生活

とりとめもなく

海賊とよばれた男と昼バーガーと夜バーグ

2016年12月20日 21時41分06秒 | 映画とハンバーガー
今日はお休み!
でも映画を観に行くのでちょっと早起きしました。地下鉄に乗り本八幡へー
そして市川コルトンプラザのTOHOシネマズへー
今日観るのはV6の岡田くんが主演の山崎貴監督の作品

海賊とよばれた男
百田尚樹のベストセラー小説の映画化で、あの長い小説を映像化できるもんかねえという不安と、もしかして面白くなったらいいなあーという気持ちが半々て感じで観に行ったよ。
どういうお話かというと、説明がめんどくさいからいつもお世話になっているmoviewalkerから引用させていただきます↓

明治、大正、昭和という激動の時代を舞台に、大胆な発想や行動力で大事業を成し遂げていく男の姿を描いた、実話がベースの百田尚樹の小説を岡田准一主演で映画化した人間ドラマ。『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズの山崎貴監督が、VFXを駆使した映像で、それぞれの時代をリアルに映し出し、物語を盛り上げる。
1945年。B29の群れが東京上空を覆いつくし無数の焼夷弾が落下。燃え盛る東京をバックに離陸していく戦闘機「月光」だったが、機数も少なく上昇力も弱いためあえなく敵に迎撃されてしまう。その地獄のような光景を国岡鐡造(岡田准一)はただ見つめているしかなかった……。玉音放送が響く中、銀座歌舞伎座裏に奇跡的に焼け残った国岡商店ビルから聞こえる鐡造の声。「愚痴をやめよ、戦争に負けてすべてを失おうとも日本人がいる限りこの国は再び立ち上がる。日本は石油を求め、石油をめぐる戦いに敗れた。今後この国が復活するためには石油が必要になる。だからこそ我々が働かなければならない」主要燃料が石炭だった時代から、石油の将来性を予感して石油業に邁進してきた鐡造は、戦後、石油の販売ができない時にも誰一人クビにすることなく、ラジオ修理などあらゆる業種に仕事を見出しながら店員たちを鼓舞。GHQや官僚的な石油公団にも屈することなく独自の経営哲学とその行動力により、石油販売網を拡大していくのだった。だが、やがてアメリカ石油資本のメジャーは鐡造を警戒し敵視するようになり、その圧倒的な包囲網で国岡商店の石油輸入ルートはすべて封鎖されてしまう。そんな八方塞がりの状況の中、鐡造は国岡商店の至宝である「日承丸」をイランに送ろうとしていた。しかし、イラン石油を輸入することは英国を完全に敵に回すことでもあった。英国の圧力により貧困にあえぐイランと自らを重ね合わせ、既得権益に胡坐をかく米英らメジャーとの本当の意味での戦いに突入する国岡商店。果たして、日承丸は英国艦隊の目をかいくぐり無事に日本に帰還することができるのか……。

というお話です。
145分という長い映画だったが、原作も長い上下編なのでほんの少ししかできてないといったところだ。ダイジェストにもならないような。でも大がかりなセットやVFXでの表現はやっぱり映画ならではの良さだなあーと思うのだった。
岡田くんがほとんど老け役なのだが今の特殊老けメイクはすごいね!
話はかなりはしょられているから、前に小説で読んだ時に面白いなーと思った徳山の工場建設のシーンとか、イランの政府側と交渉するところとか、日章丸がアバダンに行くまでの細かい航海の様子とかそういうのは削られてて残念に思いました。
でもやっぱりいろいろ良かったね…

映画の後は京成に乗り船橋へ。
前から気になっていたアロハダイナーデュークスというお店が、隣に移転したうえ名前を変えてオープンしてるというのを知って、行ってみようと思った。今の名はデュークスカリフォルニアビーチガレージといいます。

きれいでおしゃれできさくな感じのお店…
1時前くらいに着いたら、けっこうな混み具合だった。ほとんどが女性のお客さんだけどほんとに老若男女いろいろ来ていて、人気店なんだなーと思った。

アボカドチーズバーガーにしました。ポテトつき。
ランチはウーロン茶とサラダとスープがついてる。さらに食後のコーヒーも頼んだのに、1100円だった。
バーガーは小ぶりだけどとってもおいしくて、パンが甘めでカリっと焼かれ、バターが塗ってあるのか、ちょい塩気があって具とまざって美味しかった。こりゃ流行るはずだよ…
ラストオーダーも過ぎて空いてきたからのんびりしちゃった。

今日はまだまだ予定があって、この後おまめとむーちゃんの家に向かいます。
今日はどうしてもむーちゃんにあいたくて、幼稚園の終業式なんだけどそのあとお友だちと遊ぶというから、勝手に家に入って夕飯の準備をしていた。5時過ぎてようやく帰って来たが…先月末の法事の日以来会ってなかったからもう喜びもひとしおよ!
むーちゃんは一緒に妖怪ウォッチごっこをしたいみたいなのだが、ごめん私、妖怪ウォッチはよく知らないよ…
一緒にハンバーグ食べて仮面ライダー芸人観て帰った。
昼バーガー
夜バーグ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 下ニタ | トップ | 夢破れて佐世保バーガー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画とハンバーガー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『海賊とよばれた男』 (京の昼寝~♪)
□オフィシャルサイト 「海賊とよばれた男」□監督・脚本 山崎 貴□原作 百田尚樹□キャスト 岡田准一、小林 薫、吉岡秀隆、染谷将太、鈴木亮平、野間口 徹       ......