・クルーズのマイノリティリポートっていう映画で観た未来が今もう現実だもんね…
うん、面白かった。あまりワクワクしないけどさ…

夜はマンスリーハンバーガーTVのたかさんのパートの配信を池袋のポテトとハンバーガーのお店JAGBARでやるというのでお邪魔してきました。2月末にお店がオープンした時に来て、ホントにおいしーい!って思ったのでまた行きたいなーと思っていた。
今日はダブルパクチー・アボカドバーガーという、けっこうな変化球のバーガー食べました。

「禁断のダブルパクチー・アボカドバーガー。お手製パクチーペーストとパクチーの葉のましまし構成をアボカドのクリーミーが中和!」だそうです。
自分がこんなにパクチー食べる日が来ようとは…嫌いじゃないけど好きでもないしな。でも美味しかった!パクチーペースト美味しかった!途中でライムをしぼって味変しました。
マンスリーハンバーガーTVで紹介してたのはこれ

なんつったかな…ホットマンゴーバーガーかな。チーズとマンゴーが、いったいどっちなのかわかんない色~
辛くてパクチーがきいてるらしい。明日からのメニューだそうです。
いろいろ変わり種の限定バーガーこれからどんどんやるみたいなのでまたこよー

ご馳走さまでーす
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北千住のバーガーとソフィア... | トップ | のうがつかれた »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL